• TOP
  • コラム
  • 「StarPay(スターペイ)」を導入して複数の決済サービスをひとまとめに!

「StarPay(スターペイ)」を導入して複数の決済サービスをひとまとめに!

「StarPay(スターペイ)」を導入して複数の決済サービスをひとまとめに!
10月より消費税増税に伴う「キャッシュレス決済推進事業」も始まり、スマホ決済などを利用する消費者がどんどん増えてきています。しかし日本ではキャッシュレス決済を行う事業者が数多くあり、店舗側としてはどの決済サービスを導入すればよいのかが、悩みどころとなっているようです。

乱立する決済サービスの中でも、数あるQRコード決済サービスを、まとめて導入できる「マルチゲートウェイサービス」として登場したのが「StarPay(スターペイ)」です。今回はこのStarPay(スターペイ)について、対応している決済サービスの種類から、導入する数々のメリットまで、その特徴についてご紹介したいと思います。

ますます増加するキャッシュレス決済

2019年10月1日より「キャッシュレス決済推進事業」が開始されました。現金での支払いよりもキャッシュレス決済サービスを利用したほうが、ポイント還元や決済サービス独自のクーポンなどで、お得にお買い物ができるようになりました。

日本は現金への信頼が強いせいもあり、海外に比べキャッシュレス決済の普及が遅れています。2020年には東京オリンピック開催も控え、訪日観光客のさらなる増加も予想されるため、近年、物凄い勢いでキャッシュレス決済サービスを行う事業者が増えてきています。

キャッシュレス普及により乱立する決済サービス

上述したように、キャッシュレスの推進を図る政府の動きに合わせて、キャッシュレス決済サービスが増え、国民の関心が高まる一方、決済サービスが乱立することにより、どの決済サービスを選択すればよいのかが分からずに、戸惑っている人も多く見受けられます。

同様に、決済サービスを導入しようと考える店舗側も、多くの決済サービスに対応したいと思いつつも、導入コストや経理業務の煩雑化が悩みとなり、なかなか導入に踏み切れない部分もあるようです。キャッシュレス化が進む一方、サービスが増えすぎていることが原因で、足踏み状態になっていることが、現在の問題点とも言えるのではないでしょうか。

「StarPay(スターペイ)」は複数の決済サービスを一括対応!

乱立する決済サービスの問題に対応すべく生まれたのが「StarPay(スターペイ)」です。ここからは、StarPay(スターペイ)とは一体どんなサービスなのか、その特徴と導入するメリットを詳しくみていきましょう。
 

「StarPay(スターペイ)」の特徴

StarPay(スターペイ)は、株式会社ネットスターズが運営する、あらゆる店舗向けのQRコード決済に対応したマルチ決済ゲートウェイです。StarPay(スターペイ)を導入するだけで、導入を検討する店舗の悩みである「どの決済サービスを導入するか」という問題を解決することができます。
 

マルチ決済ゲートウェイサービス

マルチ決済ゲートウェイサービスとは、複数の決済サービスの中継をして、統一して利用することができるようにするサービスです。StarPay(スターペイ)では、乱立するQRコード決済サービスを、1つのサービスに統一して、国内外にある複数のQRコード決済に対応することができます。
主要な決済ブランドを、まとめて契約・管理することができるので、導入する店舗における導入の手間や、経理の煩雑化を最小限にすることが可能です。
 

決済サービスを自動で識別

複数の決済サービスをまとめて導入できることがメリットでもあるStarPay(スターペイ)ですが、お客様がどこの決済サービスを利用するかによって、店舗側がその都度、その決済サービスに合わせた対応をしなければならないと考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、StarPay(スターペイ)は、お客様がどこのQRコード決済を利用しようとも、自動で識別してくれます。複数のQRコード決済をまとめて導入でき、店舗側の対応も統一することができると、StarPay(スターペイ)には多くのメリットがあることがわかります。
 

利用中のPOSシステムへの追加が可能

StarPay(スターペイ)を導入するには、必ずしも新たに端末を購入する必要はありません。StarPay(スターペイ)は決済ゲートウェイとして、あらゆる機器・端末へのQRコード決済搭載を可能にしています。現在利用中のPOSレジへも、APIインターフェースと連携することで追加することができます。

またアプリ版をダウンロードすれば、お手持ちのスマートフォンでお客様のQRコードを読み取ることもできます。
 

対応する決済サービス

StarPay(スターペイ)で対応している決済サービスは以下の通りです。また今後も対応するサービスが増える可能性もあります。

・LINE Pay(ラインペイ)
・d払い
・PayPay(ペイペイ)
・楽天ペイ
・au PAY
・メルペイ(merpay)
・Origami Pay(オリガミペイ)
・WeChat Pay(ウィーチャットペイ)
・ALIPAY(アリペイ)
・VIA(ヴィア)

日本の主要なスマホ決済サービスに加え、中国・シンガポールの決済サービスにも対応しているので、StarPAYはインバウンド対策としても役立つことが分かります。東京オリンピック・パラリンピックに向けてStarPayを導入している店舗も多いようです。
 

各自治体の補助金にも対応

StarPay(スターペイ)は「観光先進国」に実現に向けて、飲食店や免税店、民間宿泊施設などを対象に、端末購入金額の一部が補助される、各自治体の補助制度にも対応しています。アプリでの対応も可能なため、必ずしも端末が必要というわけではありませんが、レシートを発行したいときに便利な、端末の購入時に補助金が受けられるのは嬉しいですね。なお、補助金が受けられる自治体としては以下が挙げられます。

【東京都】インバウンド対応力強化支援補助金
【新潟市】新潟市外国人観光客受入整備補助金
【岐阜県】外国人観光客受け入れ環境整備事業費に関する補助金
【鹿児島市】海外観光客の受入体制整備の助成制度

まとめ

キャッシュレス決済サービスが次々と登場する中で、特にQRコード決済サービスをまとめて導入できるStarPay(スターペイ)は、レジの対応を簡易化できるだけではなく、決済方法が統一化され、経理作業の手間も少なくなります。また、中国・シンガポール系QRコード決済も利用できるようになるので、インバウンド対策としても有効です。

複数のQRコード決済に対応するStarPayは、決済サービスの追加も見込めることから、今後もどんどん利用店舗が増えていくことでしょう。POSシステムとの連携もでき、レジ作業の効率化も図れる上StarPayを、自治体の補助金などを利用して導入してみてはいかがでしょうか。
 

関連タグ