• デジタルシフトを支援 TOP
  • hugsafety|保育士や先生の業務負担の軽減や園児の安全を見守り保護者の安心をサポート!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

保育士や先生の業務負担の軽減や園児の安全を見守り保護者の安心をサポート!
hugsafety

hugsafety 動画
月額15.000円
機能・仕様
ソフトバンクグループである株式会社hugmoが提供する、午睡センサーを使って、無呼吸状態を早期発見できるサービスです。
おすすめ業種
保育園・幼稚園・託児所
カテゴリ

hugsafetyとは

  • 大切な園児のお昼寝中の呼吸をリアルにモニター
  • 保育士さんといっしょに、園児の睡眠を見守る午睡チェック業務を補助するシステム!
  • ソフトバンクグループであるhugmoが提供する、午睡センサーを使って、無呼吸状態を早期発見!

機能・特徴

特徴

Point.1安全性が高い
医療機器(クラスI)として届出済です。
Point.2衛生的
布団またはマットレスの下に設置するため、身体に直接触れません。
Point.3導入時の面倒が少ない
布団またはマットレスの下に設置でき、コードレスで利用が可能です。
アプリインストールや園児のデータ登録は不要です。

料金プラン

初期費用
30,000円
月額費用
15,000円

よくある質問

  • hugsafetyは、マット型IoTセンサーのみで利用できますか。
    hugnoteまたはコドモンといったアプリとの連携が必須です。
  • 保育士さんにとってのメリットは何でしょうか。
    主に以下の3点が挙げられます。
    ① 簡単操作で業務時間短縮。
    ② 保育士の目とhugsafetyのダブルチェックで、心的負担を軽減。
    ③ 役所に提出する書類を一括出力し、そのまま提出が可能。

0件の口コミ一覧

商品のお問い合わせ・
資料請求はこちらから
導入したい!