【東京都テイクアウトやデリバリー助成金】ウーバーイーツも助成金対象?初期費用をカバー

緊急事態宣言が各地で解除されるなか、飲食店は今後の動向に苦慮しています。また、東京都などを中心としていまだに緊急事態宣言は解除されていない地域も。この数か月のあいだに、売上減少やコストの問題で、飲食店の経営自体が危機を迎えているケースもあるでしょう。
そこで今回は、東京都で実施されている飲食店の宅配やテイクアウトに関する助成金に注目。また、今後飲食店が生き残るために、どのように動いていけばよいのか、飲食店経営の参考になる情報を随時ご紹介していきます!

デリバリー・テイクアウトの集客方法を無料公開中!!

ガイドブック

新型コロナウイルスの影響で売上にお困りの飲食店様向けにデリバリー・テイクアウトを活用した集客方法をまとめました。店舗の売上UPにお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

東京都がテイクアウトやデリバリー開始店に助成金?


東京都を中心として、休業や営業時間短縮要請に応じてきた飲食店も多いでしょう。また、外出自粛要請により、来店する顧客も激減しているはず。そのため、多くの飲食店で売上が激減しているのではないでしょうか。また、売上は軽減する一方で、家賃などの固定費がこれまで通り発生し、経営が逼迫します。経営者として望むのは、「補償」です。
 

感染拡大防止協力金に続いて宅配やテイクアウト開始店へ助成金

こうした意見を踏まえて、東京都が実施しているのが「テイクアウトや宅配(デリバリー)サービス開始に対する助成金」。緊急事態宣言後に発表された「感染拡大防止協力金」に続いて、飲食業界では注目が高まっています。
もちろんこの2つだけでコロナウィルスの影響による経営状態悪化が解決するわけではないですが、使えるものは使うべきです。
以下で、この助成金について詳しく確認していきましょう。
》【人気記事】緊急事態宣言で飲食店どうなる?売上確保の活路とは?

デリバリーやテイクアウト開始店への助成金とは?


4/15、東京都として発表した「緊急対策第四弾」が発表されました。
3つの柱の一つを、経済活動と都民生活を支えるセーフティネットの強化としています。このなかに、「テイクアウトやデリバリーサービスを開始する事業者に対する助成金」が盛り込まれました。
 

宅配やデリバリーをこれから始める飲食店事業者に対して最大100万?

外出自粛を行う消費者を踏まえて、飲食店の経営も厳しさを増しています。売上確保の方法として、感染拡大防止にも繋がるテイクアウトやデリバリーサービスに注目する飲食店も増加している状況。
こうしたテイクアウトやデリバリーサービスへのシフトなどを行う事業者へ、初期費用などに対し、助成を行う方針であることを発表したのです。
初期費用としては、テイクアウトや宅配サービス開始に向けて必要な包装や容器、改装なども含まれる見込み。
この助成金は一部の報道で最大100万円とも言われていますが、詳細は現時点は不明。最新の情報を今後も注目していきます!
》【お急ぎの方はこちら】ウーバーイーツの資料請求や問い合わせ急増中!

デリバリーやテイクアウトを始めるなら今


店内飲食のみでサービスを提供する飲食店の場合、これまれ通りの売上を作ることは難しいはず。消費者の外出自体や外食も減っているでしょう。これまで通りの営業方法のままであれば、経営はさらに悪化する可能性もあります。
そこでいち早く取り入れたいのが、テイクアウトやデリバリーサービス。
本サイトでも、ウーバーイーツについてご紹介していますが、こうしたサービスを始める場合、東京都から初期費用などに応じて助成金が支給される予定です。検討している店舗としては、まさに今こそ開始するべきタイミングと言えるかもしれません。
今回の助成金に関しての詳細が発表されるまでに、ウーバーイーツやテイクアウトサービスの情報を集めて準備しておくとスムーズかもしれません。
》【資料請求無料DLはこちら】スムーズに始めるならお早めに!

テイクアウトの始め方

飲食店が同じ調理場で調理したものをテイクアウトとしても販売する場合、基本的新たな申請や許可は不要です。しかし、自家製のハムやアイスクリームなどを単体で販売する場合、厨房とは別の場所で販売する場合にも申請や手続きが必要な場合があるでしょう。このように、これまでと同じ調理場で調理したものをテイクアウトとして販売する場合には基本的には面倒な手続きが不要であるため、すぐにに始められる可能性が高いでしょう。

※すべての飲食店がこの限りではありません。念のため、テイクアウトを始める際、詳細は自治体や保健所に確認しましょう

デリバリー(宅配・出前)の始め方

デリバリーサービスの場合も、これまで営業していた飲食店と同じ厨房で調理したものをお届けする場合には、新たな申請は不要であることが一般的です。
しかし、注意したい点として、調理からお届けまでに時間がかかる場合もあるため、衛星面にはさらに注意が必要です。
 

デリバリーサービスの方法

デリバリーサービを始める場合、飲食店独自のサービス、配達代行サービス、ポータルサイトサービスなどと契約を行った上で始めるのが主流でしょう。
例えば大きな飲食チェーン店の場合は独自のサービスとして行う場合でも注目されやすいですが、基本的には配達代行サービス、ポータルサイトとの提携をおすすめします。
配達可能なエリアに掲載されるため、これまで店の存在を知らなかった消費者にも認知される機会が増える可能性があるためです。
最近では、飲食店と配達スタッフをマッチングしてくれるサービスが注目されています。
》【資料請求OK】問い合わせ急増中!すぐに始めたいならこちらで相談!
》【ウーバーイーツの加盟店】店舗登録方法とメリットやコストをご紹介

ウーバーイーツはコスト0だから絶対登録しておきたい


代行サービスとして今注目されているのが「ウーバーイーツ(UberEats)」。ウーバーイーツが飲食店と消費者、配達パートナーを結ぶ役割としてサービスを展開しています。
飲食店としてネックとなる配達スタッフを用意しなくても、ウーバーイーツが契約する個人事業主の配達パートナーをシェアすることができるのです。
》【人気記事】ウーバーイーツ加盟店になるには?店舗登録やコスト、メリットまで
 

コストかけずに始められるのも魅力

ウーバーイーツは、毎月のランニングコストが発生しません。配達スタッフに関しても、ウーバーイーツの配達パートナーで代行してもらえるため、新たな人件費や配達コストも抑えられるでしょう。
これまでデリバリーサービスに参入ができずにいた飲食店も、コストやスタッフ教育を気にすることなく、手軽に参入することができるようになっているのです。
また、ウーバーイーツ自体が今注目を集めているサービスであり、続々と対応エリアを拡大している状況です。
こうしたトレンドを考慮しても、デリバリーを始めるなら絶対に活用したいサービスと言えるでしょう。
》ウーバーイーツの対応エリアを随時更新!次々にエリアを拡大中
ウーバーイーツの資料ダウンロードはこちら
資料をダウンロードする

まとめ

今回は、コロナウィルスの影響で売上が激減する飲食店への助成金についてご紹介しました。営業短縮に全面的に応じた場合には「感染拡大防止協力金」、テイクアウトやデリバリーサービスの開始には「助成金」の対象となることが発表されています。
少しでも売上を作るためにテイクアウトやデリバリーサービスをおすすめします。
現時点では詳細が不明なものもあるため、今後も最新情報に注目していきましょう。
こちらのサイトでも、資料や問い合わせを無料で行っていますので、是非ご活用ください!
》【ウーバーイーツの資料無料DLはこちら】無料相談・問い合わせも急増!

》超人気記事:緊急事態宣言で飲食店どうなる?売上確保の活路とは?

》【出前館vsウーバーイーツ】始めるならどっち?メリットや手数料も

 

デリバリー・テイクアウトの集客方法を無料公開中!!

ガイドブック

新型コロナウイルスの影響で売上にお困りの飲食店様向けにデリバリー・テイクアウトを活用した集客方法をまとめました。店舗の売上UPにお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

関連商品

初期費用0円!月々のシステム運用費のみでホームページ作成が可能

「スマートLP」なら初期費用0円かつシステム運用費のみでホームページ作成が可能!

「スマートLP」なら初期費用0円かつシステム運用費のみでホームページ作成が可能!
翻訳機の枠を超えたインバウンド対策端末

翻訳機レンタルなら100円未満/日のeトークがおすすめ

翻訳機レンタルなら100円未満/日のeトークがおすすめ
消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

厨房機器(冷蔵庫)|消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

厨房機器(冷蔵庫)|消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます