【緊急事態宣言が解除されたらどうなる?】飲食店の売上確保の活路とは

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、緊急事態宣言が対象範囲を全国に拡大。しかし、延長されてきた緊急事態宣言も解除される地域も出てくると見込まれています。
打撃を受けている飲食業界、緊急事態宣言解除後はどのように営業していけばよいのでしょうか。今後の対策を考えていましょう。

デリバリー・テイクアウトの集客方法を無料公開中!!

ガイドブック

新型コロナウイルスの影響で売上にお困りの飲食店様向けにデリバリー・テイクアウトを活用した集客方法をまとめました。店舗の売上UPにお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

緊急事態宣言が解除されたら飲食店どうなる?


緊急事態宣言が全国に発令・延長されてきましたが、ついに解除を行う地域も出てくると見込まれています。緊急事態宣言の解除が予想されているのは、39県と言われています。各業界もその動向に注目していて、今後解除された地域の飲食店としてはどのような対応や対策をとっていくべきなのでしょうか。
まず、飲食店も対象となる補助金や助成金について確認し、受給できるものは漏れなく申請するようにしましょう。
》飲食店ができる集客対策とは?注目のウーバーイーツの詳細をチェック!
》【人気記事】特別家賃支援給付金とは?店舗の家賃を抑える方法も紹介

緊急事態宣言が解除?発令後の動き


政府は、2020年4月7日新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえ、7都府県に緊急事態宣言を発令しました。さらにこの緊急事態宣言を全国に拡大し、期間は2020年5月31日までの予定。
しかし、感染の状況などを踏まえて緊急事態宣言の解除される地域が出てくると見込まれている状況です。
 

緊急事態宣言での東京都としての方針

感染拡大が深刻な東京都では、緊急事態宣言が出た後の東京都としての方針や各業界に関する対応の要請について発表。
その内容としては、急を要さない商業施設や教育施設(大学や学習塾)、遊興施設などへの休業要請、食品や医薬品当の生活に欠かせない小売店等は営業継続といった内容です。
東京都では飲食店の営業時間短縮を要請 飲食店に関しては、営業継続の対応にはなりますが、営業時間を午前5時から午後8時までの営業時間短縮を要請。また酒類の提供は夜7時までとして要請しています。
こうした流れを踏まえると、今後はこれまでの営業方法にとらわれず、新しい営業方法を取り入れていくことが鍵となるかもしれません。
》【資料請求OK】飲食店の売上を作るならウーバーイーツ!お急ぎの方はこちら
》東京都が宅配やテイクアウト開始店に助成金?初期費用に対する補助金に注目

飲食店も限界?緊急事態宣言の解除でどうなるか

地域によって緊急事態宣言の解除が見込まれていますが、全国の飲食店も売上が低迷・コストは発生というなかで経営状況がさらに厳しくなってきているケースも目立ちます。
 

飲食店も長期戦で苦戦

コロナウィルスの影響で、消費者の外出自粛や営業時間短縮で、飲食店も苦しい状況が続いています。さらにこの状況が長期化することで、倒産や閉店を余儀なくされる飲食店も増えてくる可能性が高いです。
まずはできる限りの対策や販売方法の転換などで対応していくしかありません。テイクアウトやデリバリーは、消費者のあいだでも需要が高まっているため、売上を作るチャンスは大きいはず。生き残れる方法として、チャレンジする価値はあるでしょう。

緊急事態宣言の解除で飲食店の対応は?


緊急事態宣言解除後の対応としては地域によって対応が異なる可能性もありますが、コロナの感染拡大も含めて対策したうえで営業する必要があるでしょう。
 

今後の経営に悩む飲食店経営者も



しかし、飲食店では従来の店内での飲食を提供することに固執せず、柔軟に考える必要があります。
需要の高まっているテイクアウトやデリバリーでの営業に注力するという選択肢は今後も重要となってくるでしょう。
この状況でどうしたら売上を上げられるのか、少しでも集客が可能になるのか、今後できる飲食店の対策についてご紹介していきます。
》【人気記事】ウーバーイーツの加盟店とは?コロナで売上低迷してるなら必読!

今後もテイクアウトの需要は増す?


一つ目の対策として有効なのが、「テイクアウト(持ち帰り)」での販売。
お客様とスタッフが対面はするものの、店内で飲食する他のお客様との接触を防ぐためにも感染予防になることで消費者からも支持されています。
現在までに、テイクアウトを提供する飲食店を集めたサイト上で注文・支払いができるサービスも注目を集めています。
マクドナルドなどのファストフードを筆頭に、今後テイクアウトでの提供に飲食店経営の活路を見出す企業や店舗も増えてくるかもしれません。
》ウーバーイーツと出前館!デリバリーサービスを始めるならどちらがメリットある?

今後もデリバリーサービスを活用するべき


新型コロナウィルスの影響で、早い段階から注目を集めていたのがウーバーイーツや出前館を始めとしたデリバリーサービス。
多くの人との接触をせずに外食気分を味わえるという感染予防の観点はもちろんですが、在宅ワークやテレワークにシフトするビジネスマンが増加するなかで、自宅に届けてくれるという便利なサービスという点でも需要が高まっています。
さらにウーバーイーツでは全国に対応エリアを拡大しつつあり、今後も対応エリアが増えていくでしょう。

こうしたコロナウィルスへの感染予防を踏まえた上でのサービスへの需要が高まってきています。消費者の不安に対応できるサービスに注目し、取り入れることが、今できる飲食店の集客・売上対策にもなるはずです。
》【資料無料DLはこちら】ウーバーイーツを始めるにはどうしたらいい?無料相談も受付中

デリバリー・テイクアウトの集客方法を無料公開中!!

ガイドブック

新型コロナウイルスの影響で売上にお困りの飲食店様向けにデリバリー・テイクアウトを活用した集客方法をまとめました。店舗の売上UPにお役立てください。

資料のダウンロードはこちら

緊急事態宣言が解除されてもデリバリーの需要はある


デリバリーサービスが注目を集めるなかで特に注目したいのがウーバーイーツ。2016年秋に始まったサービスですが、すでに3年間で14000店の加盟店を集めています。東京都の一部の地域から始まったサービスが急拡大するなかで、今回のコロナウィルスでさらにその注目を集めています。
 

ウーバーイーツを利用した集客にシフト?

ウーバーイーツは、飲食店と消費者、配達パートナーを結ぶサービスです。
配達パートナーを飲食店の間でシェアすることができるため、配達スタッフや配達のための資源を用意する必要がなく、すぐにでもデリバリーサービスを始められる仕組みになっています。そのため、来店での集客を見込めない昨今では、ウーバーイーツを利用したデリバリーでの集客へシフトする動きが目立ち始めています。
》ウーバーイーツを始めるなら今!問い合わせ急増中!

ウーバーイーツのメリット


消費者も外出自粛を行うなかで、外食気分を味わえる点や自宅まで届けてくれるというメリットがあるため今後も需要は高いでしょう。
さらに、テイクアウトとの違いとして自宅まで届けてくれるため時間を有効に使うことが可能です。これは、在宅ワークが増えているなかで仕事をしながら調理や食事の用意といった手間をかける必要がないという点も選ばれる大きな理由の一つと言えそうです。
また、コロナウィルス対策として消費者が自分自身が外出してコロナウィルス感染のリスクを抑えることも可能であるため、テイクアウトよりもよりニーズが高まっていく可能性もあるでしょう。
》ウーバーイーツの特徴とは?対応エリア情報を随時更新中!
 

ウーバーイーツが置き配をスタート

さらに注目されているのが,ウーバーイーツでは注文商品の受け渡しに関して「置き配」を選択できるようになっている点。
Amazonの受け渡し方法として話題になりましたが、ウーバーイーツや出前館、宅配ピザでもこの「置き配」が可能になっています。非接触型配達サービスとして、配達パートナーと注文者が対面することなく受け渡しが可能となるこkで、さらにコロナウィルスの感染予防に繋がる点がメリット。消費者、配達スタッフを守ることにも繋がるこうしたコロナ対策を取り入れたサービスへの需要が高まっているでしょう。
》テイクアウトやデリバリー開始店に都が助成金?
UberEatsの資料ダウンロードはこちら
UberEatsの資料を確認する

まとめ

今回は、新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言解除後の飲食店の対応や今後の動きについてご紹介しました。
様々な業界がコロナウィルスの影響を受けるなかで、飲食店への打撃も深刻です。集客や売上が見込めない場合、店舗存続や倒産の危機も迫ってくるでしょう。
そこで今できる集客対策や売上確保として、ウーバーイーツを始めとしたデリバリーサービスへの参入、テイクアウトサービスの強化などが必要となってくるでしょう。
》問い合わせ急激増加!ウーバーイーツを始めるならお早めに!資料請求・無料相談はこちら
》ウーバーイーツが対応エリア拡大中!随時最新情報を更新!
 

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます