在宅勤務で「さぼり」を防止するには?サービスや解決策を解説!

新型コロナウイルスの影響により、近ごろでは在宅勤務やテレワークへの移行が着々と進んでいる昨今ですが、「従業員がサボっていないか心配」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、在宅勤務やテレワークの実施に効果的な、いわゆる「従業員のさぼり」を助長させないための具体的な防止策や解決のためのアイディアなどについて、なるべくわかりやすく解説を進めていきます。

在宅勤務が「さぼり」を生んでしまう理由

従業員のさぼりを解決させる具体的なアイディアを紹介していく前に、まずは在宅勤務の環境が「なぜ仕事のさぼりを助長してしまうのか」という根本的な原因について考察していきましょう。

業務の怠慢を表す「さぼり」ですが、その従業員自身の自己管理能力に要因している場合や、職場そのものの業務環境に起因するものなど、その理由としてはさまざまなものが挙げられます。

従業員の立場になって業務をさぼってしまう理由を改めて考えてみることで、より適切なアドバイスを促すことができ、環境改善のための課題を明確化させることにもつながるでしょう。

仕事とプライベートの切り替えができない

まず、1つ目の理由としては「仕事とプライベートの切り替えができない」というものが挙げられるでしょう。

自宅で業務をこなす在宅勤務は、普段から生活をしている自室で業務を行うという性質から、仕事とプライベートの境界線があやふやになってしまうというトラブルが往々にして発生してしまいます。

これまでは趣味や遊びなどの「娯楽を消費する場所」として機能していた自室が、それらとは対局の位置に属する「仕事を行う場所」となってしまったため、集中力が続きにくかったり、周囲の誘惑に負けてしまったりといったトラブルを生んでしまうのです。

そのため、自宅のなかであっても、娯楽用のスペースと仕事用のスペースをセパレートなどで分けてみたり、稼働部屋を別室に移してみたりすることで、無駄な誘惑に神経を使わずに済むため、場所という空間的な縛りを設けてみることがオススメです。

コミュニケーションが不足している

続いて、2つ目の理由としては「コミュニケーションが不足している」というものが挙げられます。

離れた場所から業務を行うという性質上、在宅勤務の実施などは、会社そのものに対する従業員の帰属意識や業務に対する目的意識といったものを薄れさせてしまいがちです。

そもそもコミュニケーションが希薄な職場環境の場合、上司からの期待や注目などに起因する従業員のモチベーションの低下を引き起こしてしまう恐れがあるるでしょう。普段から上司と部下との間でコミュニケーションが図れるような環境を構築していくことが大切です。

仕事の内容や成果が管理されていない

そして、3つ目の理由としては「仕事の内容や成果が管理されていない」というものが挙げられるでしょう。

従業員が仕事に取り組むためのモチベーションとしては、その内容や目に見える成果といったものが、しっかりと上司を含めた部署全体で管理、および共有されている環境が必須となります。

従業員にとって「自分は注目されていない」や「つまずいても気が付いてくれない」といった問題は、日々の業務を阻害してしまう大きな要因となってしまうため、勤怠管理ツールやバーチャルオフィスなどを活用しながら「業務の見える化」に取り組むことが重要です。

在宅勤務の「さぼり」を解決させるサービス

ここからは、上記で解説したさぼりの理由を踏まえながら、在宅勤務のさぼりを解決させるために必要な具体的なサービスやアイディアなどを紹介していきます。

聞き馴染みのあるサービスから少しトリッキーなものまで、あわせて4つほどをピックアップして解説していきますので、まずは順を追ってチェックしていきましょう。

ビジネスチャットツールの活用

ビジネス用途に特化した「ビジネスチャットツール」を活用することで、上司や部下同士によるコミュニケーションを円滑、かつスムーズに進めることができるようになります。

大手の「Slack(スラック)」や「Chatwork(チャットワーク)」などは、導入している企業も多いことから、在宅勤務やテレワークへの移行には最適なビジネスチャットサービスであると言えるでしょう。

バーチャルオフィスの活用

業務におけるビデオ会議や音声通話などを、より現実のオフィスと同じのようなスタイルでクラウド上に再現したものが「バーチャルオフィス」と呼ばれるサービスです。

バーチャルオフィスを活用することにより、業務に必要なミーティングや音声による通話をスムーズに進行させることができるようになるため、コミュニケーション不足や業務内容の管理などに課題を感じているシーンにオススメです。

勤怠管理システムの活用

遠隔から従業員の勤怠状況を管理、把握することができる「勤怠管理システム」を導入することによって、誰がいつ出勤しているのかを視覚的に把握することができます。

特に、従業員のさぼりなどは勤怠における気の緩みなどから生じることも多いため、常習的な従業員を視覚的に把握したり、都度適切なアドバイスを促してあげることで、さぼりの防止に取り組むことができます。

》勤怠管理ならジョブカン|Wiz cloud(ワイズクラウド)

操作監視ツールの活用

コンピュータの無操作状態を検知することで、一定時間の無操作が続いた場合には管理者に対してアラートを通知することができるものが「操作監視ツール」です。

パソコンを操作していない時間を検知することができる監視ツールを導入することによって、従業員のさぼりをリアルタイムで察知することができるため、さぼりを生まないための抑止力としての機能を期待することができるでしょう。

まとめ

今回は、在宅勤務やテレワークの実施に効果的な、いわゆる「従業員のさぼり」を助長させないための具体的な防止策や解決のためのアイディアなどについて、なるべくわかりやすく解説を進めていきました。

仕事を怠けてしまう「さぼり」は、当人の資質などとは関係なしに人間であれば誰にでも訪れる可能性があるトラブルと言えるでしょう。

そのため、当事者を無闇に叱責するよりも、まずは「さぼりを助長するシステムになっていないか」を改めて考えてみることで、より働きやすい職場環境を構築することができるのです。

テレワークガイドラインを厚労省が改定!ポイントやチェックリストに注目!

【テレワークで使うべきツール15選】これさえあれば心配無用?

関連商品

経理も人事労務も、これひとつ

経理も人事労務も、これひとつ

経理も人事労務も、これひとつ
理美容業界初!予約集客サイトとアプリ、自社サイト、電話予約を一元管理できる

理美容業界初!各種サイトとアプリ、電話予約を一元管理できるBeauty Merit(ビューティーメリット)

理美容業界初!各種サイトとアプリ、電話予約を一元管理できるBeauty Merit(ビューティーメリット)
シフト作成もできるクラウド型の打刻・勤怠アプリ

クラウド型 打刻勤怠管理システム「Uレコ」

クラウド型 打刻勤怠管理システム「Uレコ」

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

ハルエネでんき

インターネット回線の切り替え(光回線)

もっとみる
店舗

Uber Eats(ウーバーイーツ)

電力会社の切り替え

beepデリバリー

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます