電子決済って?いまさら聞けないサービス・メリットデメリット

電子決済って?いまさら聞けないサービス・メリットデメリット
電子決済(キャッシュレス決済)は、今や一度は利用したこのある方が多いのではないでしょうか。 現金の需要が高かった日本でも、消費税の増税にともなう「キャッシュレス・消費者還元事業」の実施、新型コロナウイルの影響、各サービスの大型キャンペーンなどで電子決済の需要が高まってきています。 電子決済といってもさまざまな種類があり、それぞれのメリットや違いを把握している人はそこまで多くないと思います そこで今回は、電子決済の種類からそれぞれのメリットデメリット、おすすめの選び方など詳しく紹介していきますので電子決済の利用を考えている方やすでに利用されている方はもちろん、店舗に電子決済の導入を考えているオーナー様は是非参考にしてみてください。

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!!

ガイドブック

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済の種類やメリット・デメリットを比較!

資料のダウンロードはこちら

電子決済の種類は5つ

電子決済は別名キャッシュレス決済とも呼び、現金を利用しないで決済を完了することができる支払い方法になります。現金を利用しないので、飲食店やコンビニなどの実店舗での決済はもちろん、オンラインの決済にも対応している電子決済も多くあります。 本記事では、電子決済であるクレジットカード・電子マネー・キャリア決済・ネットバンク決済・QRコード決済の5つについて紹介していきます。 支払い方法にも、事前にチャージをして支払う「プリペイド方式」や、後払いで支払う「ポストペイド方式」のタイプに分けられたり、実店舗やネットでの利用に適しているなどの特徴もありますので確認しておきましょう。
 

クレジットカード

「クレジットカード」とは、後払いで支払うことができる「ポストペイド型」のカードになります。決められた引き落とし日に、指定した銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みです。 電子決済の中でも多くの方が利用している決済方法で、店舗だけでなくオンラインや税金、携帯電話料金など様々なシーンで利用することができます。 クレジットカードと同じくらい耳にする「デビットカード」や「プリペイドカード」ですが引落しのタイミングや審査の有無で異なります。デビットカードの場合即時払い、プリペイドカードの場合は前払いとなり、一部年齢制限などがありますが、基本的に審査が不要となっています。
 

電子マネー

「電子マネー」は、電子データでやりとりを行い決済をすることができるサービスです。あらかじめチャージをして支払いを行う「プリペイド方式」や、後払いである「ポストペイド方式」のタイプもあります。代表的なもので、交通系の電子マネーであるSuicaや流通系の電子マネーである楽天Edy、nanacoなどが挙げられます。 カード型のタイプやスマートフォンで利用できるタイプも登場しています。
 

キャリア決済

「キャリア決済」とは、支払い代金を通信料金とまとめて支払うことができるサービスで、携帯電話やインターネット回線を契約している利用者が利用でき、スマートフォンで各キャリアの画面を開きIDやパスワードを入力することで決済が完了します。通信料金と支払うことになりますので、後払いである「ポストペイド方式」ということになります。一般的にはネットショッピングやWebでのサービスの決済に利用されることが多いです。 主要3キャリアすべてで対応しており、NTTドコモでは「ドコモ払い」、auでは「au かんたん決済」、SoftBankでは「ソフトバンクまとめて支払い」の名称で利用されています。
 

ネットバンク決済

「ネットバンク決済」とはネットショッピングなどの支払いの際に、銀行口座からネット上で直接支払いを行うことができ、利用するには事前にネットバンクの利用登録をする必要があります。 ネットバンク決済では、Web上で決済から振込まで完了することができますので、銀行振込などのようにわざわざ現金を振り込みに行く必要もありません。銀行振込と比べてみてもネットバンク決済のほうが手数料が低い傾向にあります。
 

QRコード決済

昨今で利用が増えている「QRコード決済」ですが、スマートフォンなどのアプリを利用してQRコードを読み取ることで支払いができる決済方法になります。 支払い方法には、店舗がお客様のスマートフォンに提示したQRコードを読み取る「ストアスキャン方式」や、店舗に提示してあるQRコードをお客様のスマートフォンで読み取り決済を行う「ユーザースキャン方式」があります。 審査が必要なく、スマートフォンのアプリを設定するだけですぐに始めることができますし、支払い先もクレジットカードや銀行口座だけでなく、サービスによっては現金のチャージや通信料金との合算などとも紐付けることができます。
 

電子決済のメリット・デメリット



電子決済の種類についてご説明していきましたが、利用するにあたり気になるのはどういったメリットやデメリットがあるのかという点ではないでしょうか。ここからは、個人利用の場合、店舗・加盟店側それぞれの立場で、メリット・デメリットについて見ていきましょう。
 

個人利用の場合

個人がお買い物の際に、クレジットカードをはじめとする電子決済を利用することで、ATMの手数料が節約できたり、非接触決済が可能になるといったメリットがあります。一方で、目に見えて現金が減るわけではないので使いすぎてしまうなどの注意点もあります。ここからは、それぞれの電子決済に特有のメリット・デメリットについて、より詳しく解説していきます。
 

クレジットカード

すでに持っている方も多いと考えられるクレジットカードですが、利用することでどのようなメリット・デメリットがあるのか改めて紹介します。
 
メリット
クレジットカードの主な国際ブランドとして、VisaやMastercard、JCBなどがあげられますが、このような国際ブランドが搭載されているクレジットカードであれば、海外の出張や旅行での支払いに利用することができます。海外での買い物で手間取ることのある現金の両替や計算ですが、クレジットカードを利用することで簡単に支払いを完了することができます。 さらにクレジットカードの支払いには、一括で払うだけでなく、分割やリボ払い、ボーナス払いなどさまざまな方法を選択することができますので、支払い金額や用途に応じて使い分けることが可能です。
 
デメリット
クレジットカードは様々な支払い方法が利用できるメリットがある分、クレジットカード発行時には審査が必要になります。手軽に発行できるわけではなく、利用までに一定の期間が必要になる場合もあります。 さらに、年会費が必要なケースや、分割払いやリボ払いを利用するには手数料がかかることがありますので、そのようなコストがかかる可能性があるということを把握しておきましょう。
 

電子マネー

電車などの改札で、電子マネーを利用している方も多く見かけます。電子マネーの個人利用におけるメリット・デメリットについて見ていきましょう。
 
メリット
電子マネーの決済は、専用の端末に電子マネーのカードもしくはスマートフォンをかざすだけで支払いを完了することができます。会計を非常にスピーディーに行うことができます。会計を素早く終わらせられるため手軽に利用できますし、時間のない方にもおすすめの支払い方法になります。 電子マネーには自身の利用形態に合わせて選ぶことができることもポイントです。公共交通機関をよく利用するようであれば交通系の電子マネーであるSuicaやPASMO、イオン系列でよく買いものをするようであればWAON、セブン‐イレブンをよく利用するようであればnanacoを選ぶと便利に利用することができます。
 
デメリット
電子マネーのプリペイド方式の場合は、残金がなくなるごとにチャージが必要になります。スマートフォンで電子マネーを利用している方であればスマートフォン上でチャージを行うことができますが、カードの場合は専用のチャージ端末などからチャージを行う手間がかかります。 しかしオートチャージ機能がある電子マネーも登場しているため、そのような手間を避けたい場合は事前に自分が利用したい電子マネーにオートチャージ機能が搭載されているのか確認しておきましょう。
 

キャリア決済

キャリア決済は、携帯を利用している方であれば一度は聞いたことのある決済方法かと思いますが、利用のメリット・デメリットを紹介します。
 
メリット
キャリア決済は携帯電話の料金と合算されて支払うことができるので、携帯電話を持っていればクレジットカードを作れない学生の方でも利用することができ、利用の履歴も携帯電話料金の明細から確認することができますので保護者の方も安心して利用してもらうことができます。 また、ネット通販や音楽やゲームなどのコンテンツの支払いに利用できることが多く、支払い時もクレジットカードのように携帯にクレジットカードの番号を入力する手間もありませんので、こういったコンテンツをよく利用する方にもおすすめの支払い方法です。
 
デメリット
キャリア決済は、ECサイトやWebサービスでの支払いが対象の場合が多く、利用できる店舗が少ないのが現状です。飲食店や街で買い物をする方がキャリア決済を利用しようとすると不向きだと考えられます。 さらにチャージには5万円上限金額があったり、分割払いにも対応していないため、高額の支払いや買い物に利用することは難しいです。
 

ネットバンク決済

次にネットバンク決済を個人で利用する場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。
 
メリット
ネットバンク決済を利用することで、わざわざ窓口で振込を行う必要がなく、自宅などでスムーズに決済を行うことができます。現金の引き出しに少なからず不安を感じていた方や、ATMや窓口にわざわざ行く手間などが面倒と考えたいた方でもオンライン上で決済を行うことができますので、ネットショッピングなどで感じるストレスも緩和され利用し安くなります。オンライン上なので24時間365日で、営業時間などを考えずに支払いや買い物を行うことも可能です。 また、銀行口座の残高分しか決済に利用することができませんので、使いすぎなども抑制することができます。
 
デメリット
ECサイトなどのオンライン上での決済が中心となりますので、飲食店や百貨店などの実店舗での支払いには向いていません。 実店舗でネットバンク決済を同じような用途で利用したいようであればデビットカードなどに対応しておくことをおすすめします。
 

QRコード決済

続いて、昨今で利用者が急増しているQRコード決済についてメリット・デメリットを紹介していきます。
 
メリット
「QRコード決済」の各サービスより、大型キャンペーンなども実施されることが多くあります。こうしたキャンペーンを利用して、ポイントを効率的にお得に貯めることができるのがQRコード決済のメリットのひとつです。サービスによってポイントがたまる店舗や指定のクレジットカードと併用して利用するとたまりやすいなどの条件などもありますので、自身が使いやすいサービスを選ぶようにしましょう。 利用できる店舗数も増えてきており、大型チェーンから小中規模の加盟店までさまざまなので、普段の買い物や支払いにも携帯ひとつで決済を済ましている方も多いのではないでしょうか。
 
デメリット
まずQRコード決済は、スマートフォンありきの支払いになりますのでスマートフォンの充電切れや通信環境によって上手く決済を行えない場合があります。 また、「◯◯ペイ」などの名称を多く聞くように、QRコード決済サービスが乱立していることからどのサービスがあっているのか、どれを選べばいいのかがわからないという方も多いと思います。その場合は、ポイントの還元率や、加盟店数、支払い方法などの重要なポイントに絞って選んでみるようにしましょう。

 

店舗・加盟店の場合

店舗に電子決済を導入することで、現金の受け渡しがなくなり金銭の受け渡しのミスやウイルスなどの感染を防ぐ効果も期待できますが、決済サービスの導入となるとコストの部分などで心配なオーナー様も多いと思います。それぞれの電子決済のメリットやデメリットを店舗目線で見ていきましょう。
 

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!!

ガイドブック

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済の種類やメリット・デメリットを比較!

資料のダウンロードはこちら

クレジットカード

まずは店舗にクレジットカードを導入すると、どのようなメリットやデメリットがあるのか紹介していきます。
 
メリット
クレジットカードに対応していると、国内外含めてユーザーが多いため、国内だけでなく外国のクレジットカード利用者の集客効果が期待できます。 さらに利用上限額が比較的に高いこともクレジットカードの特徴になりますので、クレジットカードでの支払いが行えることで、お客様の単価アップも期待できます。
 
デメリット
店舗にクレジットカード決済を導入するには、専用の端末などの準備が必要になりますので実際に店舗で利用できるまでに時間がかかるこがあります。 さらにクレジットカードを読み込む専用の端末が必要になりますので、端末の費用が初期費用として発生します。さらに、ランニングコストとして決済を行うことで発生する決済手数料も発生します。。導入費用や利用にかかるコストなどを導入前に確認しておくことをおすすめします。
 

電子マネー

電子マネーに対応しておくことで、多くのメリットがありますが、一方でデメリットもありますので詳しく紹介していきます。
 
メリット
まず電子マネー決済に対応することで、決済が専用の端末にかざすだけになりますので、レジ時間の短縮に繋がります。なのでランチタイムやピークの時間帯のレジの混雑を緩和する効果が期待できます。 さらに電子マネーはクレジットカードに比べて審査もなく、手軽に利用することができますので、クレジットカードを利用していない学生などの集客も期待できます。
 
デメリット
クレジットカードと同じく、初期費用や決済手数料などのコストが必要になったり、導入までに時間がかかることがります。 あとはキャッシュレスにおいて全般的にいえることですが、電子マネーは電子のデータを通信してやりとりを行いますので、トラブルや災害で通信障害が起きてしまうと決済ができないなんてことも考えられます。
 

キャリア決済

キャリア決済には、利用できる業態が狭いためそれをメリットにもデメリットにも捉えることができます。それぞれ紹介していきます。
 
メリット
キャリア決済に対応していることでクレジットカードを利用していない方を取り込むことができ、お客様にはクレジットカードと同じく後払いの方式で支払いを行ってもらうことができます。 ECサイトを運営している方であれば、決済方法にクレジットカードだけでなく、キャリア決済を導入しておくことで利用者の幅が広がる可能性があります。
 
デメリット
キャリア決済は、ESサイトやWebコンテンツでの支払いが一般的になりますので、実店舗で経営を行っている方はなかなか利用しづらいのもデメリットのひとつと考えられます。 またクレジットカードと比べてみると低い利用限度額が設定されていることが多いので、高単価の商品やサービスの支払いには利用しにくいといえます。
 

ネットバンク決済

次にネットバンク決済導入した場合のメリットやデメリットを紹介していきます。
 
メリット
通常の銀行振込の場合、振込金額を間違えるなどのミスや振込を確認するまでに時間がかかったりなどのデメリットがありますが、ネットバンク決済であれば確定している金額で手続きが行われますので、そのようなミスやトラブルを軽減することができます。 クレジットカードを利用していない方や作りたくない方などの決済にも利用してもらうことができますので、多くの人に利用してもらうことができるようになります。
 
デメリット
オンライン上での決済がメインとなるため、飲食店などの実店舗への導入は難しいと考えられます。 同じようにクレジットカードの利用者以外のお客様の集客に利用したい場合であれば、デビットカードの導入をおすすめします。
 

QRコード決済

加盟店が徐々に増えてきているQRコード決済ですが、店舗に導入することのメリットやデメリットを確認しておきましょう。
 
メリット
QRコード決済サービスの導入には、専用の端末が必要ない場合が多く店舗で利用してるスマートフォンやタブレットを利用したり、QRコードを印刷してレジ横などに設置するだけで決済を行うことができますので導入費用を抑えることができます。コスト面で電子決済サービスを導入できなかった店舗にもおすすめのサービスです。 またキャンペーンの実施によって各決済サービスの利用者も増えますので、そのサービスに対応しておくだけで集客効果を期待することができます。
 
デメリット
QRコード決済は導入コストを最小限に抑えることができるものの、決済手数料や入金手数料が必要になるサービスが多くあります。そのようなコストは導入時に必ず確認しておくようにしましょう。 またさまざまなサービスが登場していることもあり、店舗にもどの決済サービスを導入すればいいのかという悩みを持ったかたも多いと思います。その場合は、複数のサービスに対応することのできる「マルチ決済サービス」を導入することで問題が解決されます。
 

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!!

ガイドブック

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済の種類やメリット・デメリットを比較!

資料のダウンロードはこちら

おすすめの電子決済サービスの選び方と、サービス



クレジットカード・電子マネー・キャリア決済・ネットバンク決済・QRコード決済においてメリットやデメリットを紹介していきましたが、どのように実施に使ったり店舗に導入したりする際の選ぶポイントやおすすめのサービスを紹介していきます。
 

選ぶ観点

まず利用する際の選ぶポイントをいくつか紹介していきます。
 

個人利用の場合

まず個人で利用する場合のポイントを紹介していきます。以下以外にも利用用途などはそれぞれだと思いますので自分に合ったものを選ぶようにしましょう ・ポイントがどのくらいつくか ・支払い方法方法 ・国内外のどちらの利用が多いか ・良く利用する店舗でお得に買い物ができるか ・審査の有無
 

店舗・加盟店の場合

店舗に導入する場合としては、以下のポイントの中から優先する項目を選んで決めてみましょう。 ・導入費用や手数料の安さ ・サポート体制 ・入金サイクルの短さ ・操作の簡単さ ・実店舗向きかECサイト向きか
 

おすすめのサービス

選ぶポイントをいくつか紹介しましたが、次にそれぞれの観点からおすすめの電子決済サービスを紹介していきます。
 

個人利用の場合

まず、海外の旅行や出張が多い方にはクレジットカード決済の利用をおすすめします。クレジットカードにはサービスによって、海外で利用できる保険や空港ラウンジでの優遇が付いているものもありますので、そのようなクレジットカードを利用することで海外にもスムーズに行くことができます。 そして、普段から電車などの公共機関を利用する方であれば素早く決済を行うことができる電子マネー決済、学生やお子様に利用させたいようであればキャリア決済、スマートフォンで気軽にポイントもためたい方はQRコード決済をおすすめします。
 

店舗・加盟店の場合

店舗での利用には、導入費用などを抑えることができ、キャンペーンなどが開催され集客効果も期待できるQRコード決済の導入がおすすめです。QRコード決済は比較的簡単に決済を行うこともできますので、初めて電子決済を導入する店舗も利用しやすいと考えられます。 そして、国内外問わず集客を見込みたい場合や単価アップを考えている店舗であればクレジットカード決済、レジが混雑するなどの悩みがあれば電子マネー決済、ECサイトなどを運営しているようであればキャリア決済などをおすすめします。
 

まとめ

今回は電子決済のサービスについてそれぞれメリットデメリットや、選ぶ基準、おすすめのサービスなどを紹介していきました。 クレジットカード決済・電子マネー決済・キャリア決済・ネットバンク決済・QRコード決済は、それぞれの特徴があり、メリットやデメリットも異なりますのでどのサービスを選べばいいのか、店舗にど導入すればいいのか迷ってしまう方も多いと思います。 個人や店舗の利用用途や目的などを踏まえて、今回紹介した選択のポイントなども参考に、自分に合った電子決済を利用していきましょう。

キャッシュレス決済導入ガイドを無料公開!!

ガイドブック

店舗オーナー・経営者様必見!キャッシュレス決済の種類やメリット・デメリットを比較!

資料のダウンロードはこちら

関連タグ