【東京オリンピックで外国人増加】対策と問題点を解決するには?

【東京オリンピックで外国人増加】対策と問題点を解決するには?

2020年に東京オリンピックが開催。これにより外国人観光客が急激に増加します。その際にいかに外国人観光客や国内観光客を集客できるかが重要になってくるでしょう。
すでに東京オリンピックは目前に迫ってきているなかで、まだ何もやっていない、日々の業務が忙しくてインバウンド対策まで手が回らない、そもそも何をすれば良いのかわからない、といった声もあるでしょう。
そこで今回は、東京オリンピックに向けたインバウンド対策や課題について解説します。

東京オリンピックで外国人観光客が増加?

東京オリンピックをイメージした世界中の国旗の画像
日本では昨今、外国人観光客の増加が目立っています。2018年は3110万人、2019年は速報値で3180万人の外国人が訪日したというデータとなっています。さらに国として、東京オリンピックが開催される今年2020年の訪日外国人数を4,000万人にすることを目標としているのをご存知でしょうか。
これだけの訪日外国人の増加を踏まえると、企業や店舗は集客のための対策をしていくことが必須とされているのです。


64

東京オリンピックの外国人増加のためにできるインバウンド対策とは?


外国人増加のために集客を踏まえたインバウンド対策は複数あります。厳密に分類すると、インバウンド対策には①外国人を集客するための対策と②来店した外国人対応のための対策の両方があるのですが、まずは外国人観光客が店に来たときの対策が重要です。

ただし、別々として考えるというよりは、同時に対策ができると考えても良いはずです。外国人が来店した際にスムーズでトラブルのない対応ができる状態にすることは、外国人にとっても不安を取り除くメリットになり、そこを訴求することで集客のきっかけになるからです。
インバウンド対策を考える際は、どんな対策を取ったとしても基本的にはそのことを訴求すると外国人観光客に響き、来店に繋がる可能性が上がるでしょう。

キャッシュレス対応

QRコード決済可能ということがわかるコードの画像

キャッシュレス決済の導入はインバウンド対策を考える上で重要です。海外ではクレジットカードをはじめとするキャッシュレス文化が日本よりも浸透しているため、スムーズな会計を好みます。
特に飲食はキャッシュレスが使える前提で予算を積み立てている可能性が高く、キャッシュレス決済が使えないお店はそれだけで避けられる可能性があるでしょう。

まずクレジットカードに関しては、世界中でスタンダードな国際5大ブランドは必須となってきます。
また、中国へのインバウンド対策を考えるのであれば、銀聯カードも使えた方が良いです。中国では国際ブランドではなく、銀聯カードが圧倒的に流通しています。
銀聯カードが使えるというだけで、中国人観光客がそこの店舗を選択肢に入れる可能性が高くなるでしょう。ちなみに日本の観光客の3割弱程度は中国人で、消費金額としては4割近くを占めています。

QRコード決済も世界中で使用されていますが、特に中国で人気の決済方法です。中国人のほとんどがキャッシュレス決済を利用しているとも言われており、海外旅行をしている中国人ならなおさらその普及率は高いはずです。
代表的なQRコード決済としては、Alipay(アリペイ)、WeChat Pay(微信支付)の2つです。この2つは中国で特に人気ですが、世界中で使用されているQRコード決済でもあるので、導入メリットは大きいと言えるでしょう。
》スターペイなら中国で人気のキャッシュレスも使える?

多言語対応

多言語を翻訳できることをイメージした画像

多くの外国人観光客は、日本語はもちろん、マナーやルールを知らない人がほとんどです。飲食店や街中など、言葉が通じないことで、困ったことがあっても上手く伝わらずに、困ってしまうことも多いです。一方で日本人も、英語ですら回答に自信が持てず、困っている様子を見かけても躊躇してしまうということがあります。
外国人観光客は、みんなが英語を話すわけではありません。常に不安視されている、言葉のコミュニケーションの解消には、どうしたら良いのでしょうか。

すぐに対応できるものとしては、メニューや店内の案内事項、ホームページの情報などを日本語だけでなく多言語に対応したものに変えていく方法です。これなら質問できなくても、自分の目で見て判断することもできますし、店側が案内する場合も簡単です。

スムーズな接客なら「翻訳機」

また直接話をして、お客様対応を行おうにも、専門的な用語などを説明するフレーズが出ないこともあります。最低限の外国人向けフレーズを覚えるだけでは、人と人の会話では、そうイメージ通りにはなりません。

そんな時に役立つのが「翻訳機」です。ポケットに入れて持ち運びも簡単な翻訳機「eTalk」などは、世界72個の言語に対応しており、音声通訳だけでなく文字を写した画像も翻訳してくれます。翻訳機があれば、時間をかけずに手軽で簡単に外国人観光客の方へ接客が可能となります。

参考記事:外国人観光客への接客が不安?インバウンド接客に効果的な翻訳サービス

190
 

口コミサイトへの掲載

口コミサイトを参考にしてスマホを見ている女性の画像

集客という面で重要になってくるのが、店舗を知ってもらうこと。ただし外国人に店舗を知ってもらうのは難しいでしょう。そこで有効なのが、口コミサイトへの掲載や運用。うまく運用することで、外国人を集客するきっかけになるかもしれません。外国人は訪日する際に、事前に観光地や飲食店の情報もリサーチするはず。そこで使われるのが、著効系口コミサイトのトリップアドバイザー。世界中の言語版で展開されているため、世界共通の口コミサイトとしても有名です。
》トリップアドバイザーを解説!使い方や運用方法は?

また中国人観光客の集客に特に注力したい場合は、中国人向けの大衆点評がおすすめ。訪日外国人の1/4を閉めるのが中国人観光客であるため、この市場を取り込むためには個別で対策をしておいたほうが良いでしょう。
》大衆点評とは?中国人観光客を集客したい場合は必須の口コミサイト

64

東京オリンピックでのインバウンド効果はどのくらいなのか

インバウンド消費をイメージした世界地図とクレジットカードの画像

東京オリンピックに向けて最低限やっておくべきインバウンド対策について解説しました。ところで、実際東京オリンピックによりインバウンド効果はどのくらいなのでしょう。

これについてはみずほ総合研究所が試算を出しており、東京オリンピックの経済効果は約30兆円とされています。日本の国家予算は一般会計が100兆円、特別会計が200兆円、合計で300兆円程度です。
東京オリンピックだけで国家予算の1/10に匹敵する経済効果が期待できるということです。そしてこの30兆円のうち大会運営による直接的な経済効果は2兆円です。
つまり残りの28兆円は観光消費、投資効果など間接的な経済効果で、店舗経営者にとってはそれだけチャンスがあるということです。
》増加する外国人!外国人観光客の消費額やインバウンド対策を行う地方に注目!

東京オリンピックをきっかけに個人旅行者が増加

かつては日本への観光客は団体旅行者が多かったのですが、現在は個人旅行者が増えています。そして今後も個人旅行者が増加していくでしょう。団体旅行者の場合行動が制限されているので、買い物も飲食も旅行代理店が手配した店に行く確率が高まります。

つまり旅行代理店に対してではなく、個人に対してアプローチすることで集客につながるということです。その場合にはインバウンドサイトや口コミサイトへの掲載、SNSでのアピールが効果的でしょう。

ただしこれらのインバウンド対策は、店舗が初めてすぐに効果を発揮できるというものではありません。コツコツと時間と労力をかけた結果、少しずつ集客としての効果に現れてくるというのが一般的でしょう。
》効果的なインバウンド対策をご紹介!厳選5選

64

東京オリンピックまでに外国人観光客の対策をしたい

そうはいっても、目前に迫った東京オリンピックの関係で、少しでも効果のあるインバウンド対策を行いたいというのが正直なところではないでしょうか。
その場合は、運用代行や登録代行がおすすめ。企業や店舗に変わって、プロが店舗の情報の掲載に関して代行して行ってくれるものです。
効率の良いインバウンド対策を進めることができる可能性が上がるため、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
》トリップアドバイザーの登録代行とは?
》大衆点評を運用代行する場合は?

まとめ

東京オリンピックによるインバウンド効果は大きく、日本の店舗経営者にとってはチャンスです。しかしインバウンド対策をしないと十分なメリットを得られず、むしろ店舗の評判を落とすことにつながる可能性もあります。

そこでまずは受け入れ態勢を充分に整え、その上で集客に力を入れるのがおすすめです。
》インバウンド対策についてどうするべきか、店舗にあった方法を無料で相談

64

関連タグ