商品詳細

Wiki

CLOUD STAMP

電子契約書の締結から管理まで月額1万円から

  • 契約締結から契約書管理まで行える、クラウド型の電子契約サービス
  • 業務効率化やコスト削減が簡単に実現できる電子契約書システム

CLOUD STAMPの特徴

ペーパーレス

01

ペーパーレス

・紙から電子データへ、押印から電子署名へ ・電子証明書を付与し、従来の押印契約と同様の証拠力を保ちます

締結スピードアップ

02

締結スピードアップ

・WEB上で契約締結に必要なサインをかわせるので、最短数分で作業が完了

コスト削減

03

コスト削減

・従来の書類準備や処理の手間を削減でき、人件費のコスト削減まで可能に ・書類印刷にかかっていた印字コストや、書類を格納する保管コストも削減

動画でわかる
CLOUD STAMP

機能・サービス内容

契約締結

契約締結まで、最短数分で完了。 契約締結までのステータス確認や、送信先へのリマインドも可能です。

契約書保管

セキュアな保管機能です。 スキャンした紙の契約書の取り込み機能も、追加予定です。

書類管理

ユーザが締結した契約書を紐づけることにより、一覧での閲覧が可能となります。

本人確認

基本のメール認証に加えて、アクセスコード認証が利用可能です。

テンプレート

PDFファイル・宛先等の情報をテンプレートとして保存、書類の送信時に呼び出すことができます。

料金

月額料金

10,000円~20,000円

従量課金

200円 / 1契約あたり

初期費用

5,000円

導入インタビュー

CLOUD STAMPの魅力をより知っていただくために、ご利用いただいているユーザーの方々のインタビューを集めました。

もっとみる

クラウド上で契約締結が可能なクラウドスタンプとは?評判から導入事例まで

よくある質問

書面ではなく、クラウドスタンプにて契約を締結することは、法的に有効なのでしょうか?

日本の法律では、基本的に契約方式は自由であり、 口頭またはメールでの契約も成立いたします。 セキュリティーや改ざんリスクに対しての対策が求められますが、 当サービスは、第三者が証拠を担保し、セキュアなクラウド上で契約を結ぶため、 法的に有効であり、かつ、有効性が担保されております。

合意締結した書類は、双方どのような形で受け取ることができますか?

書類の送信者、受信者双方に対して、合意締結した書類のPDFファイルがメールで届きます。 また、PDFファイルは当サービス上にも自動で保存されます。

保管データが失われるリスクはありませんか?

当サービスでは、サービス上のデータを毎日バックアップしております。 また、合意締結時にお客様のメールアドレス宛にも、原本ファイルをお送りすることにより、 データの保全の冗長化を図っております。

お問い合わせ

contact

下記フォームの必須事項をご入力の上、
「無料相談する」ボタンを
クリックしてください。

お客様情報
プライバシーポリシーをご確認の上、
同意にチェックを入れて、
相談ボタンを押してください。
クラウド型の電子契約サービス

料金プラン

  ベーシックプラン    ライトプラン   
月額料金 20,000円  10,000円 
従量料金 200円 / 1契約あたり
初期費用 50,000円
契約期間 24ヶ月
付帯オプション 電話・オンライン・WEBサポート
経営相談サポート
専門家一括見積サービス SHARES
(※詳細については、下表参照)
なし
(※全て税抜き表示)
 

無料オプション(ベーシックプランに付帯)

  電話・オンライン・WEBサポート 経営相談サポート 専門家 一括見積サービス SHARES
内容 運用開始から導入後まで、
専門スタッフがしっかりサポート
経営トラブルを電話一本で
お悩み解決
約一時間の電話相談が無料
専門性の高い業務を
「専門家に一括見積」
全国の専門家に依頼可能
 

有料オプション

タイトル プラチナサポート
内容 ・電子書面の加工代行 ・電子化に伴う取引先様からの理解と同意
・従業員様への、電子化に伴う変更の理解と同意獲得等のサポート
月額料金 10,000円
契約期間 12ヶ月
(※全て税抜き表示)