ビジネスフォン導入にかかる費用相場はどのぐらい?少しでも費用をおさえるには?

ビジネスフォン導入にかかる費用相場はどのぐらい?少しでも費用をおさえるには?
会社を経営するうえで、規模がどんどん大きくなっていくと、複数の電話回線を共有することができる「ビジネスフォン」の導入を検討し始めると思います。
しかしビジネスフォンの導入を考えようにも、どんな会社やサービスがあるのか、費用など、わからないことも多いのが現状です。ビジネスフォンと一言で言っても、リースにするか購入なのかで費用面は変わるうえ、提供サービスの機能によっても確認しておかなくては行けません。

そこで今回は、これからビジネスフォンの導入にかかる費用や料金の相場をご紹介します。導入時に押さえておきたいポイントと合わせて、ぜひチェックしてみてください。
 

ビジネスフォン価格の相場はどのぐらい?

ビジネスフォンを導入する場合、基本的に1台だけで導入することはないので、複数台での導入となります。例えば中小企業などで、ビジネスフォンを4台ほど導入する場合、機器の購入でかかる費用は20万円~40万円ほどが目安となります。

もちろん主装置以外にも、配線やネットワークを構築する工事費や電話機の購入、初期設定費用などを考えると、さらに追加費用がかかると考えておくといいでしょう。
また先ほどの金額は、中小規模の企業の目安なので、導入する会社の規模や台数によって、変わりますので必ず確認しておく必要があります。
5

ビジネスフォンの費用の確認ポイント

ビジネスフォンを導入する際、費用感を中心に確認しておきたいポイントがあります。
 

機種と工事費の目安を把握

ビジネスフォンのサービスによって、機種代や工事費の価格は変わってきます。ここでは、あくまでも目安となる価格をご紹介していきます。
項目 価格
電話端末 1台あたり2,000円~3万円ほど
主装置(PBX) 15万円~
工事費 1~2万円から
これらのほか、拡張機能やオプションを追加することにより、別途料金が発生します。

電話機に関しては、全て新品で揃える方法もありますが、コストを少しでも抑えたいのであれば、中古の電話機器にすることも可能です。同じメーカーで揃える場合などは、まとめて購入することで割引価格で購入できる場合もあります。
またビジネスフォンの核となる主装置は、サービスを提供しているメーカーによって費用もさまざまです。利用する会社の規模や目的によって、性能やプランなども分かれており、自社にあったものを選ぶようにしましょう。
 

利用規模ごとの費用を確認

基本的な費用相場の把握以外にも、実際に利用する規模ごとでも費用感の確認は欠かせません。ビジネスフォンは大企業で使われるものというわけではありません。従業員が10人前後しかいない小規模企業や、数十人から100人規模の会社や店舗でも、複数の電話機を使う限りビジネスフォンを利用するメリットというのは持っています。

5~10人規模の小さな事務所や店舗であれば、電話機の台数もそこまで多く必要ではなく、主装置なども一番小さなプランで問題ありません。またその規模であれば、電話機なども新品ではなく中古品を利用してコストを抑えることが可能です。
100人規模の会社に導入する場合は、全部で数百万円以上はかかると考えていいでしょう。業種・業態によって適切なオプションなどもあるので、しっかりと見積もりをしたうえで決めるようにしてください。
5

ビジネスフォンの導入を安く抑えるには

では、少なくとも数十万円からかからビジネスフォンの導入ですが、少しでもコストを抑えて導入したい場合には、どうしたらいいでしょうか。
 

規模や使い方に合わせたものを選ぶ

ビジネスフォンの導入の際、良いものだから、安くなっているからと言って、それだけで導入を決めてしまってはいけません。いくらお得で良いものであっても、利用するオフィスの規模や用途に合わなければ、結果的にコストも抑えられなくなってしまいます。

ビジネスフォンの導入に必要なものは、電話機と主装置であるPBX、それらを設置する際の工事費などが揃うことで電話環境が作られます。最も重要となるのが主装置であるPBXで、会社や店舗の規模、用途に合わせて適切なPBXを選択しなくてはいけません。50人規模しの会社で、安いからといって10数人規模のPBXを選んでしまえば、電話機などの接続台数が規模に見合わないものになるため、結果的に追加費用が発生してしまうこともあります。
 

中古の電話機で導入費用を抑える

一方、手軽にコストを抑えやすいのが、電話機の費用です。ビジネスフォンの導入に際し、新品の電話機を購入するとなると、どうしてもそれなりにコストがかかってしまいます。しかし電話機を中古品にすることで、かなりのコスト削減が可能となります。

もちろん中古品を利用することは、利用者側としては若干不安に思うところもあるでしょう。ただしよほど年代が古すぎるもの出ない限り、電話機自体の性能は新品と劣らない中古品も多くあります。
基本機能である、転送電話や内線電話などは、中古の電話機であっても問題なく使えるため、ビジネスフォン導入時のコスト削減には適していると思います。
 

クラウドPBXを活用する

またビジネスフォン導入時の、さまざまな機器にかかる費用を抑えたい場合は「クラウドPBX」の導入もおすすめです。
これはインターネット回線上に交換機(PBX)を設置して利用するサービスで、大がかりな機器の設置が必要なく柔軟にビジネスフォンを利用することができます。ただしクラウドPBXの場合、110番や119番といった3桁特番に電話ができないことがあるなど、メリットばかりではないため、そういった点も踏まえて判断することが必要です。
 
5

ビジネスフォンをクラウドPBXで活用するなら「CLOUD PHONE」

コストを抑えてビジネスフォンを導入するのであれば、今テレワークの推奨で大きく注目を集めているクラウドPBXの「CLOUD PHONE」がオススメです。
「CLOUD PHONE」は、これまでオフィスに設置していた交換機本体を、クラウド上に設置することで、インターネット環境さえあれば簡単にビジネスフォンとして利用することができます。

オフィス内の省スペース化や、PBXの管理コストを抑えられるほか、設置や初期設定にかかる費用も大きく削減が可能です。さらにインターネット環境にさえ繋がっていれば、外出先のスマホでも会社の代表電話番号への着信や、会社からの内線電話を受け取ることも可能になります。
月額費用も6,500円~と、従来のビジネスフォンと比べて圧倒的に安価で利用できるため、新型コロナウイルスでテレワークが推奨される今、クラウドPBXの導入する良いチャンスと言えます。

まとめ

今回は、ビジネスフォンの導入を検討している方に向けて、基本的な費用の相場や注意点について解説してきました。電話機費用や交換機本体の費用、設置費用など、ビジネスフォンの導入には、さまざまな費用が発生します。会社の規模や用途に合ったサービスを選ぶとともに、よりコストを抑えて導入するのであれば、インターネット上に交換機を設置する「クラウドPBX」の活用もオススメです。
5

関連タグ