楽天Pay

スマホひとつで簡単・お得にお支払い

※現在取り扱いしておりません

スマホひとつで簡単・お得にお支払い

※現在取り扱いしておりません

楽天Pay|スマホひとつで簡単・お得にお支払い|機能/特徴・料金/費用・導入事例

楽天Pay

楽天Pay

スマホひとつで簡単・お得にお支払い

金額

決済手数料3.24%〜

機能・仕様

3つの決済方法と全21ブランドが利用できるキャッシュレスサービス

おすすめ業種

飲食店・小売店・理美容店・サロンなど

カテゴリ

集客 業務効率化

楽天Payとは

  • クレカ、電子マネー、アプリ(QRコード)の3つの決済方法に対応、主要21ブランドが利用可能
  • すべてのブランドが決済手数料3.24%
    (2019年10月から2020年6月までの期間限定)
  • 初期費用実質無料・翌日入金

機能

機能

  • 1

    アプリ決済 〜手軽に使える。スマホでスマートな決済〜

    アプリ決済は、来店されたお客様がスマホを使ってお支払いするのでお釣りの受け渡しや、紙伝票の発行がなく会計がスムーズにできます。専用のカードリーダー不要!QRコードを使ったスマホやタブレットのみで決済が可能なサービスです。
    さらに、楽天の集客キャンペーンによる集客効果はバツグンです。

  • 2

    クレジットカード決済 〜高度なセキュリティ設計のリーダーで安心決済〜

    アプリで直感的に操作できるので、スムーズにクレジットカード決済を導入可能です。
    さらに、本人確認とご利用控えの発行がペーパーレスで完結。わずらわしい紙の管理が不要です。
    上記ロゴマークがあるクレジットカードおよびデビットカードがご利用いただけます。

  • 3

    電子マネー決済 〜混雑解消に、かざすだけのスムーズな決済〜

    電子マネーの決済は、カードリーダーに電子マネーカードや携帯電話をかざすだけ。
    現金決済を電子マネー決済にするとレジの混雑が軽減します。
    「楽天Edy」や「Suica」「PASMO」などの多数の電子マネーブランド、および「nanaco」「WAON」「Apple Pay」に対応します。

特徴

Point.1初期費用実質無料で導入
新規でお申込みいただく加盟店様向けに、クレジットカード・電子マネー決済対応のカードリーダー代を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中です。
※キャッシュバック適用には条件があります
Point.2最短翌日自動入金
楽天ペイ(実店舗決済)の指定口座を楽天銀行にすると、365日いつでも決済の翌日に自動で入金いたします。
※楽天銀行以外の金融機関でも、翌営業日に入金可能です。
Point.3楽天原資の集客支援キャンペーン
楽天ペイ(実店舗決済)では、加盟店様の集客・売上UPを支援するため、
様々なキャンペーンを実施します。
※実施中のキャンペーンはこちら(https://event.rakuten.co.jp/group/sbc/)でご覧いただけます
Point.4楽天ペイのページでの店舗紹介
楽天ペイ アプリ決済が使えるお店として、お客様アプリ・Webサイトの店舗情報画面に掲載できます。
掲載により、集客効果が見込めます。

料金プラン

決済手数料

  ブランド 決済手数料
アプリ決済 楽天Pay 3.24%
クレジットカード決済 VISA・MasterCard
American Express
3.24%
JCB・Diners Club
DISCOVER
3.74%(※1)
電子マネー決済 Edy・nanaco・WAON
Suica・PASMOなど交通系電子マネー
3.24%(※2)
QUICPay・iD
Apple Pay
3.74%(※3)
(※1)楽天カードの場合、JCBでも決済手数料3.24%でご利用いただけます。
(※2)楽天Edy、交通系、nanaco、WAONの決済手数料は消費税の課税対象(内税表示)となります。
  • (※3)「Apple Pay」を「Suica」で利用する場合、決済手数料は3.24%となります。

 

※料金やオプションの内容は変更されることもございます。最新の情報はお問い合わせください。

評判/導入事例

  • 楽天Pay
    集客やリピートにつながる仕組み
    焼き鳥店(飲食店)
    • 導入前
      営業担当の方からサービスの提案を受けた際、簡単に導入できて、集客に繋がることを説明していただきました。
    • 導入後
      楽天ペイでお支払いいただくお客様の中には、これをきっかけに来ていただいたり、ポイントを貯めたいからなのか、リピートしていただけるお客様がいらっしゃいます。
      うまくキャンペーンなども活用して、お店を好きになってもらえる方を増やしていけたらと思います。

よくある質問

  • 決済手数料はいくらですか?

    クレジットカード、電子マネーの決済手数料は、以下をご確認ください。
     ※ 2019年10月から2020年6月までは、全てのブランドが3.24%でご利用いただけます。
     ※ 決済手数料は業種や規模に関わらず、同一となります。

    ■ クレジットカード
    Visa、Mastercard、American Express、楽天カードは3.24%
    JCB、Diners Club、Discoverは3.74%
     ※ 2016年6月30日23時59分までにお申し込みいただいた方は一律3.24%です。
    ■ 電子マネー
    楽天Edy、交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)、nanaco、WAONは3.24%
    QUICPay、iDは3.74%

  • 入金(振込)サイクルを教えてください。

    入金の締め日、入金日などの入金サイクルについては、入金先の金融機関により異なります。
    ■ 入金先が楽天銀行の場合
    当日23:50時点の売上が翌日に自動で入金されます。
    振込手数料は無料で、毎回入金依頼の手続きをする必要はありません。
     ※ 土日祝も、入金されます。
     ※ ご利用状況確認中は、入金を保留させていただくことがあります。

    ■ 入金先が楽天銀行以外の場合
    23:30までに入金依頼すると、ご指定の口座へ当日23:50までの売上が翌営業日に全額入金されます。
    決済件数・金額にかかわらず、1回につき330円の振込手数料が発生し、振込金額より相殺されます。
     ※ 金曜日、土曜日、日曜日にそれぞれ入金依頼を行った場合でも、いずれかに一回だけ入金依頼を行った場合でも、月曜日にまとめて(金曜日、土曜日、日曜日分合算して)振り込みいたします。(この場合の振込手数料は、1回分の330円となります)

  • 楽天ポイントで決済された分は、どのように売上処理されますか?

    通常の決済方法(現金)と同様に、ポイント利用分も店舗の売上として計上されます。
    ※ポイント利用分は楽天負担となりますので、ご安心ください。

0件の口コミ一覧