EPARKテイクアウトとは?メリットデメリット、飲食店の導入方法まで紹介

新型コロナウィルスの影響で外食を控えている方も少なくありません。飲食店としては、今後集客をするためには工夫や新しい営業方法も必要になってくるでしょう。
当サイトでは、デリバリーサービスやテイクアウトでの集客強化をおすすめしていますが、テイクアウトとしてどのようなサービスを活用して強化していけばよいのでしょうか。
テイクアウトでの集客をより強化できるサービスとして人気なのが「EPARKテイクアウト」。今回はこのEPARKテイクアウトについて、ご紹介していきます。
 

EPARKテイクアウトとは?

EPARKテイクアウトとは、インターネット上で飲食店の食事をテイクアウト注文できるサービス。事前予約ができるため、店頭での待ち時間の解消で無駄な時間を使わずにテイクアウトを利用することができるのが強み。新型コロナウィルスの影響で、外食控えや外出自粛を行う一方で、効率よく人との接触を極力抑えて外食気分を味わえるという点でも注目されています。
》【人気記事】出前館vsウーバーイーツ!特徴や手数料などを比較

EPARKテイクアウトのメリット・デメリット

では実際に:EPARKテイクアウトのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。メリットとデメリットにわけて注目していきます。

EPARKテイクアウトのメリット

・効率よく食事を受け取れる

EPARKテイクアウトでは、24時間いつでもインターネット上でテイクアウトの予約注文を行うことができるようになっています。そのため、注文さえ完了してしまえば、当日指定の時間に受け取りにいくだけ。店頭で順番待ちに時間を割いたり、人気店の行列に長時間並ぶということも解消に繋がるでしょう。
 

・事前決済が可能

EPARKテイクアウトではキャッシュレス決済サービスによる事前決済が可能です。予約と同時に会計の決済を行うことができる点も時間短縮に繋がります。
せっかくテイクアウトの予約をできても、店頭での会計が必要となると、時間や手間がかかります。忙しい場合にはこうした事前決済を利用することで、指定時間に受け取りに行くだけの状態にできるでしょう。
 

・当日予約も可能

EPARKテイクアウトでは当日に予約することも可能です。隙間時間を使ってEPARKテイクアウトの予約を試してみてください。予約可能となっていれば、当日でもテイクアウトを予約することができるでしょう。
 

・お得なサービス満載

EPARKテイクアウトでは、お得なクーポンはもちろん「子育て割」としてママやパパがお得になる割引サービスも展開。育児で忙しいなか、こうして手軽に食事をテイクアウトできるという点では、子育て世帯にも注目されやすいでしょう。小さいお子様がいるご家庭では、飲食店の店内飲食もゆっくりできない場合も多いですが、EPARKテイクアウトではこうした問題もクリアしながらお得になる割引が受けられるのはメリットが大きいでしょう。

EPARKテイクアウトのデメリット ​

​​​​​​EPARKテイクアウトのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。その弱点も把握していきましょう。
 

・テイクアウトサービスなので店舗まで受け取りに行く必要がある

これは店舗が独自に行っているテイクアウトサービスにも共通して言えることではありますが、EPARKテイクアウトでは便利に予約ができるものの、店舗まで受け取りに行かなくてはなりません。消費者(ユーザー)にとってこの点はデリバリーサービスと比較するとデメリットに感じる場合もあるでしょう。

EPARKテイクアウトは海外では定着。インバウンドでは注目サービス?

EPARKテイクアウトのように、インターネット上でテイクアウトの注文ができるサービスというのは海外ではすでに定着しつつあります。ウーバーイーツがアメリカから始まったように、今後こうしたテイクアウトサービスがさらに人気を集めていくことも期待できるでしょう。
24時間好きなタイミングでインターネット上で簡単にテイクアウトの予約注文ができるという便利なサービス。外国人観光客にも今後注目されていくサービスの一つかもしれません。

EPARKテイクアウトの加盟店として導入する方法

EPARKテイクアウトへ掲載を希望する場合は、以下のような流れになります。細かい流れや詳細に関してはEPARKテイクアウトへ尋ねてみましょう。

①EPARKテイクアウトへの申込み
②店舗情報などをEPARKテイクアウトへ提供
③料理などの写真撮影
④店舗ページの作成/入稿代行
⑤操作方法などの共有
⑥店舗ページ公開
》ウーバーイーツの加盟店とは?メリットや特徴を徹底解説!

まとめ

今回は新型コロナウィルスをきっかけにさらに注目されているテイクアウトやデリバリーサービス。飲食店にとっても、売上状況に打撃を受けるなかで集客や売上に繋がる方法を模索しているケースも多くあるでしょう。

現在では緊急事態宣言が解除され、在宅ワークの解消を行う企業も増えて生きています。ビジネスマンのランチを狙ったり、外食気分を味わうためのサービスをしてこれからもテイクアウトは重宝されていくのではないでしょうか。
多くの飲食店を掲載するポータルサイトとしてのEPARKテイクアウトは、飲食店として集客や売り上げにも効果が期待できるかもしれません。
是非チェックしてみてください。

》テイクアウトとデリバリーの2軸を強化するべき?アフターコロナで飲食店はどうするべきか
》緊急事態宣言後の飲食店はどうするべき?売上確保の活路とは







 

関連タグ

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます