「Times PAY(タイムズペイ)」で簡単にクレジット決済の導入を!

「Times PAY(タイムズペイ)」で簡単にクレジット決済の導入を!
キャシュレス化が進み、さまざまなキャッシュレス決済サービスが利用されています。その中でも多くの人が利用しているキャッシュレス決済が、クレジットカード決済になります。
多くの人に利用されているクレジットカード決済に店舗が対応しておくことで、業務効率化や売上アップに繋がる効果が期待できます。しかしながら、さまざまななクレジットカード決済サービスが登場し店舗にどのサービスを導入すればいいかわからないという方も多いと思います。
今回は主要の6ブランドのクレジットカードだけでなく、電子マネーにも対応することがでる「Times PAY(タイムズペイ)」について導入メリットや対応の決済ブランド、利用時に必要になる手数料なども詳しく紹介していきますので、是非参考にしてみてください。
 
170

Times PAY(タイムズペイ)とは?

「Times PAY(タイムズペイ)」とは、駐車場やカーシェアリングで有名なパーク24株式会社が提供しているキャッシュレス決済サービスです。
主要の6ブランドのクレジットカードや電子マネーに対応しており、月額固定費や通信費が0円で利用することができます。
導入の際に必要になる、カードリーダー・プリンタ・タブレットがセットで届きますので、店舗で専用の機器を用意する手間がかからず、すぐに利用を開始することができます。
セットで受け取ることができる機器は、4G回線を利用しているのでLANケーブルを利用してWi-Fiとつないでおくなどの必要がなく、店舗外でも利用することができデリバリーでの支払いやイベントなどの決済にも利用することが可能です。

支払い情報や取引履歴などの決済状況は、Webからいつでも確認することができ、情報はCSV形式でダウンロードすることができますのでデータとして保管しておくことも可能です。
 

Times PAY(タイムズペイ)で対応できる決済ブランド一覧

Times PAYを導入することで対応できる決済ブランドと、それぞれの決済手数料、支払い方法を紹介していきます。ただし審査結果によって、一部のカードブランドでの決済が利用できない場合がありますので注意しておきましょう。
 
決済の種類 決済手数料 支払い方法 対応ブランド
クレジットカード
 
3.24% 1回払い
2回払い
3回払い
分割払い
リボ払い
Visa
Mastercard
3.74%~ 1回払い JCB
American Express
Discover
3.74%~ 1回払い
リボ払い
Diners Club
電子マネー 3.24% Kitaca
Suica
PASMO
Toica
ICOCA
SUGOCA
manaca
nimoca
はやかけん
nanaco
WAON
 
170

Times PAY(タイムズペイ)の特徴・メリット

Times PAYには、初めてキャッシュレス決済サービスを利用する方でも安心して利用することができるメリットが多くありますので、詳しく特徴を踏まえながら紹介していきます。
 

専用タブレットを0円で提供!

決済サービスの導入の際に店舗で用意が必要になることが多い、タブレットやスマートフォンですが、Times PAYの場合、初期導入費用38,000円(税込)の中にタブレット・カードリーダー・プリンタが含まれています。
タブレットはレンタルとなり、レンタル料金は0円で通信費用も含まれていますのでタブレットに対する費用がかからないのも安心です。店舗が特別に用意するものはなく、決済に必要な機器がセットで届きますので、新たにタブレットの購入や準備の手間がありません。
 

4G回線を使うので工事不要!

Times PAYの決済に利用するタブレットは、auの4G回線が契約してありますので、店舗に回線などを引いていない場合でも回線の工事が必要なくキャッシュレス決済の導入できるのは嬉しいメリットになります。
利用するタブレットには、Times PAY専用の決済アプリがすでに入っています。決済用のアプリはスムーズに決済を行えるように最適化されていますので、ストレスフリーで利用することができます。

 

安心のサポート体制!

Times PAYでは、安心したサポート体制を受けることができますので、導入時も導入後も安心して利用することができます。
導入の際には専属のスタッフがサポートしてくれますし、電話での問い合わせは年中無休で10:00~20:00まで受け付けています。年中無休になりますので、年末年始やお盆に営業している店舗でも充実したサポートを受けることが可能です。

さらに導入から1年間は、自然故障はもちろんのこと火災や落雷、水漏れなどの事故でカードリーダーやプリンタが故障した場合でも交換対応をしてくれますので、万が一の場合でも安心して利用することができます。
 

誰でも使えるカンタンな操作性!

Times PAYには、利用方法を説明する動画マニュアルが用意されているのでいつでも好きな時間に視聴し覚えることができます。不安に感じた際や電話サポートが空いていない時間帯でも、いつでも見返すことができるのは非常に便利です。
電話でのサポートも年中無休で用意されているので、しっかりと教えてもらいたい場合は電話で、簡単な利用方法を確認する場合には動画マニュアルを利用するといった使い方をしてもいいでしょう。

【アプリ起動からログインの方法】


【クレジットカード決済方法】


【電子マネー決済方法】


【カードリーダーのペアリング方法】


【プリンタのペアリング方法】

 
170

Times PAY(タイムズペイ)の入金サイクル・振込手数料

Times PAYの入金サイクルは、月2回になります。どの金融機関を振込口座に指定した場合でも、振込手数料は0円で利用できます。

①1〜15日の売上→当月末日に振込
②16〜末日の売上→翌月15日に振込


土日祝日が振込日と重なる場合、①は前営業日、②は翌営業日の振込になります。振込の前に支払明細書が発送もしくはWeb管理画面で配信されます。
 

まとめ

今回は、パーク24株式会社が提供している「Times PAY」について、導入メリットや対応の決済ブランド、手数料などを詳しく紹介していきました。
クレジットカードだけでなく、Suicaなどの交通系電子マネーやWAONやnanacoの流通系電子マネーにも対応ができ、店舗でタブレットなどを用意する必要がないので、初めてキャッシュレス決済サービスを利用する店舗や、回線の工事を行ってない店舗におすすめなのがTimes PAYになります。
クレジットカード決済や電子マネーの決済に対応したい店舗は今回の記事を参考に導入を検討してみてはいかがでしょうか。
170

関連タグ