beepデリバリーとは?使い方や利用方法を解説!

beepデリバリーとは、配達担当者の管理をより効率的にするためのサービスです。 デリバリーでの注文ミスや人手不足の問題を解決し、業務の効率化を実現することができます。 UberEats等を導入したものの、配達担当者の不足や、店舗と担当者間での連携ミスなど上手く活用できていないと感じる店舗は多いのではないでしょうか? 本記事では、コロナ禍で一気に発達したデリバリーサービスの課題を解決し、より活用できるbeepデリバリーというサービスについて説明していきます。

beepデリバリーとは?

デリバリーサービスの管理システム

beepデリバリーとは、デリバリーサービスや電話口にて受けた注文を配達担当者に自動で割り振ったり、GPSにて配達担当者の現在地を把握することが可能なシステムです。

システム上で注文を割り振ることで連係ミスが発生しない上、GPSで配達担当者を管理することによって複数配達が行え、店舗運営を効率化することが可能です。

同じエリア内に複数店舗をお持ちの方は、beepデリバリーを利用することで店舗を横断して配達担当者を共有し、人材不足を改善することができます。

UberEatsと連携可

beepデリバリーはUberEatsとも連携ができ可能となっており、電話やweb予約だけでなく、UberEatsで受けた注文に対しても自社の配達担当者を自動で割り振ることが可能です。

UberEatsでは、配達担当者とお客様しか現在地を把握することができませんが、beepデリバリーを導入すれば本部や店舗側で、現在地の確認を行えます。

他のデリバリーサービスと連携させることで、デリバリーサービスの運用も容易になるため、より効率的に注文を受けて配達することができます。

                    

beepデリバリーを使った注文の管理方法

電話やデリバリーサービスで受けた注文は、beepデリバリーに自動で反映、管理されます。beepデリバリーに注文を集約することで、全ての窓口からの注文を一括で管理することができます。

同様に配達担当者の管理もbeepデリバリーで行うことが可能です。PCやタブレットで、メニューや注文を管理し、配達担当者を自動で割り振ることで注文から配達までを自動で行うことができます。

自動で割り振られた配達担当者の現在地も常に確認することができるので、注文後の問い合わせや担当者への緊急連絡等に対しても現場に連絡を取らずに、店舗側で管理いただけます。

beepデリバリーのメリット

ミスがなくなる

   チャネルでの共有なので伝え漏れがない

beepデリバリーの画面上で注文内容や配達先、配達時間までテキストで共有することが可能なので、伝達漏れなどのヒューマンエラーがなくなります。

配達担当者は、注文に対応して自動で割り振られるため、抜けや漏れが発生しません。各担当者にアプリの確認を促すだけで良いので管理も容易です。

  GPS機能で迷うことがない

GPS管理機能を搭載しているため、配達担当者は現在地から店舗までの経路や、配達先までの経路をアプリで確認できます。地図アプリで検索する必要がなく、配達の遅れをなくすことが可能です。

店舗側でも、配達担当者の位置をGPSで把握することができるので、問い合わせや緊急連絡などの対応をすぐに行えます。配達担当者の居場所が分からないことによるミスを削減可能です。

効率化によって人材不足を解消できる

 複数配達でデリバリーがもっと効率的に

近くのエリアで複数の注文があった際に、一人の担当者にまとめて依頼できます。複数注文を一括で対応することで効率化が可能です。

注文の量や内容に応じて、店舗側でドライバーの設定や変更を行うこともできるため、料理が冷めてしまうリスクや配達の遅れなども防止できます。

 店舗間で人材を共有することで人材不足を解消

複数の店舗間で配達担当者を共有することが可能です。近隣のエリアに複数店舗で注文を受けた場合に、一人の配達担当者が店舗をまたいで配達することができます。

各店舗ごとに配達担当者を抱えるのではなく、店舗間で人材を共有することで、採用や人材の管理を行う手間が削減されるため、店舗運営の効率化に加え、人材の不足も解消されます。

                    

beepデリバリーを利用するときの注意点

モバイル端末などの環境を整える必要がある

webブラウザもしくはアプリでの利用となるので、PCやタブレットなどの端末を用意する必要があります。

端末によってはスムーズな利用ができない可能性もございますので、beepデリバリーで推奨されている環境を確認の上、ご用意ください。

インターネット環境が必要

他デリバリーサービスとの連携やGPS管理などインターネット環境が必須のため、通信回線やWiFi機器を導入しなければいけません。

来店いただいたお客様が店舗内で利用できるようにWiFiもセットで導入することをおすすめします。

単体で使うよりUberEats等との併用がおすすめ

beepデリバリー、最大の長所は他のデリバリーサービスと連携ができるところです。

複数の注文を漏れなく管理できるという長所を最大限生かすために、UberEatsなどの他サービスと併用することをおすすめします。

beepデリバリーの利用をおすすめする店舗

UberEatsを最近導入した/検討している

UberEatsなどのデリバリーサービスをコロナ禍で新たに導入した/検討している飲食店におすすめのサービスです。配達のミスや遅れなどはお客様との信頼関係に影響を与えます。

beepデリバリーを導入することで、注文の管理体制が構築できるため、はじめてデリバリーサービスを導入した企業でも注文から配達までミスを発生させずに実施することができます。

UberEatsでの注文をまとめて管理できるbeepデリバリーでより効率的に、ミスなくサービス提供が可能になるため、最近デリバリーサービスを導入した飲食店にはbeepデリバリーの利用をおすすめします。

配達の効率が悪い/時間がかかる

配達の効率が悪いや時間がかかると感じている店舗にもおすすめです。配達に時間がかかってしまうとお客様満足度は下がり、定着してもらうことができません。

注文に応じて、配達担当者を自動で割り振り、近隣地域の注文をまとめて配達することが可能なため、配達効率を向上させることができます。

1つ1つの配達にかかる時間を削減することができ、配達の効率化が可能なため、配達業務の速度に関して、お悩みを抱えている店舗には、beepデリバリーの導入がおすすめです。

デリバリー注文にまだ慣れていない

デリバリー注文に慣れていない場合は、デリバリーという業態では新たなノウハウが必要になるため、ミスが多くなることがあるかもしれません。

店舗での提供と異なり、配達先まで運ぶという作業が追加されます。運ぶという作業においてミスが発生してしまう場合が多いため、一貫して管理可能なbeepデリバリーでカバーすると良いでしょう。

注文から配達のフローにおいて不慣れな部分が多い店舗は注文の管理から配達までを一貫して管理し、人手不足やデリバリーの効率化まで行うことが可能なbeepデリバリーがおすすめです。

まとめ

本記事では、近年増加するデリバリーサービスと合わせて利用できる管理サービスbeepデリバリーを紹介しました。新しい業態で営業する際には課題やお悩みがつきものです。

beepデリバリーというサービスは、インターネット環境とサービスを利用できる端末さえあれば、パソコンが苦手な方でも管理することが可能なので、普段パソコンをしようしない方でも簡単に操作できます。

注文から配達までを一貫して管理することで、ミスの削減から人手不足の解消まで全て実現可能なbeepデリバリー。この機会にぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

                    

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!