LINEのタイムラインを収益化させるには?審査の条件やメリットを解説

LINE(ライン)において、タイムラインを活用した収益化機能が実装されていることはご存知でしょうか。

企業や店舗では、少しでも利益をあげたいと考えているものの新たな方法やSNSの戦略には弱いという場合もあるでしょう。

今回は、「タイムラインの収益化」について必要条件やタイムライン活用のメリットなどについても、解説していきます。

LINEのタイムラインとは?

LINEアプリでは、ユーザーの投稿したコンテンツがリアルタイムに反映される「タイムライン」という機能が存在します。

インスタグラムやフェイスブックなどのソーシャルメディアと同様、写真や動画などのユーザーコンテンツを投稿することが可能なため、利用者の多いサービスのひとつです。

また、2020年からは、タイムラインに投稿された動画コンテンツに広告を表示させる「収益化プログラム」が実装されたため、昨今では新たな副業として注目が集まっています。

LINEの「個人アカウント」と「公式アカウント」の違い

LINEアカウントには、一般のユーザーが使う「個人アカウント」と、企業や店舗などが使う「公式アカウント(旧、LINE@)」の、主に2種類のアカウント種別が存在します。
 
  個人アカウント 公式アカウント
利用ユーザー 個人 店舗や企業
アカウント作成 無料 無料
タイムラインによる収益化 - 可能
使える主な機能 メッセージ、音声通話、ビデオ通話など ショップカード、クーポン、自動応答など
今回の収益化プログラムの対象となるのは「公式アカウントのみ」であるため、LINEによる収益化を目指したい場合には、まずは公式アカウントの開設から行いましょう。
店舗の集客を改善したいなら?
「LINE公式アカウント」の詳細

LINEの「タイムライン機能」が収益化に対応!

タイムライン収益化のポイント

  • 動画に表示される広告によって収益が得られるシステム
  • 投稿できる動画コンテンツの長さは30秒以上かつ20分以内
  • 視聴回数や登録人数が多いほど得られる広告収益も大きくなる

タイムライン収益化の広告種類

タイムラインに表示させることができる広告には「イメージ広告」と「インストリーム広告」の、大きく分けて2種類の広告種別が存在します。

イメージ広告

30秒~2分の動画 最大1つの広告
2分~5分の動画 最大1つの広告
5分~10分の動画 最大1つの広告
10分~20分の動画 最大1つの広告

インストリーム広告

30秒~2分の動画 -
2分~5分の動画 最大1つの広告
5分~10分の動画 最大2つの広告
10分~20分の動画 最大3つの広告

タイプ別のおすすめ広告種別

タイムラインに投稿する動画の長さによって、表示できる広告の種類が異なってくるため、あらかじめチェックしておきましょう。
 
  • 短い動画には「イメージ広告」がおすすめ
  • 長い動画には「インストリーム広告」がおすすめ
ターゲットによって、タイムライン平均視聴時間なども異なってきます。 アナリティクスを分析しながら最適なコンテンツ配信を心がけましょう。

タイムライン収益化の審査条件

タイムライン収益化は誰でも最初から利用できる機能ではありません。

タイムラインによって広告を表示させるためには「一定の条件」や「事前の審査」が必要になります。
 
  • アカウントの登録者が「500人以上」であること
  • 月間の総再生時間が「50時間以上」であること
上記の必要条件を満たし、収益化への審査をクリアすることによって、初めて投稿した動画コンテンツに広告を表示させることが可能になります。

公式アカウント作成直後から収益化プログラムの利用はできないため、登録人数と再生時間を優先して追っていきましょう。

タイムラインの収益化によるメリットは?

 

収益化の審査条件がクリアしやすい

競合の動画プラットフォームと比較して「収益化の審査条件がクリアしやすい」という点が挙げられるでしょう。

YouTubeの場合、「チャンネル登録者数1,000人」と「年間再生数4,000時間」という高いハードルをクリアしなければなりません。

一方、LINEの収益化プログラムであれば、「フォロワー500人」と「月間再生数50時間」程度であるため、参入障壁が低いと言えるでしょう。

集客やブランディングにも活用できる

企業や店舗における「集客やブランディングにも活用できる」という点が挙げられます。

LINEは日本人のおよそ7割が利用する国内最大のコミュニケーションアプリであるため、ターゲットユーザーに向けて、幅広くリーチすることが可能です。

動画コンテンツで広告による副収入を確保できるだけではなく、店舗集客の向上、ブランディング施策の一環としても、効果を見込めるでしょう。

収益源の分散によるリスクヘッジが重要

今回は、LINEにおける「タイムラインの収益化」について解説しました。

新型コロナウイルスの影響によって、飲食店においては、店舗の売上を確保することが難しくなっている現状にあります。

LINEやYouTubeの収益化プログラムなど、二の矢、三の矢を常に準備しておくことで、収益源の分散やリスクヘッジを行っていけるでしょう。
店舗の集客を改善したいなら?
「LINE公式アカウント」の詳細

関連タグ

関連商品

スマホでQRをスキャンするだけ!店内注文・出前・持ち帰りができるマルチサービス!

スマホでQRをスキャンするだけ!店内注文•出前•持ち帰りができるマルチサービス!

スマホでQRをスキャンするだけ!店内注文•出前•持ち帰りができるマルチサービス!
店舗や企業のサービスオンライン化を応援するサイト

店舗や企業のサービスオンライン化を応援するポータルサイト

店舗や企業のサービスオンライン化を応援するポータルサイト
高所得者層への効果的なダイレクトアプローチが可能!

マンションサイネージ広告|高所得者層への効果的なダイレクトアプローチが可能!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

マンションサイネージ広告|高所得者層への効果的なダイレクトアプローチが可能!|機能/特徴・料金/費用・導入事例
初期費用無料!空き場所貸し借りのプラットフォーム!

spacecarry|初期費用無料!空き場所貸し借りのプラットフォーム!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

spacecarry|初期費用無料!空き場所貸し借りのプラットフォーム!|機能/特徴・料金/費用・導入事例

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

ハルエネでんき

インターネット回線の切り替え(光回線)

もっとみる
店舗

Uber Eats(ウーバーイーツ)

電力会社の切り替え

beepデリバリー

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます