• TOP
  • コラム
  • 東京オリンピックはもう目前!あなたのお店は大丈夫?人手不足を解消する求人サイト!

東京オリンピックはもう目前!あなたのお店は大丈夫?人手不足を解消する求人サイト!

東京オリンピックはもう目前!あなたのお店は大丈夫?人手不足を解消する求人サイト!
いよいよ来年に開催が迫ってきた、東京オリンピック・パラリンピック。そのスポーツの祭典を目前に控えた今、いろんな国のファンが生で熱い戦いを一目見ようと、日本に多くの外国人観光客が押し寄せてくることが予想されています。

それに伴い、かつてないほどの多大なインバウンド需要が見込まれ、大きな経済効果が期待されています。このように日本に訪れる外国人観光客の多くは、日本の文化に触れていくことでしょう。
これを機会に、外国人観光客はさまざまな飲食店を訪れて日本の食文化に触れたり、美容大国でもある日本に数多くあるサロンなどを利用するかと思います。
しかしながら、こういった需要とは裏腹に、飲食業界や理美容業界は、深刻な人手不足問題を抱えています。はたしてその原因とはいったい何なのでしょうか?
今回は、高まるインバウンド需要に向けて、人手不足の原因と有効な対策を追求していきたいと思います。

オリンピックのインバウンド需要は4000万人!?

オリンピック・パラリンピックといえば、様々な競技のトップアスリートたちが繰り広げる戦いの数々が一番の魅力です。エキサイティングな戦いは、多くの人々を熱狂させ、そこで生まれるドラマは感動を与えてくれますよね。来年開催される東京オリンピック・パラリンピックも、おそらく多くの人々を魅了することとなるでしょう。

数多くの外国人観光客が来日することで、日本の様々な産業も、経済的な恩恵を受けることになります。現在政府が発表している、観光先進国に達するゴールの設定として、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には、実に4,000万人ものインバウンド客数を見込んでいます。
予想されるインバウンド消費額は、なんと8兆円にものぼると言われ、日本としても、このチャンスは絶対にものにしたいというのが本音といえるでしょう。

人手不足の原因とは?

それでは、なぜ飲食業界や理美容業界で人手不足が起きてしまうのでしょうか? ここではこの2つの業界で起きている、人手不足の主な原因を探っていきたいと思います。
 

飲食業界の人手不足の原因

飲食業界の人手不足の原因としては、以下のものが挙げられます。
 

労働環境の悪さ

飲食業界の人手不足の原因として挙げられるもののひとつは、「労働環境の悪さ」です。

1.過酷な労働環境による肉体的原因
キッチンでは、生鮮食品を扱う場合は低温の場所に、加熱処理を行う調理場の場合は高温の場所に長時間いる必要があります。同じ姿勢での作業が続くこともあり、体力の消耗は相当なものです。

2.クレーム対応による精神的原因
特に居酒屋などの場合は、酔っていらっしゃるお客様のクレームなどに対処しなければいけないため、精神面での負担は無視できません。他にも、人間関係の悪さなども精神的に影響を及ぼす原因となります。

3.長時間労働
飲食業界は休日がかなり少ない業種といえます。一般の業種が休みの時こそ稼ぎ時となるので、自ずと拘束時間が長くなります。スタッフの急な欠勤などがあれば、誰かがその時間分働くことになります。また、繁忙期や、長時間滞在されるお客様の対応などで、既定の労働時間を大幅に超えてしまいます。
 

給与の低さ

飲食業界において、人手不足の原因となっている原因としてもうひとつあるのが「低賃金問題」です。正社員・非正社員を問わず給与が低く、様々な業界の給与を比べた場合、下から数えたほうが早いほどです。パート・アルバイトの給与は最低賃金並みとなるケースも珍しくありません。
 

理美容業界の人手不足の原因

理美容業界における人手不足の原因も、飲食業界と通ずるところがあります。
 

労働環境の悪さ

理美容業界においても、飲食店同様に「労働環境の悪さ」が人手不足の原因となっています。

1.長時間の立ち仕事による肉体的原因
足に痛みが現れてしまうことも珍しくありません。また、パーマを施術する際に使う特殊な薬剤や、シャンプーなどを一日中扱う仕事であるため、どんなに肌が強い人でも、手の荒れは避けられません。

2.責任を感じることからくる精神的要因
ご来店されるお客様は、皆「美しくなりたい」「かわいくなりたい」と思っています。しかし、場合によっては、お客様のご要望に沿ったつもりでも、お客様のイメージにそぐわないヘアスタイルとして受け止められ、クレームに発展することもあります。これがお店の売上に直結するので、責任は重大です。

3.労働時間の長さ
新人やアシスタントは特に、誰よりも早く出勤して、店内の清掃や器具の準備などをしなければいけません。閉店後も、店内の掃除や後片付けがあるうえに、カットやカラーリングなどの個人練習があるため、帰宅するのが深夜に及ぶことが多いです。
 

給与の低さ

理美容業界においても、労働環境の悪さの割に低賃金というのは人手不足の原因になっています。理美容業界では、将来独立を夢見ている人たちが多いです。
しかしスタイリストになれたとしても、賃金は低いのが現状です。厚生労働省が平成26年度賃金構造基本統計調査を行い発表したところ、美容師及び理容師の平均月収は30.2歳で約21万円です。一人前のスタイリストでさえこうなのですから、アシスタントはもっと低賃金になり、中には10万円を切るとも言われています。
 

独立できるまでの年数

多くの理美容師が夢見ているのが「独立」だといっても過言ではないでしょう。一人前のスタイリストになって、いつかは独立したいという夢をもって腕を磨いている人も多いかと思います。
しかし人によって変わりはしますが、独立までにかかる時間は相当な年数を要します。一般的に理美容師たちは、新人のアシスタントから始まり、一人前のスタイリストになるまでには、少なくとも3年は必要だといわれています。
お見せによって様々なステップでテストがあり、すべて合格することでスタイリストになれます。晴れてスタイリストになったとしても給与は低く、結果的に独立できずに終わる人も少なくないようです。

​​​​​​​人手不足の解消には特化型の求人サイトがオススメ

ではこうした人手不足を解決するには、いったいどうしたらいいのでしょうか。

特に有効な手段の一つに「求人方法の見直し」が挙げられます。求人には様々な方法があり、ハローワークに求人情報を出したりお店のホームページで求人情報を掲載するやり方などがあります。
しかし最近ではWeb媒体を利用した求人が注目されています。Web媒体となる求人サイトは、ネットに慣れ親しんだ若年層が積極的に活用しています。求人サイトは掲載できる情報量が多く、お店の雰囲気も伝えられるのが魅力です。自分から求人情報の検索を行うので、比較的モチベーションが高い人が応募してくる傾向にあるようです。

そこで今回は、求人サイトの中でも、各業種に特化したタイプのサイトを厳選してみましたので、ご紹介していきたいと思います。
 

飲食店なら「食べるんだ」

飲食業界に特化した求人サイトが「食べるんだ」です。『飲食店だから働きたい』という強い思いを抱いている人を支援しており、飲食店で働く意欲の高い求職者が利用している求人サイトといえます。

正社員やパート・アルバイトなど、様々な雇用形態で求人を出すことが可能です。掲載している業種も多種多様なのも特徴で、飲食に専門特化した求人サイトならではの、日本全国の求人を1万件以上掲載しており、更新頻度が高いのも売りです。

採用が決まるまでは、掲載などにかかる費用は0円となっています。採用が決定してから費用がかかるという流れになるので、お店側にかかるコストを最小限に抑えられます。

また、プロのキャリアコンシェルジュが人材を紹介します。「今までなかなか人材が確保できなかった」という悩みを抱えているお店でも、コンシェルジュサービスが解決してくれます。
 
「食べるんだ」を詳しく見る
 

​​​​​​​理美容なら「キレイにスルンダ」

理美容業界であれば、特化型の求人サイト「キレイにスルンダ」がおすすめです。慢性的に人手不足問題を抱えている理美容業界で、働く楽しさややりがいを広く知ってもらおうと様々なコンテンツも充実しています。

業界の中でも取り扱っている求人数はトップクラスです。理美容業界だけに特化している求人サイトでありながら、4万件ほどの求人が掲載されているというのは大きなメリットといえます。

また一言で「理美容業界」といっても様々な職種があります。「キレイにスルンダ」では、ヘアサロンはもちろんのこと、ネイルサロンやエステサロン、さらにはブライダル・カイロプラクティック・鍼灸師など、実に幅広い職種を網羅しています。

採用が決まるまでは、「完全無料」で求人掲載が可能となっており、人材を低コストで募集したいというお店にピッタリです。

その他、キャリアコンシェルジュも存在するため、応募してきた求職者の希望が合えば、優先的に誘導するため、効率的な人材確保ができます。
 

まとめ

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、まさに「特需」といってもいいほど、インバウンド需要が見込めます。多くの外国人観光客が、スポーツの祭典を楽しみながらも、日本の「食」と「美」を堪能していくことになるでしょう。

そうした中で、飲食業界も理美容業界も、人手不足が原因となるサービスの低下が解決しないままでは、十分な「おもてなし」が提供できないという事態に陥りかねません。そこで、人手不足の解消に向けて、根本的に求人の見直しを行い、サービスの向上に備えるべきであるといえるでしょう。

ぜひ「食べるんだ」や「キレイにスルンダ」を最大限にご活用いただき、人手不足の解消に役立てていただければと思います。
 

関連タグ