• TOP
  • コラム
  • 「Times Pay(タイムズペイ)」で簡単にクレジット決済の導入を!

「Times Pay(タイムズペイ)」で簡単にクレジット決済の導入を!

「Times Pay(タイムズペイ)」で簡単にクレジット決済の導入を!
現在までの日本の決済手段の現状や、近年ますます増加している訪日外国人のインバウンド対策としても、急務とされているキャッシュレス決済の浸透。

2019年10月より遂に行われた消費税増税に合わせて、消費者とともに店舗を運営する中小企業もサポートするかたちで「キャッシュレス・消費者還元事業」も始まっています。これに参加するキャッシュレス決済サービスのひとつとして「Times Pay(タイムズペイ)」をご存知でしょうか。クレジットカード決済はもちろん、各種電子マネー決済も可能にできる便利なサービスなのです。

ひとつのサービスで複数のキャッシュレスサービスを導入することができるのは魅力的ですよね。今回はそんな「Times Pay(タイムズペイ)」についてご紹介していきます。
 

2019年10月から「キャッシュレス・消費者還元事業」が本格開始!

2019年10月1日より、消費税の増税が行われました。
これまでの8%の税率から、10%へと引き上げられたかたちになります。消費税増税自体は2014年4月に行われた5%から8%への引き上げから、5年半振りの実施となります。今回の増税では、軽減税率が設定されていたり、各地でプレミアム商品券の販売が行われたりと、消費者向けの対策も多岐に渡って行われていますよね。
また、消費者だけでなく中小企業や個人事業主も対象にした対策として注目を集めているのが「キャッシュレス・消費者還元事業」。

こちらの事業は、対象となるキャッシュレス決済かつ対象店舗での買い物をする際に、2%もしくは5%が還元される仕組みになっています。消費者はこの制度を利用することで、少なくとも増税分、もしくはそれ以上の還元を受けられることでお得に買い物ができるようになるのです。

また店舗側も、決済手数料やキャッシュレス決済導入費用のサポートを受けられる点に注目したいところ。今後ますますキャッシュレス決済化が推進されていくなかで、今回の制度を利用してキャッシュレス決済を導入すれば、通常よりもお得にサービスを開始できるようになっています。
今後東京オリンピックや大阪万博などの国際イベントが開催される日本において、2025年までにキャッシュレス決済率40%を目標としていますが、このキャッシュレス・消費者還元事業によって、よりキャッシュレス決済の導入・浸透が進むという期待も持たれています。(参考サイト:キャッシュレス・消費者還元事業HP)

>>飲食店におすすめのキャッシュレス決済はこちら!

キャッシュレスの導入は今からでも間に合います!

キャッシュレス決済サービスの導入について「もう遅いのではないか」「キャッシュレス・消費者還元事業はもう間に合わない」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。キャッシュレス・消費者還元事業は、まだまだ間に合います。まずは加盟店登録が必要になりますが、この加盟店登録は2020年4月末まで、キャッシュレス・消費者還元事業の実施期間も2020年6月末までの予定となっています。
もちろんキャッシュレス決済サービスの導入自体はいつでも可能ですし、少しでもお得に始めたいという場合は、是非この「キャッシュレス・消費者還元事業」のタイミングを利用して導入してみてはいかがでしょうか。

集客・業務効率化も期待!最適なキャッシュレス決済サービスについて相談してみる

「Times Pay(タイムズペイ)」ならクレジットや電子マネーの導入が簡単

では、手軽に導入できることが魅力のTimes Pay(タイムズペイ)についてご紹介していきます。
どのような特徴があるのか、わかりやすくご紹介していきましょう。
 

「Times Pay(タイムズペイ)」とは?

Times Pay(タイムズペイ)とは駐車場やカーシェアリングで有名な「Times」を運営するパーク24が展開しているキャッシュレス決済サービスです。
この1つのサービスでクレジットカード、各種電子マネーでの決済を可能にした非常に便利なサービスです。導入費用やランニングコストを抑えた上で、消費者にとっても便利な決済方法を可能にしたサービスなので、注目されています。
また売上に対する入金サイクルに関しても月2回に設定されていて、毎月15日までの売上は月末日、月末日締め分の売上は翌月15日に入金されるようになっています。また、入金用の銀行口座に関してもどの銀行口座でも対応可能で、入金手数料も無料としています。
   

タイムズペイの主な特徴

決済処理が簡単

Times Pay(タイムズペイ)の特徴のひとつとして注目したいのが、決済処理がよりスムーズに行える点。
決済端末は小さなサイズ且つ、持ち運びも可能となっていて、サービスを利用する際に使うアプリもわかりやすい内容で作られています。2018年にパーク24が行ったアンケートによると、加盟店の80%が決済アプリの使いやすさに満足をしているようです。
 

導入費用等が0円から

サービスの利用に必要なタブレット・カードリーダー・プリンターの専用機器3点セットの導入コストも実質0円からとしていて、追加費用等の必要がありません。
加えて、月額利用料等のランニングコストも無料となっています。端末、回線工事費、ランニングコストの負担なく、すぐに始められるサービスとも言えるでしょう。
 

安心のサポート体制

Times Pay(タイムズペイ)では、その手厚いサポート体制にも定評があります。
導入時に関しては専属のスタッフがサポートしてくれ、導入後もサポートセンターによって全面的にフォローしてくれるようになっているのです。365日年中無休(9:00-23:00)の対応となっているので、何かお困りごとがあった際にも、このサポートセンターの存在で、安心してサービスを使えるのではないでしょうか。
 

利用可能な決済サービス

利用可能な決済サービスは以下の内容となっています。
 
クレジットカードブランド ・VISA ・MasterCard ・JCB 
・DISCOVER ・AMERICAN EXPRESS
・Diners Club
電子マネー ・Suica ・PASMO ・Kitaca
・TOICA ・ICOCA ・manaca
・SUGOCA ・nimoca ・はやかけん
・nanaco ・WAON
以上、主要6ブランドのクレジットカードと11の電子マネーによるキャッシュレス決済サービスが可能になります。多様なキャッシュレス決済が可能になることで、より使いやすい決済手段としてお客様にも提供できるでしょう。
 

決済手数料

Times Pay(タイムズペイ)を導入する上で、気になる決済手数料についてですが、クレジットカードのVISAとMasterCard、電子マネーの場合は3.24%、クレジットカードの中でもJCB・DISCOVER・AMERICAN EXPRESS・Diners Clubの場合は3.74%~となっています。
ただし、Times Pay(タイムズペイ)は冒頭でご紹介した「キャッシュレス・消費者還元事業」に参加しているサービスのため決済手数料がお得にできるようになっています。
導入を検討している場合は是非チェックしてみてください!
 

「キャッシュレス・消費者還元事業」でお得に!

Times Pay(タイムズペイ)は「キャッシュレス・消費者還元事業」のもと、クレジットカードも電子マネーについても、決済手数料が一律の2.16%としています。
対象期間はこの事業の期間である2019年10月1日~2020年6月30日まで。長期間に渡り、決済手数料がお得になるので、是非この機会にサービスの導入をおすすめします!
※ただしクレジットカードの「DISCOVERに関しては決済手数料補助の対象外となります。

>>Times Pay(タイムズペイ)について、無料相談してみる!

まとめ

今回は、一つのサービスでクレジットカード決済と電子マネー決済を可能にする「Times Pay(タイムズペイ)」についてご紹介しました。導入コストの負担なく、簡単に始められるキャッシュレス決済サービスをお探しの場合はおすすめです!
こちらのサービスも今なら「キャッシュレス・消費者還元事業」のもとで非常にお得に導入・利用できるようになっています。クレジットカード決済や電子マネー決済の導入を検討しているかたは是非チェックしてみてくださいね!

自分の店舗に合っている集客ツールやキャッシュレス決済はどれ?無料相談はこちら
 

関連タグ