POSシステムとPOSレジの違いとは?種類や導入メリットを解説      

POSレジやPOSシステムはスムーズな会計作業を実現するレジとして飲食店や様々な業界の店舗で重宝されています。

しかし、「POSシステムと聞くけどどんなシステムなんだろう」、「POSレジはどのような機能があるの?」という疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はPOSシステムとPOSレジの違い、POSレジの導入業種、導入メリットを詳しく解説していきます。

POSレジを検討している店舗やPOSレジについて調べ始めたという方はぜひ最後までチェックしてみてください。

 

 POSとは?

POSレジの画像POSは、Point of Saleの略称で、販売時点情報管理のことを指します。

販売時点情報管理とは、商品名や価格など、物品販売における売上実績を単品単位で集計できる仕組みを指します。

POSの活用におすすめの業界・業種      

様々な業界をイメージした画像
・スーパーマーケット
・コンビニエンスストア
・ドラッグストア(薬局)
・アパレルショップ
・外食産業(飲食店)
・ガソリンスタンド
・ホテル・旅館売店
・テーマパーク
・病院

POSシステムとPOSレジの違いとは?        

疑問を抱く人の画像POSシステムは「仕組み」そのものを指し、POSレジは「POSシステムが内蔵されたレジ」のことを指します。

POSシステム(POSレジ)の種類

スーツ姿の女性

パソコン型POSレジ

パソコン型POSレジは、パソコンを使ってレジ業務を行うことです。

パソコン1台あればすぐに利用をはじめることができますが、キャッシュドロアーをはじめ周辺機器は別で用意が必要です。
 

タブレット型POSレジ

タブレット型POSレジは、タブレットを使ってレジ業務を行うことです。

タブレット端末とWi-Fi環境さえあればすぐに利をはじめることができるので、初期費用も抑えることができます。

ターミナル型POSレジ

ターミナル型POSレジは、レジ機能とPOS機能が一体となった、POS専用に作られたレジのことです。

今までのレジと操作方法がほとんど変わらないものもあり、POSレジを導入したことのなかった方も扱いやすいことが特徴です。

 POSレジを導入するメリット 

メリットという文字の画像

会計時の正確さ

POSレジなら、会計を行う際に商品のバーコードを読み取るだけで、金額や種別などの商品データが自動で反映されます。

スタッフが直接手打ちで打ち込まないので、正確かつスピーディーに会計業務を行うことができます。

また、支払い方法の多用化に対応できるのはもちろん、軽減税率やインボイスも柔軟に対応することができます。
 

データを活用できる

POSレジは、どのような顧客が、いつ、どの時間帯に、どの商品を、いくつ購入したといったデータが蓄積されます。

データを活用することによって、商品開発や価格設定、販売方法などの検討に役立てることができます。

売上データ、販売データをクラウド管理できる機能が備わったタイプは、飲食業界でも重宝されます。

ミスや不正を防ぐ

POSレジは商品情報を商品情報を登録しておくことができるので、精算時にスタッフによるミスが起こる心配がありません。

また、POSレジはレジの使用ログが残すことができるので、いつ誰が会計作業を担当したのかを確認することが可能です。

手打ちでの作業ではなくなることで、人為的ミスやレジ担当者による不正防止にもつながるため、業務効率化が期待できます。

POSシステムデータ活用のコツ 

コツを説明する女性

売れている商品・売れていない商品を見極める

POSレジはいつ・どの商品が・どんな価格で・いくつ売れたかなどの販売データを記録することができます。

データを用いて売れている商品を見つけ、売れる時間帯も分析することで商品の仕入れや開発につなげていきましょう。

反対に、在庫が余ってしまっている商品の仕入れを止めるなど、データを有効活用することもおすすめです。

顧客データで売上をあげる戦略を立てる

POSレジはいつ、だれが、どの商品を購入したかなどの顧客データを記録することができるようになっています。

データを集計することによって、次に打ち出すサービスを検討し、顧客満足度を上げる仕組みを生み出すことにもつながります。

顧客データを分析したうえで、セール日の選定や値下げのタイミングなどを選ぶことにも活用することができるでしょう。

POSシステム導入を成功させるポイント  

ポイントの画像

目的を決める

あらかじめ自社がどのような目的で導入するのか、何を求めているのかを明確にしておきましょう。

POSレジは新たにシステムやアプリをダウンロードして使うので、当然ながらコストが発生します。

限られた機能で十分か、拡張機能は必要かを確認する必要があります。業務効率化、コスト削減など目的に合わせた使い方を意識しましょう。

サポート体制に着目する

システムをインストールして使用するので、動作環境や周辺機器との相性など、不具合が生じてしまう可能性があります。

導入する会社がどのようなサポート体制を採っているかはあらかじめよく確認をしておきましょう。

営業時間内に使えなくなってしまうことのないように、24時間サポートできる会社を選ぶことがおすすめです。

誰でも使える機能かを確認する

POSレジを実際に使うのは現場で働くスタッフです。導入したシステムが誰でも操作ができて、柔軟な機能性のあるものを選ぶことが大切です。

飲食店での使用の場合、iPhoneに、専用アプリをインストールするだけで、スマートフォンをハンディ端末として利用できるものもあります。

使いやすいサービスを選ぶこととともに、試用できるのであればスタッフに実際に試して意見を聞いてみることもおすすめです。

月額0円から使える飲食店特化型POSレジblayn

blayn(ブレイン)は、飲食店特化型のPOSレジです。必要な機能だけをそろえたシンプルデザインが特徴です。

タッチパネル・レシートプリンタ・料金ディスプレイが一体型となっており、機能を絞り込んだ無駄のない設計で、省スペース化を実現できます。

売上データの蓄積はもちろん、オーダーをスマホで取ることができる機能も搭載されているので、誰でも簡単に使えます!

全てのプランで24時間365日の無料電話サポートが受けることができ、トラブルがあっでもいつでも対応できます!

もちろん飲食店以外でも導入可能!ネイルサロンをはじめとするサービス業でも導入されています。

▶POSレジblaynの詳細はこちら
 

まとめ    

POSレジの導入によって、データを自動で管理することができるので、店舗運営の効率化から、経営戦略を立てられるなどのメリットがあります。

しかし、種類が多い分どれを選んでいいか分からなかったり、コストが高く運用できない不安もあると思います。

blaynなら、月額0円と業界最安級で使うことができます!必要な機能だけが詰まったシンプルなデザインで、もちろんサポート体制も万全です!

お問い合わせをお待ちしています!

▶POSレジblaynの詳細はこちら

 

関連タグ

関連商品

契約関連業務をワンパッケージで提供!電子契約サービス

契約関連業務をワンパッケージで提供!電子契約サービス

契約関連業務をワンパッケージで提供!電子契約サービス
戦略にマッチしたECサイト出店代行サービス!

戦略にマッチしたECサイト出店代行サービス!

戦略にマッチしたECサイト出店代行サービス!
アポイント代行で商談や顧客対応に集中!

アポイント代行で商談や顧客対応に集中!

アポイント代行で商談や顧客対応に集中!

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる
店舗

電力会社の切り替え

インターネット回線の切り替え(光回線)

ガス会社の切り替え

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

050-5050-0116

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEで無料相談する

LINEからもお気軽にご相談いただけます