• TOP
  • コラム
  • iPadレジとは?特徴・機能・初期費用・一般的なレジとの違いを解説
iPadレジとは?特徴・機能・初期費用・一般的なレジとの違いを解説

iPadレジとは?特徴・機能・初期費用・一般的なレジとの違いを解説

wizマガジン編集部

インターネットやクラウドサービスが進化するに従い、店舗で利用する「レジ」も大きな変化を迎えています。今では、普段から使用しているiPadをレジとして使用できるということをご存知ですか?

iPadレジを利用すれば、通常の会計機能はもちろん、クラウド上に保存した売上や顧客データを活用して販売力を向上させることも可能です。

今回は、そんなiPadレジに関して次のような解説を行っていきます。
この記事を読むだけで、iPadレジの基本的なことがマスターできます。飲食店や小規模の小売店を経営している方に最適となるため、ぜひご確認ください。

iPadレジとは?特徴や機能を紹介

iPadレジとは、店舗で使うレジスター(金銭登録機)をタブレットやスマホから利用できるサービスのことです。

決済機能のほか、在庫管理、売上管理、顧客管理まで対応しています。iPadレジは「POSレジ(販売時点情報管理)」の一種であり、ユーザーと金銭のやり取りが発生した時点で販売情報を管理することが可能です。

iPadにレジアプリをインストールするだけで利用できるため、導入~ランニングコストが少なくて済み、飲食店を中心に導入が進んでいます。

今回はiPadレジの特徴や機能について詳しくお伝えしていきますので、低コストのレジスターをお探しの方は、ぜひご参考ください。

iPadレジの特徴

iPadレジの特徴は様々ですが、特に優れている点は次の3つに絞ることができます。

  • 1顧客データをクラウド上で管理
  • 2データをいつでも引き出して分析に使える
  • 3操作が簡単
 

iPadレジは、一般的なレジスターのように固定型の大きな端末を用意する必要はありません。専用のアプリを端末にインストールするだけで利用可能です。

たとえば、飲食店だと、顧客からの注文をiPadに入力するだけでオーダーがレジ端末に送信されます。その情報に従って注文金額が自動計算されるため、非常にスムーズな決済が可能です。

また、顧客の注文内容は自動的に集計されクラウド上に保管されます。「いつ」「何が」「いくつ」「いくらで」売れたのかという情報を自由に引き出すことができるため、顧客分析やマーケティングに役立つといえるでしょう。

では、iPadレジにはどのような機能があるのでしょうか。以下で詳しくお伝えしていきます。
 

iPadレジの機能

iPadレジの機能は次の通り多種多様です。

  • 1クレジット決済
  • 2商品管理
  • 3在庫管理
  • 4売上管理
  • 5顧客情報管理

iPadレジの機能はインストールするアプリによっても異なりますが、基本的に上記5つのものが付属していることがほとんどです。上記の通り管理機能に特化しているため、データを生かしてマーケティングや売上向上につなげることができるでしょう。

それぞれの機能について詳しい特徴は以下をご覧ください。

機能(1)クレジット決済

iPadレジは、クレジットカードリーダーと連動させることが可能です。周辺機器であるクレジットカードリーダーを取り付けると、顧客はカード払いで決済を行うことができます。もちろん、デビットカードや電子マネー、QRコード決済にも対応しています。

機能(2)商品管理

iPadレジのアプリには、自社商品やサービスを登録しておくことができます。タブレットなので操作も簡単で、商品名や価格なども自由に変更可能です。また、品目ごとに商品を登録するため、商品管理にも最適といえるでしょう。

機能(3)在庫管理

iPadレジでは、登録した商品の在庫数が表示されます。リアルタイムの在庫管理につながるため、仕入の調整や価格変更などにも役立ちます。また、棚卸しの時間を大幅に削ることも可能です。

機能(4)売上管理

iPadレジの売上情報はすべてクラウド上に保存されます。売上データは、時間・日・週・月に分類することができ、グラフや表によって一目で販売状況が把握可能です。売上金額が少ない日でも、データを分析することで新たな課題や解決策が見つかりやすいといえます。

機能(5)顧客情報管理

一度店舗に訪れてくれた顧客であれば、顧客情報を登録しておくことで管理・分析が可能となります。来店歴や注文した商品、平均購入単価などクラウド上に保管し、いつでも参照することが可能です。

このように、iPadレジは特に「管理・分析」に大きな強みを持っています。顧客や商品など様々なデータを活用し、売上や利益率を向上させたい経営者の方に向いているのです。

ただ、従来型のレジとiPadレジ、どちらを購入しようか迷っている方も多いのではないでしょうか。以下でそれぞれの違いを解説していますので、よろしければご確認ください。

iPadレジと一般的なレジの違いとは?

iPadレジと一般的なレジとの違いは次の3つです。

  • 1iPadレジは持ち運びができる
  • 2iPadレジは顧客情報のデータ化ができる
  • 3iPadレジは導入や運用コストが安く済むことが多い

上記の通り、iPadレジは一般的なレジより優れた面が多くなっています。今までのレジにはないiPadレジの強みといえるので、以下でより詳しく解説していきましょう。

違い(1)iPadレジは持ち運びができる

iPadレジはタブレットにアプリを導入するだけで済み、簡単に持ち運びができます。

一般的なレジの場合、端末が固定されているため利便性に欠けるという点が課題でした。しかし、iPadレジは端末とタブレットがネットワークで連動しているため、距離が離れてもデータを連動させることができます。

たとえば、飲食店の場合、iPadそのものが注文シートになり、顧客からオーダーをとることが可能です。また、イベントへの出展、キッチンカーといった移動販売にも役立ちます。

違い(2)iPadレジは顧客情報のデータ化ができる

iPadレジにはPOSが搭載されています。POSとは「販売時点情報管理」のことで、商品の販売や支払いが行われた時点で、顧客や売上情報を蓄積するシステムのことです。

今までのレジであれば、単純に売り上げた金額を計算し、それを記憶しておくだけの機能が主な使い方でした。しかし、iPadレジは、販売に関わるあらゆるデータを収集し、情報を分析することも可能です。

違い(3)iPadレジは導入や運用コストが安く済むことが多い

従来のレジは、初期費用として数十万~100万円以上ものコストが発生していました。しかし、iPadレジであれば、数万円程度の初期費用で済むことも珍しくありません。タブレットとアプリを主軸に使うため、大掛かりな端末を買う必要がないからです。

ランニングコストもほとんど発生しないため、小規模の小売店に最適なサービスといえるでしょう。

iPadレジの初期費用・平均価格

iPadレジの初期費用は、一般的におよそ5~20万円ほどで済みます。一般的なレジを導入する場合に比べ、30万~100万円ほどの費用を節約することができるため、小規模な店舗を運営する方にとって大きなメリットです。

iPadを保有していないという方でも、iPhoneを持っていれば代用が利きます。iPadを新しく購入するときも、9.7インチで3万~4万円ほどで済むため、一般的なレジより安上がりで済みます。

一方で、キャッシュドロアやレシートプリンターが必要という方は、周辺機器として別で購入しなければなりません。キャッシュドロアの平均価格は約8,000~1万円、レシートプリンターは2万~3万円といった相場です。

iPadがあれば最低限の機能は使えますが、必要に応じて周辺機器も用意するようにしてください。

まとめ

iPadレジとは、クラウド上で商品や顧客データを管理できる販売システムのことです。通常のレジ機能に加えてデータ分析もできるため、マーケティングや売上向上に役立ちます。

今回は、iPadレジの特徴や機能、初期費用などをお伝えしてきました。少しだけおさらいしておきましょう。

  • 1iPadレジの特徴は、商品や顧客情報を保管し分析に役立てられること
  • 2iPadレジの機能には、クレジットカード決済や商品・売上管理などがある
  • 3iPadレジの初期費用は、およそ5万~20万円程度と低コストで済む

また、iPadレジのアプリには様々な種類があります。経営する店舗の規模や出店数、利用する機能に応じて最適なアプリを選びましょう。
当サイトでは、おすすめのサービスも紹介していますので、ぜひそご参照ください。

blaynを詳しく見る

パワーナレッジを詳しく見る

あなたにぴったりの
プランをご提案します

ワイズクラウド相談窓口
受付時間:平日9:00-18:00
(土, 日, 祝, 年末年始除く)
中小企業の人事が使いたいサービスNo.1
5分で簡単求人投稿

関連商品

ITEM

新着コラム

COLUMN