【徹底解説】クラウドPBXとは?価格や導入費用はもちろん、機能や業界シェア・ビジネスフォンとの関係まで

「最近PBXという言葉をよく耳にするけど、価格はどれくらい?」 オフィスへ電話機の導入を検討する方は、このような疑問を抱くことも多いはずです。最近では、ビジネスホンよりも便利なPBXという言葉が、ネットやメディアなどでも目を引きます。

そこで今回は、オフィスで電話機として利用できるサービスの価格を比較してみました。ビジネスはもちろん、PBX、クラウドPBXという計3種類が対象です。初期費用や運用コスト、通話料といった細かい項目を知りたい方におすすめします。

リモートワーク導入ガイドを無料公開中!!

ガイドブック

【導入事例付き】リモートワークを検討されている方必見!導入の手順・メリット・ポイントなどをわかりやすくまとめています。

資料のダウンロードはこちら

クラウドPBXとは

クラウドPBXは、会社内で利用するビジネスフォンなどをつなぐ交換機(PBX)を、建物内ではなくクラウド上に設置し、インターネット回線を通じて通話や通信を行うサービスです。交換機の設置場所を選ばずに電話環境が構築できるうえ、電話設定も電話機だけでなくアプリやブラウザで簡単に行うことができます。
クラウド上に交換機を設置するため、これまで社内でしか受けられなかった内線電話や、会社の固定電話にかかってくる電話を、登録したスマホで外出先でも受け取れるようになります。外出が多く、連絡の入れ違いも多い営業マンなどは、クラウドPBXであればスムーズでスピーディーな対応が可能になるメリットがあります。

PBXの種類

クラウドPBXのように、内線や外線の発着信制御を行う「PBX」には、一般的に「レガシーPBX」「IP-PBX」「クラウドPBX」の3種類があります。

歴史の長い「レガシーPBX」は、主導交換器が導入された100年以上前に登場しており、今日までさまざまな改良を重ねられてきました。建物内にPBXのメイン装置を設置し、電話回線同士を接続して、それらの電話線に電気信号を流して通信を行います。

外線をIP電話へ振り分ける「IP-PBX」は、インターネット回線を使って内線通話のシステムを構築したものです。内線電話ネットワークと、コンピューターのネットワークを統合して、高度な通信システムを確立しています。

そして「クラウドPBX」は、クラウド上に設置したPBXをインターネット回線経由で、電話機やスマホなどの端末に接続して利用します。音声信号や制御システムなども、すべてデジタル処理を行います。インターネット環境下の相手には内線電話を行えるほか、エリア外の相手にはアナログ返還をすみやかに行うなど、柔軟な対応が可能です。
 

クラウドPBXの特徴

PBXをより進化させたサービスに「クラウドPBX」が登場しました。基本的な機能や使い方はPBXと同じですが、クラウド(インターネット)上で電話機同士を接続できるという特徴があります。

クラウドはネット環境さえあれば誰でも利用できるため、PBXのように構内交換機を買う必要がありません。クラウド上で各電話機を管理し、そのなかで設定まで可能です。

また、普段から使用しているスマホを内線化できる点が、クラウドPBXの最大の強みといえるでしょう。ビジネスホンと同じように、スマホでも発着信・内線・保留・転送といった機能が使えます。

さて、ここまで、ビジネスホン・PBX・クラウドPBXと3種類のサービスをお伝えしてきました。それぞれ独特の機能があるため、価格にも大きな違いが存在します。次の章より、各サービスの価格と費用相場を紹介していきます。
 

クラウドPBXと接続できる電話機の種類

基本的に「クラウドPBX」を導入する際、接続できる電話機には「スマホ・タブレット」「SIPフォン」「ソフトフォン(パソコン)」3種類があります。
クラウドPBXは、社内に交換機を置かずクラウド上に設置するため、国内外問わずインターネット環境さえあれば、電話機でなくてもスマホやパソコンがビジネスフォンの役割を果たします。
スマホやパソコンがビジネスフォンになれば、社内にいなくても会社へかかってきた電話や、社内の内線電話を外出先で受けることができます。こうしたクラウドPBXの機能は、近年「テレワーク」や「在宅ワーク」の推進に一役買っており、有効に活用できるようになっています。
 

クラウドPBX導入によるメリット

クラウドPBXを導入することで、どういったメリットがあるでしょうか。
最も大きなメリットとしては、導入・運用コストを押さえることができる点にあります。社内に交換機の設置が必要ないため、機器の設置にかかる工事が必要ないことから、初期費用を大きく抑えられます。またクラウドPBXは、インターネット回線を利用したIP電話になるので、これまでの電話回線のように電話用やFAX用など、何回線も契約する必要がなく、運用していくランニングコストも抑えることができます。

また電話機以外にも、スマホやタブレット、パソコンに入れたソフトフォンなど、複数の端末で電話の利用が可能になります。電話機の場合は、引っ越しや移動の際に内線番号・電話機の設定を変える必要がありましたが、クラウドPBXであればその必要もなくなります。
テレワークやコールセンター業務にも有効なクラウドPBXは、カスタマイズ性の高いサービスなので、IVRや着信設定といった追加機能も自由に組み合わせることができます。

ビジネスホン・PBX・クラウドPBXの違い

オフィスで利用する電話機には様々なサービスがあります。今でいえば、主流はビジネスホン(ビジネスフォン)、PBX、そして新技術が搭載されたクラウドPBXも注目を集めています。

初めてオフィスに電話機を導入するという方は、特にそれぞれの違いを押さえておくべきでしょう。なぜなら、電話機のサービスによって価格が大きく異なるからです。

自社の企業規模やオフィス電話機を使用する目的などによって必要となる機能に差があります。そのため、適切な機能とそれに見合った価格の電話器を選びましょう。

ここでは、ビジネスホン・PBX・クラウドPBXの違いをお伝えしています。自社に最適な電話機を選べるよう、それぞれの特徴を押さえていきましょう。

ビジネスホンの特徴

ビジネスホンとは、1つの電話回線で複数の電話機が利用できるサービスのことです。家庭用電話機だと1台ごとに電話回線を契約しなければなりませんが、ビジネスホンは1契約だけで済みます。

また、それぞれの電話機を内線で繋げることもできます。内線は通話料が発生しないため、社内であれば無料で会話を行えるのです。家庭用電話機から乗り換えた場合、固定費や通話料を劇的に抑えることができるでしょう。

PBXの特徴

PBXは、ビジネスホンと同じように複数の電話機同士を繋げることができます。

ただ、構内交換機と呼ばれる中枢設備で電話機同士の接続を行うため、ビジネスホンより繋げられる台数が増えます。最高100台程度までのビジネスホンと比べ、PBXは数千台を同時に接続することが可能です。

しかし、構内交換機の価格が高いため、どちらかというと大企業やコールセンター向けのサービスとなります。複数の拠点間同士の電話機まで内線化できるため、規模の大きい事業に最適といえるでしょう。

クラウドPBXの特徴

PBXをより進化させたサービスに「クラウドPBX」が登場しました。基本的な機能や使い方はPBXと同じですが、クラウド(インターネット)上で電話機同士を接続できるという特徴があります。

クラウドはネット環境さえあれば誰でも利用できるため、PBXのように構内交換機を買う必要がありません。クラウド上で各電話機を管理し、そのなかで設定まで可能です。

また、普段から使用しているスマホを内線化できる点が、クラウドPBXの最大の強みといえるでしょう。ビジネスホンと同じように、スマホでも発着信・内線・保留・転送といった機能が使えます。

さて、ここまで、ビジネスホン・PBX・クラウドPBXと3種類のサービスをお伝えしてきました。それぞれ独特の機能があるため、価格にも大きな違いが存在します。次の章より、各サービスの価格と費用相場を紹介していきます。

CLOUDPHONE

外出先で内線・外線通話や転送などが可能になるスマートフォンサービス

ビジネスホンの価格・費用相場

ビジネスホンの価格・費用相場は次の通りです。最新型のオフィス電話サービスに比べ、非常に安い価格で用意することができるため、中小企業や小規模事業者、個人事業主に向いています。

初期費用

ビジネスホンを導入するには、電話機や交換機の購入から配線の設定、初期設定・工事の費用が発生します。

電話機の価格は、約3万~4万円が相場です。中古品だと約3分の1程度まで価格が下がります。仮に3万円の電話機を10台用意すると、それだけで30万円の購入費が必要です。

また、各電話の内線化に必要な交換機は、約10万円前後で購入できます。ただ、接続台数が多くなるほど高額な交換機が必要なので、その場合は50万~60万円程度の購入費を見込んでおきましょう。

配線や初期設定、工事費用は、約10万円前後となっています。交換機の性能によって価格が変化し、高額な場合は約30万~40万円ほどの費用が必要です。

運用コスト

ビジネスホンを契約する場合、基本的に運用コストは必要ありません。ただ、事業所を移転する際などは、追加で設定・工事費用がかかることもあります。また、リース契約の場合は月額料金が必要です。

通話料

ビジネスホンの通話料は、サービス会社によって異なります。たとえば、NTTの「ひかり電話」の場合、音声通話の料金は3分あたり8円です。

PBXの価格・費用相場

PBXの価格や費用相場は次の通りです。ビジネスホンに比べ価格が高くなりがちなので、初期費用や通話料などはしっかりと把握しておきましょう。

初期費用

PBXは高性能な構内交換機を設置する必要があるため、ビジネスホンよりも初期費用が高くなります。構内交換機の価格は、安いもので50万円程度ですが、高額なものでは700万~800万円ほどです。

ただし、電話機の価格はビジネスホンと同じで、約3万~4万円が相場となっています。

配線や工事費用は約10万円前後ですが、高額な構内交換機だと30万~40万円ほどの費用が必要です。

運用コスト

PBXの場合は、基本的に運用コストはかかりません。ただし、IPサービスを連動(IP-PBX)させたり、クラウド型に乗り換える場合には、月2,000~5,000円の使用料が必要です。

また、事業所の移転などで追加の工事費用が発生することもあります。

通話料

PBXの通話料はビジネスホンと変わりません。NTTの「ひかり電話」の場合だと、3分あたり8円という料金体系になっています。また、IPサービスと連動した場合はインターネット回線を使うため、通話料は無料になるケースがほとんどです。

クラウドPBXの価格・費用相場

クラウドPBXの価格・費用相場は以下の通りです。PBXよりも大幅に初期費用を抑えることができ、なおかつビジネスホンよりも豊富な機能が揃っているため、中小企業から大企業まで幅広い層におすすめのサービスです。

初期費用

クラウドPBXの初期費用は、電話機の購入費用、サーバーの設定・登録料などが必要です。ただ、構内交換機が要りませんので購入費や工事費は必要ありません。

新品の電話機であれば、約3万~4万円ほどの価格で購入できます。また、クラウドPBXはスマホを内線化することができるため、より電話機の購入コストを抑えることが可能です。サービス会社によっては、スマホ1台あたり100円で利用できることもあります。

サーバーの初期設定や登録、その他諸々の費用を合わせると、手続きには約5万~10万円が必要です。

運用コスト

クラウドPBXの場合、クラウドシステムを利用するため月額利用料が発生します。月2,000~3,000円(1回線あたり)が相場です。ただ、事業所を移転した場合も工事費用が発生しない点は、大きなメリットといえるでしょう。

通話料

クラウドPBXの通話料は、ビジネスホンやPBXと同じです。ベンダーによって異なりますが、3分あたり8円が相場となっています。

【まとめ】オフィス用の電話機はクラウドPBXがおすすめ!

今回は、ビジネスホン・PBX・クラウドPBXという3つのサービスの価格を紹介してきました。

もっとも高額なのはPBXですが、接続できる台数が多いため、大企業やコールセンターにとってはコスト削減に繋がります。また、ビジネスホンは、PBXとクラウドPBXの中間に位置します。

オフィスで電話機を導入するなら、やはりクラウドPBXがおすすめです。

クラウドPBXは価格がもっとも安いだけではなく、ビジネスホンよりも便利な機能が揃っています。スマホを内線化できる点は大きなメリットといえるでしょう。そのため、大企業やコールセンターはもちろん、中小企業や個人事業主にもおすすめです。

当サイトでは、クラウドPBXに関する情報やサービスについて紹介しています。もともと価格の安いクラウドPBXですが、そのなかでも最安値のサービスも扱っています。ぜひ、そちらもご確認ください。

CLOUDPHONE

外出先で内線・外線通話や転送などが可能になるスマートフォンサービス

リモートワーク導入ガイドを無料公開中!!

ガイドブック

【導入事例付き】リモートワークを検討されている方必見!導入の手順・メリット・ポイントなどをわかりやすくまとめています。

資料のダウンロードはこちら

関連商品

中小企業向け!劇的にカンタンなRPA

EzRobot|中小企業向け!劇的にカンタンなRPA

EzRobot|中小企業向け!劇的にカンタンなRPA
初期投資不要のプロユース節水システム

効果30%以上の節水をかなえるプロユースの節水システムAQUALINK / アクアリンク

効果30%以上の節水をかなえるプロユースの節水システムAQUALINK / アクアリンク
いつでもどこでもFAXが出来る!

電話機不要!スマホで送受信可能なうえ、コスト削減に効果的!

電話機不要!スマホで送受信可能なうえ、コスト削減に効果的!
消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

厨房機器(冷蔵庫)|消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

厨房機器(冷蔵庫)|消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

おすすめ記事

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます