今さら聞けないクラウド型PBXサービスの基本|概要、サービス一覧、メリットなど

今さら聞けないクラウド型PBXサービスの基本|概要、サービス一覧、メリットなど

wizマガジン編集部

突然ですが皆さん、「クラウド型PBX」という言葉をご存じでしょうか?クラウド型PBXと聞いても、ピンとくる方は少ないのではないでしょうか。実はクラウド型PBXは私たちの身近に存在し、クラウド型PBXを使った会社では社内連携がスムーズになるなど、従来のPBXにはなかった、さまざまなメリットも発生しています。

今回は、知っておいて損はない、クラウド型PBXについて、「クラウド型PBXって何?」という方から、「コスト削減したい」と思っている方、「社内共有をスムーズにしたい」など、さまざまな側面から説明いたします!

クラウド型PBXとは?

オフィスや店舗などに設置されているPBX、いままでのPBXは機材が必要なハードウェアだったのに対し、クラウド型PBXはソフトウェアとして利用する「サービス」です。いままで固定電話で利用していた社内電話や外線電話も、アプリケーションをインストールしたパソコンやスマートフォンなどでも利用できます。

そんな利便性もあり、昨今ではコストの点からもクラウド型PBXが主流になっているようです。

概要

オフィスや店舗といった施設にはたくさんの電話機が必要になります。しかし全ての電話機が違う電話番号を持っていた場合、電話をかける電話機ごとに、電話番号を変えなければなりません。大きなオフィスでは、違う階との連絡を取り合う時にも内線電話が必要になります。

そこで同じ電話番号を使い、どの電話機からも内線・外線を使用するため、PBX(Private Branch eXchange:構内交換機)を設置する必要があります。しかしPBXは高額な機器で工事が必要なため、中・小規模オフィスや個人店舗で利用するには、設備投資費といったコスト面でもハードルの高い機材のひとつでもあります。

しかしクラウド型PBXはそのPBXをクラウド化し、インターネット上にPBXを置くことで初期費用を抑え、従来の電話環境を改善できるサービスです。インターネット上で電話環境を構築できるので場所を選ばず、設定もWebブラウザやアプリケーション上で行えるのが特徴です。

電話との違い

通常の固定型電話機は、外線電話をNTT東日本/西日本といった固定電話回線から送受信を行いますが、クラウド型PBXは内線/外線電話をインターネット上のクラウドサーバーで送受信し、インターネット回線でオフィス内の電話機に届くサービスになります。



固定電話回線を使用する電話機の必要がなくなるので、パソコンやスマートフォン・タブレットでも通話が可能になるのが大きな違いになります。 これにより今までの固定電話にはなかった特徴が増え、さまざまなサービスに利用できるメリットが発生しました。しかし、固定電話にはなかったデメリットも発生します。 つぎに、クラウド型PBXのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

クラウド型PBXのメリット

クラウド型PBXはインターネット回線を利用するため、アプリケーションを利用できるパソコンやスマートフォンであれば即座に利用できます。固定回線のPBXに比べ初期費用も低く抑える事ができ、インターネット環境が整っていれば面倒な工事も必要ありません。またWi-Fi環境を利用すれば、オフィス内のレイアウト変更時にも面倒な配線周りの変更も必要なくなります。

クラウド型PBXの新機能も数多く利用でき、自動応答や時間ごとの受信先変更など従来型のPBXでは面倒だった各種設定もWebブラウザやアプリケーション上で簡単に行えます。また、クラウド型PBXはサービスになりますので必要な機能だけを選ぶことができるのも特徴のひとつです。今使っている機能の削除や、新機能の追加が簡単に行えるようになります。

オフィス設置型のPBXは場所を取ったり、ときには故障が起きたりする場合があります。新しい機能を利用したくてもPBXが対応していなければ新しく買い直す必要がありますが、クラウド型PBXはクラウドでサーバが保管されているのでメンテナンスが必要なく、サービス会社が機能を更新するだけで、即座にその機能を利用できるメリットもあります。また社員の増減にもクラウド型PBXなら柔軟に対応でき、イベント時の1ヶ月間といった短期間での内線電話機の追加も簡単に行えるメリットもあります。

クラウド型PBXのデメリット

固定電話や従来のビジネスホンは、きちんとした固定回線を使用してのサービス提供ですが、クラウド型PBXはインターネット上のサービスになります。提供する会社が倒産、またはネットワークが故障した場合、サービスの一切を使用できなくなります。

また、セキュリティ面のリスクとして、電話回線を使用した場合と比べインターネット回線は、ウイルス感染や不正アクセスなど、情報漏えいの危険度が高いというデメリットもあります。インターネット回線なので世界中で利用できるメリットもあり、世界中から狙われるデメリットもあるのです。

クラウド型PBXには従来以上にセキュリティ面でのリスクが発生します。このセキュリティリスクにどのように対処するかが、安全にクラウド型PBXを利用する上での課題だと言えます。

クラウド型PBXの比較一覧

次にクラウド型PBXサービスをご紹介いたします。

AQ Stage

NTTネオメイトが提供する、VPNサービスとアクセス回線を使用したサービスのAQStage IPコールセンタサービスは、手軽に始めて拡張も自在です。 コールセンターのコンサル・設備構築から保守管理業務までサポートするASPサービスです。

開設・運用に必要な投資は最小限に抑え、事業の変化にも柔軟に対応することができます。また、一元的な保守監視体制で緊急時でも安心です。 効率的な運用を助けるACDやIVR、通話録音などのシステム機能も多数用意されているのが特徴です。

AQ Stageの詳細はこちら

コネクト2.0

コネクト2.0は必要なときに、必要な分だけ、最短2週間で構築可能なクラウド型コールセンター/CTIシステムです。初期費用を大幅に抑え、導入時のリスクを低減します。クラウドなので、従来のコールセンターのようなシステム構築やPBX、サーバなどの設備は必要ありません。簡単操作で必要な機能をすぐに使いこなせる点も好評です。

導入実績は1000社以上、各業界で幅広く利用されています。通信会社の楽天コミュニケーションズがワンストップサービスで提供していますのでセキュリティ面も安心のサービスです。

コネクト2.0の詳細はこちら
 

TramPBX Cloud Powered by Avaya

全世界の中小企業向け電話システムでNo.1のシェアを誇り、累計60万システム出荷のAvaya Officeと, 日本のコンタクト/コールセンター市場で42%以上の圧倒的シェアを誇っているAvayaの中小企業向けコンタクトセンター製品Avaya Contact Center SelectをベースにしたクラウドPBXです。

契約人数の増減は自由なため、SOHO、中小企業、大企業にも対応しています。プラットフォームにはAWS(Amazon Web Service)を採用しているので、99.95%の高可用性を実現しています。さらに標準でプレゼンス機能やコールバック発信というUC機能も実装しています。

TramPBX Cloud Powered by Avayaの詳細はこちら

Dialpad

Dialpadは、PBXや固定電話機などのハードウェアが一切不要なクラウド型PBXです。マルチデバイスに対応しているので、お手持ちのパソコンやタブレット・スマートフォンで利用できます。提供形態は固定電話回線を利用するDialpad(1ユーザー/月額1,300円)と、050番号を用いたDialpad050(1ユーザー/月額800円)の2種類。固定電話回線と050番号の混在も可能です。

着信した電話へのテキスト送信や、録音・同時着信・三者間通話等の機能も充実しており、グループウェアとの連携によって質の高い顧客対応が可能になります。

Dialpadの詳細はこちら

ひかりクラウドPBX

ひかりクラウドPBXは、PBXやビジネスホンなど通信設備をクラウド化することで、通信設備を持たずに内線電話を利用できるサービスです。これにより外出中の社員とも無料で内線通話が可能、社内通話が無料になり、通話料のコスト削減が現します。

また、ひかりクラウドPBXで社員のスマートフォンを内線化すれば、会社から携帯電話を貸与せずに社員のスマートフォンを業務に活用でき、端末代や基本料など携帯電話のトータルコストを削減します。

ひかりクラウドPBXの詳細はこちら

BIZTEL コールセンター

BIZTELは、国内導入実績No.1を誇るコールセンター向けクラウド型PBXサービスです。最短5営業日でコールセンターを構築できるスピーディーさと、クラウド型の利点を活用し、国内外を問わず、複数の拠点で同一のシステムを利用することが可能です。

分散型コールセンターや在宅型もすぐに構築することが可能なため、働き方改革の取り組みの一環としての新しいワークスタイルの構築が簡単に実現します。

BIZTEL コールセンターの詳細はこちら

Cloco

Clocoは、人や場所、手間が一切必要ないオートコールシステムを扱えるサービスです。オペレーター不要でアンケートを実施できるサービスが好評で、過去に行ったアンケートを再利用することもできます。契約はWEBからの申し込みで、個人なら即日、法人でも3営業日で開通します。電話回線とPBXサービスが同時に提供されますので、その日のうちに電話環境が構築できるのも魅力のひとつです。

Clocoの詳細はこちら

モバビジ

初期費用0円、月額ひとりあたり350円~と、モバビジは業界最安値に挑戦している、いつでもどこでも使えるオフィス電話サービスです。スマートフォンアプリでどこでも会社の電話の発着信が可能で転送不要です。電話機は新品のPanasonic製最新IP電話機がすぐに届きます。機器が届いたらコールセンターに電話するだけで即利用可能になります。

モバビジの詳細はこちら
モバビジ紹介記事はこちら(無料相談受付中)

i-スマートBIZ

iスマートBizは、初期費用を0円で構築できるクラウドPBXサービスです。導入の最大のメリットは、固定電話の通話を携帯電話に転送できます。またキャリアFMCサービスを利用すれば、携帯電話を内線電話機として利用できます。社員のスマートフォンをビジネスホンとして利用できるので、固定電話機の購入が不要になります。これにより電話機購入費用を大幅に削減できます。

iスマートBizの詳細はこちら

CT-e1

CT-e1は、リーズナブルな料金で本格的な機能が充実、既設のPBXを利用した導入も可能です。複数拠点におけるシームレスな内線電話環境をサポートしています。またカスタマイズは無料で行えるので、業務内容変更時にも柔軟に対応できます。

CT-e1の詳細はこちら

コラボスフォン

コラボスフォンは、基本機能は同社の「@nyplace」と同等の機能を備えており、1秒課金による通話料金削減を実現するサービスです。これにより的な電話交換機システムを導入することができます。他のサービスとの連携性も高い上に、準備物が少なく、初期設定も簡単なため、短期間でのシステム導入が可能です。

コラボスフォンの詳細はこちら

TELE-ALL-LINE

TELE-ALL-LINEはクラウドIP-PBXを利用して、03番号で発着信できる電話機を設置するサービスです。 全国どこに本社があっても、自社内では03番号でお客様と直接会話ができます。1秒課金による通話料金削減を実現し、高音質なサービスで短時間通話が多いビジネスパーソンに最適です。

TELE-ALL-LINEの詳細はこちら

CTBASE/ConnectCloud

CTBASE/ConnectCloudは、NTTテクノクロスが運営する高機能なクラウド型PBXサービスです。 NTTグループの関連ソリューションとの親和性が高く、信頼性の高いネットワークをリーズナブルで利用できます。NTTグループの堅牢なデータセンターに加えて、お客様センターとデータセンター間も高品質/高信頼なネットワークをワンストップで提供し、PBXのメンテナンスやバージョンアップの対応など、システム運用にかかるお客さまの負担を大幅に軽減することができます。

CTBASE/ConnectCloudの詳細はこちら

CLOUD FON

CLOUDFONは、ひかり回線・ひかり電話・ビジネスホン・クラウドコールセンターシステムといった、クラウドをトータルに提供するサービスです。クラウド型PBXでも今までの自社電話番号を利用でき、オフィス向けのビジネスホンとコールセンター向けの機能が統合提供されるので、オフィスとコールセンターがシームレスに繋がります。

CLOUDFONの詳細はこちら

twilio

Twilioは音声通話、メッセージング(SMS/チャット)、ビデオなどの様々なコミュニケーション手段をアプリケーションやビジネスへ容易に組み込むことのできるクラウドAPIサービスです。 Twilioでは、さまざまなコミュニケーション手段をブロック(部品)のようにコンポーネント化したAPI を、最小限の開発コードでご利用のアプリケーションに組み込んだり、新たなアプリケーションとして開発したり、みなさまのシステムへ容易に組み込むことを可能にしました。

初期費用不要な従量課金制、各種開発言語に対応、システム規模を問わず柔軟に対応させることができます。

twilioの詳細はこちら

クラウドテレコール

クラウドテレコールは、マウス操作だけで電話発信が可能なクラウド型PBXサービスです。CTIポップアップ・CMR(顧客管理)をセットにして同一画面でコントロールできるので、誰にでも分かりやすいシンプルなインターフェース操作で電話業務を行うことができます。 顧客情報と電話履歴も自動で保存されるため、効率よく顧客対応が行えるようになります。

クラウドテレコールの詳細はこちら

GoodLine

GoodLineはPBXをクラウド上に構築することで、ネット環境のみで導入でき、ロケーションフリーの内線構築が可能な、低価格・高機能のクラウドPBXで利用する会社電話システムです。工事不要、業者いらずで誰でも簡単に会社電話をWEBから設定変更可能になります。

GoodLineの詳細はこちら

naisenクラウド

naisenクラウドは、電話の03番号や0120番号はもとより、外出先・拠点・海外、どこでも発信・着信・内線化が可能なクラウド型PBXです。電話機やパソコン、NTTドコモ、au、Softbank、Y!mobile、SIMフリーのスマートフォンにも対応しています。

naisenクラウドの詳細はこちら

クラウド型PBXの使用例

クラウド型PBXを使用することで、いままでの固定電話やPBXでは実現しなかったことができるようになります。一例としては次の通りです。

①新拠点の電話環境を短期間で構築
事務所の新設や支店が増えた場合でも、クラウド型PBXならば短期間で電話環境を構築できます。

②営業担当のスマートフォンを内線化
営業担当のスマートフォンをクラウド型PBXにすれば、外出先でも内線通話が可能になります。これにより、いつでも営業所との連絡がスムーズに行えます。

③複数拠点で内線電話を使う
拠点間の通話もクラウド型PBXであれば内線電話で通話ができます。これにより電話代金を抑えることもできます。

④コールセンターの簡易的な設立
臨時のお問い合わせ窓口など、簡易的にコールセンターを開設したい場合でも、クラウド型 PBXであれば短期間・安価に電話環境を構築できます。

まとめ

クラウド型PBXは電話回線をつかうPBXよりも安価に電話環境を構築できる利点と、既存のPBXと併用できる柔軟性も併せ持っているのが特徴です。また、クラウド型PBXは社員のスマートフォンを内線化できるので、急な連絡でも即座に対応できる特徴もあります。

クラウド型PBXはインターネットを利用するため、高速な光回線などが必要になりますが、2018年現在、日本国内においては光回線のインフラはほぼ整っていますので、クラウド型PBXを導入する時に問題が発生することは、ほぼないかと思います。

もし、心配であればクラウド型PBXのサービスは1ヶ月単位の契約で利用でき、月額料金も300円からのサービスもあります。本契約を行う前に、一度クラウド型PBXのサービスを試用してみるのも良いかもしれませんね。

あなたにぴったりの
プランをご提案します

ワイズクラウド相談窓口
受付時間:平日9:00-18:00
(土, 日, 祝, 年末年始除く)

関連商品

ITEM

新着コラム

COLUMN