• TOP
  • コラム
  • 【飲食店編】ますます増える外国人観光客を集客するメリットとは

【飲食店編】ますます増える外国人観光客を集客するメリットとは

【飲食店編】ますます増える外国人観光客を集客するメリットとは

飲食店でご飯を食べていても、街を歩いていても、以前より外国人観光客が増えたなと感じることはありませんか。
実際に、日本政府観光局(JNTO)によると、2018年の訪日外国人観光客数は前年比8.7%増の3,119万人で、統計を取り始めた1964年以降、過去最高の記録になりました。
特に近隣に位置する、中国や韓国などのアジアからの観光客が多く、外国人観光客数トップ10の8割りをアジアからの旅行客が占めています。
こうした外国人観光客の増加に加え、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年の大阪・関西万博など、今後外国人観光客が集まるイベントが開催される予定であることから、ますます外国人を見る機会が増える予想できます。
 

外国人観光客が増えている理由

なぜこんなにも多くの外国人が、日本を訪れているのでしょうか。その理由として、格安航空会社(LCC)の台頭による運賃の下落や円安の影響のほか、政府が外国人受け入れ促進を行っていることが挙げられます。観光立国化をめざす政府は、2020年の外国人観光客を4000万人、2030年には6000万人に増やす目標を掲げています。さまざまな要因が重なり、日本に訪れる観光客が増えていると言えます。

国内の飲食店や小売店などでは、こうした外国人観光客の増加に伴って、より積極的に外国人観光客をお店に集めるよう動いていく必要があります。

外国人観光客を集客するメリット

日本は少子化の影響を受け、貯蓄重視の傾向にあります。この状況に伴い、日本国民による消費量は年々少なくなっていくと考えられています。一方で、中国人観光客による「爆買い」という言葉が流行ったように、年々増加している外国人観光客によって、日本国内の消費額は増えています。
2018年の外国人観光客による消費額は、過去最高の4兆5,000億円を記録しており、外国人観光客は日本経済の基盤となっています。多くの外国人観光客が地方にある観光地を訪れることで、地方経済の活性化はもちろん、都市部に遅れを取っていたインフラ整備も進むと期待されています。

こうした理由から、国内の飲食店では外国人観光客を集めるため、さまざまな対策を行っています。では、なぜ外国人観光客を集客すると良いのか、そのメリットについて解説していきます。
 

①日本人より客単価が高い!

外国人は日本人よりもお酒をよく飲む方が多く、特にディナータイムで営業しているお店では、客単価が高い傾向があります。ビールやワインなど、外国でも頻繁に飲まれているお酒はもちろん、日本酒のことを英語で「Sake(サケ)」と呼ぶように、外国人は日本酒を飲食店で頼むことも多いようです。
 

②複数人で来店!

観光庁が発表している訪日外国人消費動向調査では、外国人観光客の同行者は「家族・親族」が30.3%と最も多く、次いで「自分ひとり」が22.1%、「友人」が20.2%となっています。
必然的に、複数で来店される確率が高くなり、その結果お店での消費量も増えることになります。
 

③口コミ拡散

外国人観光客による口コミは、国内だけでなく、世界規模で拡散されます。
お店の雰囲気、味などを気に入ってくれたら、旅行の思い出と一緒にSNSなどで拡散もしてもらえるので効果が見込めます。
 

④店内の雰囲気づくりに

外国人がお店の中で食事をしていると、雰囲気がおしゃれになりますよね。
外国料理専門のお店なら、なおさらお店の雰囲気づくりとして外国人の来店は嬉しいのではないでしょうか。

デメリット(課題)

外国人観光客の増加によるメリットは多いように感じますが、一方でデメリットはなんでしょうか。
それぞれ問題はありますが、お店側が多言語対応のできるシステムを導入したりと、インフラ整備などすることで緩和することが期待できます。
 

①外国語でのコミュニケーション

日本には多言語で対応できる人材が少なく、外国人観光客もコミュニケーションが取りにくい点を不満に思っています。海外では、他国の人とのコミュニケーションの手段として英語を話せる人が多いですが、日本は日本語のみを話す人が多いため、なかなかコミュニケーションが取れません。中でも、最も意見の多い課題は、料理や食材の説明をする際、上手くニュアンスが伝わらず時間かかり、ストレスも溜まってしまいます。
 

②常連客への影響

外国人観光客が訪れることによって、スタッフが外国人の対応に割かれてしまい、常連客に影響が出る可能性があります。言葉の壁という要因もあり、対応に時間がかかってしまうと、お店の回転率が悪くなってしまいますし、座席が少ないお店になると、常連客がお店に入れなくなってしまうこともあります。
 

③マナー

文化の違いから、外国人観光客のマナーによるトラブルも少なくはないそうです。お通し代を請求するとクレームになったり、完全予約制の店で無断キャンセルがあったりと、
日本では当たり前のことでも、外国人には通じないこともたくさんあります。

外国人観光客対策

こうしたインバウンド市場の拡大にともない、外国人観光客向けに対策を図っている企業や、店舗が増えてきています。その中でも、外国人観光客の対策をとったことで、売り上げが従来の2倍以上になっている飲食店も多く出てきています。
ではお店に外国人観光客を呼びたいを思っている方は、実際に何をすればいいでしょうか。
 

外国語メニューの用意

観光庁によるアンケート調査では、外国人が旅行中で困った点として、日本語のメニューにおける多言語表示の少なさが最も大きなパーセンテージを占めています。
飲食店では、少なくとも日本語と英語の2言語、余裕があれば中国語や韓国語、その他欧州言語を用意しておきましょう。
また、ベジタリアンやイスラム教徒などへの対応として、肉を使用していない食材やムスリム対応のメニューを準備していれば、なおいいでしょう。
 

HP、グルメサイトの多言語化

外国人観光客は、行きたいお店をスマートフォンやパソコンで調べている可能性があります。
その時に、HPやグルメサイトが日本語だけでなく、英語や中国語で読めるようになっていたら他店と差別化を図ることが出来ます。
外国人が利用するサイトは、中国で人気の「大衆点評」やアメリカで普及している「Yelp」などありますが、中でも旅行者向け口コミサイト「トリップアドバイザー」は世界最大級の規模を誇るサイトです。店舗に対して良い口コミが増えるとサイトの上部に表示されるため、集客効果が期待出来ます。
「トリップアドバイザー」は登録や掲載まで無料ででき、登録もすぐに出来るので、まだ掲載されていないようであればすぐに登録しておきましょう。

64

翻訳ツールの導入

外国人の方へ料理の説明をする際や、お会計のやり取りの際に立ちはだかるのは、やはり言葉の壁だと思います。そんな時に役に立つのが「自動翻訳機」です。
日本語で自動翻訳機に話しかけることで、その言葉がそのまま選んだ言語に翻訳されます。自動翻訳機の中でも代表的なものに「e Talk5(イートーク)」があります。便利な小型サイズで、電波の届かない場所でもオフライン翻訳が可能なので、いざという時に便利なアイテムです。
 
110

WiFi設備

外国人観光客は、旅行中に情報の検索や地図情報を調べるために、スマートフォンを繋ぐWiFiを探します。アメリカやヨーロッパなどでは、町中にWiFiが通っているため、それに慣れている外国人の方は、日本のWiFi環境の少なさを不満に思うことも。
せめてお店の中にでも無料WiFiを使えるようにしておくだけで、外国人からの満足度は高くなります。
 
84

キャッシュレス決済

外国では、クレジットカードやスマホ決済など、日本に比べキャッシュレス化が進んでいます。
代表的なところとして、中国や韓国ではQRコード決済、欧米ではクレジットカードがほとんどの店舗で使用可能になっています。
慣れない通貨を使うことで、買い物にストレスを感じている外国人観光客も多く、国内でも急速にキャッシュレス決済への対応が求められています。
170

まとめ

外国人観光客を集客するメリット・デメリット、実際の対策方法について紹介しました。
日本の経済に影響を与える外国人観光客が、より快適に旅を楽しんでもらうために、環境を整えていく必要があります。
常に外国人の目線に立ち、外国語の対応やキャッシュレス決済対応などの対策を考えていかなければいけません。

コストを抑えた集客であれば「トリップアドバイザー」がおすすめですし、他にも無料WiFiやキャッシュレス決済など、インバウンド対策に必要なサービスもワイズクラウドには多数掲載しています。ぜひお気軽にご相談ください!
 

関連タグ