CLOUD PHONE(クラウドフォン)とは?機能や料金、導入におすすめな企業を徹底解説!

「CLOUD PHONE(クラウドフォン)について詳しく知りたい!」
「CLOUD PHONE(クラウドフォン)の費用はいくら?」

今回ご紹介するのは、工事費用0円の圧倒的低コストで、電話番号をスピード発番できる「CLOUD PHONE(クラウドフォン)」です。

ビジネスフォンを導入したいが費用が高いと思っている方や転送電話料金が高額でお困りの方も多いと思います。

CLOUD PHONEは、ビジネスに嬉しい機能が搭載されているため、電話業務のコスト削減と業務効率化を実現します。

本記事では、CLOUD PHONEについて機能や料金、導入におすすめな企業を徹底解説していきます。

CLOUD PHONE(クラウドフォン)とは?

CLOUD PHONE(クラウドフォン)とは?

CLOUD PHONE(クラウドフォン)とは、株式会社Wizが運営している、低コストで電話番号をスピード発番できるクラウドPBXです。

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、従来までのPBXサービスと違い、設備導入費や維持・メンテナンス費も不要な点が魅力です。

余計な設備がいらないうえ、導入後に発生しがちな移転や電話機の追加といった、プラスアルファの運用費も一切かからず利用が可能です。

さらに、ビジネスフォンよりも機能が豊富で、スマホやパソコンから会社番号に受発信できるため、外出時やテレワークにも対応できます。

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の運営会社情報

社名 株式会社Wiz
設立年月日 2012年4月18日
会社所在地 東京都豊島区南大塚2-5-15
資本金 6,000万円
代表者 山崎 俊
従業員数 1,171人(2022年1月時点)

クラウドPBXとは?仕組みを解説!

クラウドPBXとは?仕組みを解説!

そもそもクラウドPBXとは?

クラウドPBXとは、クラウド上の交換機(PBX)を使って、スマホ等で固定電話の番号が使えるサービスです。クラウドPBXアプリをインストールしたパソコンやスマホなどで利用でき、クラウド電話とも呼ばれます。

同じ電話番号で、どの電話機からも内線・外線を使用するためにはPBX(電話交換機)が必要ですが、設置工事が必要なうえ高額という点から、中・小規模オフィスや個人店舗で利用するには、ハードルの高い機材のひとつでした。

そこで、クラウドPBXを利用することで、外回りの営業マンでも外出先から固定電話の番号が使えたり、テレワーク中でも個人の携帯を使う必要がなくなったりするため、多くの企業で導入が進んでいます

PBXとは?

PBXとは、電話交換機を意味するPrivate Branch exchangeの略称であり、オフィス内や拠点間にある複数の電話機を繋いで利用するための装置を指します。

PBXは、外線から発信された着信を内線に転送したり、内線から外線への発信を制御したりする役割を担います。

クラウドPBXの仕組み

クラウドPBXは、従来のPBXのように交換機本体をオフィスに設置する必要がありません。インターネットを経由したクラウド上にPBXが設置されるため、場所も取らず工事も不要です。

さらに、電話機の増設や回線の増減、内線番号の設定に関しても、すべてWEB上の管理画面から行えるため、業者を派遣してもらうこともなく、変更したら即時反映します。

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の特徴

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の特徴

圧倒的な低コストで導入が可能

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、圧倒的な低コストで導入が可能で、初期工事費用も0円な点が特徴です。

既存の社用スマホなどがあれば、そのスマホを内線電話として使うことができるので、わざわざ電話機を買う必要がありません

負担になる毎月の保守費用もかからないため、できるだけコストを抑えてクラウドPBXを導入したい方におすすめです。

全国14都道府県の市外局番も050番号も自由に取得可能

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、全国14都道府県の市外局番も050番号も自由に取得可能な点が特徴です。

一般的なクラウドPBXは、市外局番や050番号を取得するための申込が複雑で、専門機器の設置も難しく時間がかかる場合が多いです。

しかし、CLOUD PHONE(クラウドフォン)であれば、簡単な申し込みで市外局番や050番号をスムーズに取得することができます。

最短3日で利用開始が可能

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、電話番号が一緒に取得できるため、最短3日で利用を開始できる点が特徴です。

申し込み当日に電話番号の決定ができるため、電話番号が分かるまで1ヶ月以上も待つ必要がなくなります。

また、導入後に発生しがちな電話番号やチャネルの増減も、わざわざオフィス用の電話回線を引かずに低価格で対応できます。

管理画面の操作が簡単で使いやすい

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、管理画面の操作が簡単で、機械操作が初心者の方も使いやすい点が特徴です。

また、受発信の設定や着信・通話録音の検索、受電時のガイダンス設定など、さまざまな設定を自分で行うことが可能です。

電話内容の確認や、留守番電話の設定も、簡単に画面操作によって行えるため、幅広い年齢層の方が在籍する中小企業にもおすすめです。

固定電話クラスの安定した音質

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、固定電話クラスの安定した音質品質である点が特徴です。

総務省基準の通話品質調査により、固定電話と同等の安定性の証拠であるAクラスを獲得しています。

外出先やテレワークでも快適に利用できるので、電話相手の顧客や取引先とも安心して通話できます。

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の機能

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の機能
  • スマホで会社番号受発信(外線通話)
  • スマホで内線通話
  • 外出先の社員へ転送電話
  • 管理画面から各種設定
  • 通話録音機能
  • 3つ以上の電話番号、複数チャネルの利用
  • 留守電設定
  • 曜日や時間帯に合わせた自動ガイダンス設定
  • 不在着信時や営業時間外の着信時に、SMSで定型文を自動送信
  • IVR機能(入電先の自動振り分け、営業時間外の音声対応)

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、転送電話や内線・外線電話はもちろん、SMS送信など、業務における必要な機能が揃っています

電話業務で通常業務が圧迫されている、電話業務を効率化したい、電話番号を急いで増やしたいといった、さまざまな要望に対応できます

ビジネス利用におけるお悩みに即座に対応できるため、コスト削減や業務効率化を実現できます。

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の料金プラン

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の料金プラン
  項目 月額料金(税込)
基本料金 1アカウント*¹ 550円
えらべる番号料金 050番号(1番号) 330円
市外局番(1番号) 1,100円
0120番号(1番号) 2,200円
管理システム*² 7,150円
オプション チャネルアップ*³ 165円
IVR 5,500円
SMSリザーヴ 1,650円

※1  スマホアプリ、PC、タブレット等の1端末につき1ID

※2  留守番電話管理・電話履歴管理・自動応答管理・自動転送管理・段階着信・リスト管理・着信拒否・短縮ダイヤル・鳴り分け設定

※3  チャネルアップとは、1番号における、同時に通話できる回線数のことです

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の活用をおすすめする企業

CLOUD PHONE(クラウドフォン)の活用をおすすめする企業

電話番号を引き継ぎたい企業

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、電話を移転する必要がないため、電話番号を引き継ぎたい企業におすすめです。

たとえば、取引先や顧客に負担をかけたくないオフィスや、引っ越しを控えている企業などが挙げられます。

電話番号を引き継いで利用することによって、機会損失を防ぎ工事費用も抑えることができます。また、機器の購入も必要ありません。

コストを抑えられるほか、スマホやPCで電話を受発信できるので、テレワークや拠点が離れている企業にも有効です。

フリーアドレスのオフィス

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、自由に席が決められるフリーアドレス型のオフィスを採用している企業におすすめです。

フリーアドレス型の企業にとって、席ごとに電話機を設置したり、電話の取次を行ったりするには、手間と負担がかかります

CLOUD PHONE(クラウドフォン)を活用することによって、PC端末でも受電を取ったり、転送したりすることができます。

さらに、CLOUD PHONE(クラウドフォン)はスマホでも利用できるため、社内にいなくても受電を取ることも可能です。

テレワークを導入したい企業

CLOUD PHONE(クラウドフォン)は、近年普及した在宅勤務やシェアオフィス勤務など、テレワークを導入したい企業におすすめです。

スマホやPCで会社用の電話番号を使った受発信ができるため、会社にいなくても電話業務を執り行うことができます。

電話業務があることからオフィスを離れることができず、なかなかテレワークを導入できなかったという問題を解決できます

クラウド型PBXのおすすめサービス!
CLOUD PHONE(クラウドフォン)とは?

まとめ:オフィス用の電話機はCLOUD PHONE(クラウドフォン)がおすすめ!

まとめ:オフィス用の電話機はCLOUD PHONE(クラウドフォン)がおすすめ!

今回は、クラウドPBXの仕組みをもとに、CLOUD PHONEについて機能料金導入におすすめな企業を徹底解説していきました。

CLOUD PHONEは、工事費用0円の圧倒的低コストで、電話番号をスピード発番できるクラウドPBXです。

CLOUD PHONEは、全国の市外局番に対応した番号を発行でき、場所に縛られずスマホやPCでどこでも固定番号で受発信ができます。

ビジネスフォンを導入したいが費用が高いと思っている方や転送電話料金が高額でお困りの方も、CLOUD PHONEならお安くご利用いただけます

無料ご相談フォーム

商品に関するお問い合わせや、
業務改善のお困りごとがあれば
どんなことでもWiz cloudにご相談ください。

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。
本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。

この記事が良かったら、“いいね!”をしてください!
最新情報をお届けします!

この記事を書いたライターの画像

この記事を書いたライター

Wiz Cloud編集部

WizCloud編集部メンバーが執筆・更新しています。 Web関連、デジタル関連の最新情報から、店舗やオフィスの問題解決に使えるノウハウまでわかりやすくご紹介します!

この記事の監修者画像

この記事の監修者

瀧 康臣

2017年から約5年間、固定電話のDX化事業に従事。主にクラウドPBXの導入を支援しており、累計申し込み数は3,000社に上ります。テレワーク導入中の企業様や外出の多い営業マンでも使いやすいクラウドPBXを、お客様のご利用状況に合わせて提案が可能です。