【コスト削減アイディア】企業のコストカットは何から取り組むべき?すぐに実践できる方法を解説!

ムダなコストを1円でも安く抑えるための「コスト削減」は、多くの事業者にとって非常に重要な課題であると言えるでしょう。今回は、すぐに実践できるコスト削減の具体的なアイディア4選を中心に、コスト削減を実施するときのポイントや注意点などについても、わかりやすくまとめていきます。

ムダなコストを1円でも安く抑えるための「コスト削減」は、多くの事業者にとって非常に重要な課題であると言えるでしょう。

それと同時に、コスト削減を実施する場合には「何から取り組めば良いかわからない」というケースも多くあります。

今回は、すぐに実践できるコスト削減の具体的なアイディア4選を中心に、コスト削減を実施するときのポイントや注意点などについても、わかりやすくまとめていきます。

そもそも「企業のコスト」とは?

コスト削減の方法やアイディアを取り上げる以前に、企業活動における「コスト」とは、一体どのようなものを指すのか、改めて確認していきましょう。

そもそも、企業における「コスト」とは、企業が利益を上げるために必要な「あらゆるコスト」を指すものと言えるでしょう。

事業の運営には必要不可欠な「人件費」や「光熱費」などはもちろんのこと、これには資料の印刷などにかかる「用紙の費用」や「インクの費用」なども含まれています。

・オフィスの賃料
・人件費
・水道光熱費
・通信費
・出張費
・採用コスト
・外注コスト
・事務用品などの消耗品のコスト

上記のように、企業が利益を上げるためには、その事業規模に応じたランニングコストが必ず必要となってくるのです。

とりわけ人件費の項目については、社員の給料やボーナスなどにも直結し、安易に削減してしまうと従業員からの反発を招きかねず、削減自体が難しいとされています。

コロナ禍のいま、なぜ企業のコスト削減が重要なのか?

では、コロナ禍のいま、なぜ企業のコスト削減が重要視されているのか解説していきましょう。

業務効率の改善

近年、コスト削減が重要視されている大きな要員の一つとしては、会社全体の「業務効率の改善」とリンクするということが挙げられるでしょう。

既存の業務を効率化させることで、コストの削減と業務効率の改善を両立して実施することができるため、限られた人的資源を活用して利益を最大化させていくことができます。

少子高齢化の影響から新規雇用が難しくなっている現代社会においては、少ない人的資源をいかに活用していくかが重要であり、そのための必要経費の見直しやコストの削減などは、ほとんど必要不可欠であると言っても過言ではないのです。

テレワークの普及

もう一つの大きな要因としては、新型コロナウイルスの影響による「テレワークの普及」というものが挙げられます。

昨年から猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、テレワークやリモートワークなどの新しい業務スタイルが爆発的な普及を見せました。

アナログな勤務形態の廃止によって、従来までは必要とされていた業務や、その運営に関係するコストなどは、今回の一件の影響によって大幅な削減を見込めるようになったため、既存業務の見直しが急務とされています。

コスト削減のアイディア4選

コスト削減を実施しようとする場合、そもそも何から取り組めば良いかわからないというケースはよく耳にするところです。

ここからは、手軽にコスト削減を実施することができる具体的なアイディアを、あわせて4つほどご紹介いたします。

水道光熱費の見直し

まず真っ先に取り組むべきアイディアとしては、月々に発生する電気や水道、通信費などの「水道光熱費」を見直すという方法が挙げられるでしょう。

水道光熱費などのコスト削減は、商品やサービスの開発のクオリティを落とすことなく、かつ確実に減らすことができる項目であるため、何から取り組めば良いかわからないという場合には、まずはこの方法から試してみるのがおすすめです。

▶︎テスラがビットコインに大量投資?話題の「マイニング」を解説!電気代のコスト削減方法とは?

CRMツールの活用

続いてのアイディアとしては、顧客情報の管理に役立つ「CRMツール」の活用なども、おすすめのコスト削減のアイディアの一つと言えるでしょう。

CRMを活用することによって、抱えている顧客の情報や特徴などを、より詳細に把握することができるようになるため、より効率の良い販売チャネルの発見やマーケティングフローの構築などに活用することができます。

▶︎そもそも「CRM」とは何なのか?CRMは本当に必要?【CRMの基礎を徹底解説】

電子契約サービスの活用

もう一つのアイディアとしては、電子書類の運用を実現させる「電子契約サービス」を活用するという方法が挙げられます。

一見するとコスト削減よりも業務効率化というイメージが強いかもしれません。しかしテレワークが普及するようになった昨今、押印のためだけに出社を余儀なくされるケースも少なくなく、出社のためのコストや、印刷・郵送コストを削減することができる電子契約は、積極的に検討していきたい方法の一つと言えるでしょう。

▶︎【収入印紙を見直し?】河野大臣の発言で印紙税や契約書に注目!電子契約導入が進む?

アウトソーシングの活用

最後のアイディアとしては、外部の業者に業務の一部を委託する「アウトソーシング」を活用するという方法が挙げられます。

手間のかかる作業や単価の低い業務などは、いっそのこと外部の業者に委託してしまった方が費用対効果が高くなるケースも多くあります。必要な業務かつ重要度の低い業務については、積極的なアウトソーシングを検討してみるのも良いでしょう。

▶︎アウトソーシングとは?メリットとデメリットを徹底解説!

コスト削減を実施するときの注意点

コスト削減の方法はいくつもありますが、これらを一度に実施することは注意が必要です。コスト削減方法のなかには、既存の業務スタイルや従業員のスタッフ教育などに手間を取られてしまい、かえってコストの悪化を招いてしまう恐れもあるでしょう。

また、CRMツールや電子契約サービス、アウトソーシングなどの外部のサービスを取り入れる場合には、いくつかの注意点も考慮しておかなければなりません。

むりやり外部のサービスを導入してしまうと、現状の業務とのミスマッチを起こしかねず、電子契約サービスなどにいたっては、取引先の企業が対応してくれなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。

こうしたコスト削減を実施する場合には、まずは現状の業務の実態を十分考慮したうえで、取り入れたいアイディアや解決策を段階的に取り入れていくことが重要と言えるでしょう。

まとめ

今回は、すぐにでも実践したいコスト削減の具体的なアイディア4選を中心に、コスト削減を実施するときのポイントや注意点などについても、わかりやすくまとめていきました。

会社や企業を運営するためには、従業員への給与の支払いはもちろんのこと、オフィスの賃料や電気水道などの光熱費、資料の印刷コストなど、実にさまざまなコストが発生してしまいます。

こうした諸々のコストを1円でも安く抑えるためにも、今回ご紹介したアイディアをはじめとしたコスト削減施策に取り組んでみてはいかがでしょうか。
 

関連タグ

関連商品

LED

蛍光灯に比べ約50%~70%の電気料金削減が実現

蛍光灯に比べ約50%~70%の電気料金削減が実現
クラウドで電話対応業務を、もっと楽に。

楽テル|クラウドで電話対応業務を、もっと楽に。

楽テル|クラウドで電話対応業務を、もっと楽に。
店舗や事務所などのあらゆる環境に♪ここちよいBGMをご提案

店舗や事務所などのあらゆる環境に、ここちよいBGMをご提案します

店舗や事務所などのあらゆる環境に、ここちよいBGMをご提案します

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます