• TOP
  • コラム
  • スマホが会社の電話機になる!「IoTでんわ」で、通信費コストをまとめて削減!!

スマホが会社の電話機になる!「IoTでんわ」で、通信費コストをまとめて削減!!

スマホが会社の電話機になる!「IoTでんわ」で、通信費コストをまとめて削減!!

多くのオフィスにおいて、ビジネスフォンは欠かせない通信ツールの1つかと思います。しかし大きなオフィスならまだしも、小規模のオフィスではビジネスフォンの導入コストの高さから、諦めているところもあるのだとか。
そこで近年、インターネットの普及やビジネスマンの働き方の変化により、新たな音声通話システムが登場しました。それがPBX(電話交換)機能をクラウド上に置き、インターネットを経由することで、社内の電話機だけでなくスマートフォンなど、さまざまな端末で内線通話が可能になるサービスです。
そこで今回は、こうしたクラウド対応型ビジネスフォンとして、業務効率化を実現する「IoTでんわ」についてご紹介します。

IoTでんわとは何か

「IoTでんわ」は、会社内のビジネスフォンとスマートフォンを繋げる、クラウド対応型ビジネスフォンです。これまで使われていたPBX(電話交換機)をインターネット上(クラウド上)に置くことで、外線電話だけでなく社内の内線電話を手持ちのスマートフォンに繋ぐことができ、さらに社内で受けた電話の転送も可能になります。会社番号への電話は、社内にいなければ受けられなかったものが、外出先でも受けることができ、内線電話の転送はIP電話なので0円!
さらに「IoTでんわ」は、スマートフォンでは対応できていなかった、通話録音機能も搭載。録音データを検索してダウンロードすることも可能。大がかりな設備投資も必要なく、導入から保守まで全て低コストで安心して利用できます。

IoTでんわ

従来の内線電話との違い

対応業務の効率化をはかることのできる「IoTでんわ」は、従来の電話とどう違うのでしょうか。これまでの環境と一番違う点は、スマートフォンで電話を受けられること。従来では、ビジネスフォンを利用する際、オフィス内や建物内にPBXと呼ばれる電話交換機の設置が必要でした。PBXを設置するには、専用スペースを確保しなければならなかったり、大規模な設置工事や定期メンテナンス費用がかかったりと、大きなコストとなっていました。しかし「IoTでんわ」は、PBX機能をクラウド上に設置するため、専用スペースや設置工事といった費用はかかりません。導入費をグッと抑えることができるので、少しでも費用がかからずに導入を検討している方にピッタリのサービスとなっています。

IoTでんわを導入するメリット

①大がかりな工事不要で、設置がラクに

PBX(電話交換機)の機能がクラウド化されていることで、社内における設備配置や工事などが不要になり、従来のビジネスフォンに比べ、導入コストを大幅に削減することができます。たとえ移転したとしても、そのまま同じ番号を移行することができるので、スムーズにオフィスを移ることができます。

②スマートフォンで電話が取れる

従業員のスマートフォン(会社用など)で、専用のアプリをダウンロードすることで、オフィス内だけでなく、社外にいても会社へかかってきた外線・内線電話を受けることが可能になります。社内からの転送も、IP通話となるため通話料が発生しません。不在時に会社へ連絡があった場合に、お客さまへの折り返しに時間がかかってしまうこともなく、円滑に業務を進めることができます。

③通信費が抑えられて、コスト削減

従来のビジネスフォンと違い、大規模な設置工事などがないため、導入費用が大幅に削減できる「IoTでんわ」。こうしたクラウドPBXは、1席・1台からでも導入が可能となっており、小規模のオフィスであっても手軽に導入することができます。さらに外出先への転送が、内線を使うことにより0円で通話可能なうえ、同じ建物以外に、支店間での内線通話も可能なので、通信費も削減可能に。
 

IVRを組み合わせれば、用途が広がる

「IoTでんわ」は、単体でも十分機能性は高いですが、 IVR(自動音声応答サービス)を組み込むことで、呼び出し中に音声アナウンスを流してのコール誘導ができるため、面倒な営業電話を抑止することができます。また特定の番号が選択された時のみ、スマートフォンへ転送されるように設定することも可能。 IVRを活用して、24時間いつでも電話予約を受け付けることも出来るなど、利用用途に応じて組み合わせることができます。

まとめ

働き方改革の推進などにより、オフィス内だけにいるのではなく、基本的に社外に出て働く人、フリーランスや在宅ワーカーなどが多く登場してきました。これまで社外にいる人が会社にかかってきた電話をとることも、社内から繋ぐこともできなかったけれど、この「IoTでんわ」を使う事で可能になります。折り返しや伝言受付などにより、対応するタイミングがズレてしまうなど、余計な時間がかかっていたことが「IoTでんわ」で繋ぐことで、スピーディーな対応を実現しています。
まだまだ一般的ではないかもしれませんが、これから多くの企業でクラウドPBXの導入は進んでいくのではないでしょうか。オフィスのコミュニケーションツールに興味がある方は、この機会に「IoTでんわ」を検討してみてはいかがでしょうか。

IoTでんわを詳しく見る

関連タグ