テレワークはコスト削減に有効?ポイント3つを徹底解説!

非対面・非接触での業務を推奨する「テレワーク」の導入が、大小さまざまな企業で採用されるようになりました。今回は、テレワークの実施はコスト削減に効果があるのかという問題を中心に、押さえておきたいポイントやコツなどについても、わかりやすく解説していきます。

昨年から爆発的な猛威を振るっている新型コロナウイルス関連の話題ですが、近ごろでは、非対面・非接触での業務を推奨する「テレワーク」の導入が、大小さまざまな企業で採用されるようになりました。

しかし、テレワークやリモートワークをはじめとする在宅勤務への移行などは、新型コロナウイルス対策に有効とされている反面、コスト削減や業務効率の改善などには一体どのような効果を見込むことができるのでしょうか。

今回は、テレワークの実施はコスト削減に効果があるのかという問題を中心に、テレワークを実施する場合に押さえておきたいポイントやコツなどについても、わかりやすく解説していきます。

テレワークを導入する企業が増加

マイナビニュースの発表によると、昨年2月〜10月までの8ヶ月の期間において、勤務形態が「出社での勤務」から「テレワークでの勤務」へと移行したという会社員は、およそ2.6倍にも上るということで、新型コロナウイルスによる影響の大きさがわかります。

出典:コロナ禍でテレワークする会社員は2.6倍に増加、レノボの調査から(マイナビニュース)

ヒトやモノの移動が大きく制限されるという「ウィズコロナ(アフターコロナ)」の時代にあっては、テレワークをはじめとした非接触・非対面で企業の業務スタイルを確立させていく必要が’あると言えるでしょう。

テレワークとは?

そもそも「テレワーク」とは、職場とは離れた場所(自宅やカフェなど)で業務を行うこと全般を指すもので、働き方改革の推進などから、近年注目度の高い勤務スタイルの一つとなっています。
 

テレワーク(英: telework)あるいはテレコミューティング(英: telecommuting)とは、勤労形態の一種で、情報通信技術(ICT、英: Information and Communication Technology)を活用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態をいう。「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語[1]。在宅勤務(WFH[2])、モバイルワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイス[3][4]とも呼ばれる。また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼ぶ。

引用元:Wikipedia テレワーク

テレワークはコスト削減に効果あり?

さて、ウイルス対策に有効とされているテレワークですが、そのメリットは感染症対策だけにはとどまらず、企業活動における諸々の「コスト削減」にも、非常に大きな効果を見込むことができます。

テレワークを導入することにより、既存の社員の出社回数を劇的に減らすことができるようになるため、今まで発生していた電気料金や交通費などの「当たり前のコスト」を削減することができるのです。

テレワークで削減可能なコスト

コスト削減におけるテレワークのメリットは、従来までの「当たり前のコスト」を削減することができるようになるということでしょう。

・社員の交通費
・消耗品の費用
・オフィスの賃料
・電気料金や水道料金
・固定電話などの通信費
・面接にかかる採用費
・資料の印刷コスト

上記のコストはほんの一例ですが、テレワークへの環境移行に取り組むことによって、従来までは必要となっていた諸々のコストを最小限まで抑えることができるため、大幅な経費削減効果を見込むことができます。

これまで削減が難しかった根本的な固定費に関しても、テレワークの導入によって抜本的な見直しを図ることができるようになるため、導入によるメリットは非常に大きいものであると言えるでしょう。

テレワークには社内のデジタル化が必須

このように聞くと一見便利なテレワークですが、実現のためには会社規模での「業務のデジタル化」が必要不可欠となってきます。

例えば、印鑑の押印作業や会議など、従来まではアナログな手法で行っていた業務に関しても、インターネットを介したデジタルツールで代替させなければなりません。

テレワークでコスト削減を実施するときの注意点

以上のように、テレワークの導入は、新型コロナウイルスの感染対策としての効果だけではなく、企業活動における毎月の固定費の削減にも、非常に大きな効果を見込むことができます。

しかし、同時に全面的な移行をしてしまうと、既存の業務スタイルに上手くフィットすることができず、かえって業務効率の悪化やコストの悪化などを招いてしまう恐れがあるでしょう。

また、各種テレワークに必要なITツールを適切に取り扱うためには、従業員全体におけるITリテラシーの向上などが必要となってくるため、既存の業務を完全に代替することができず、生産性の低下などを招いてしまう可能性もあるのです。

そのため、まずは影響の少ない部門から段階的に実施していくことで、テレワーク運用のノウハウを社内に蓄積させていくことが重要なポイントと言えるでしょう。

まとめ

今回は、テレワークの実施はコスト削減に効果があるのかという問題を中心に、テレワークを実施する場合に押さえておきたいポイントやコツなどについても、わかりやすく解説していきました。

今後のウィズコロナ(アフターコロナ)を生きる企業にとっては、デジタルシフトによるテレワーク環境の構築などは、避けて通ることのできない課題とも言えるため、今のうちから早期の環境構築と社内全体でのIT教育が重要なのではないでしょうか。

》電力会社の見直しはこちら

》店舗やオフィスのテナント賃料見直しはこちら
 

関連商品

電気代最大20%OFF!初期費用無料の太陽光パネルが登場!

ほっとでんき|電気代最大20%割引!初期費用無料の太陽光パネルが登場!

ほっとでんき|電気代最大20%割引!初期費用無料の太陽光パネルが登場!
外出先で内線・外線通話や転送などが可能に

外出先への電話転送が無料!?スマホで固定電話の内線・外線通話

外出先への電話転送が無料!?スマホで固定電話の内線・外線通話
0円レンタル!!レンタルの新境地、ついに到来

0円レンタル!レンタルの新境地、ついに到来

0円レンタル!レンタルの新境地、ついに到来
保険のお困りごとをまるっとサポート!

「お金に関するご相談窓口」   保険の見直し、資産形成、ライフプランニング等の様々なお金に関するご相談を、お金のプロのファイナンシャルプランナーが解決します。

「お金に関するご相談窓口」   保険の見直し、資産形成、ライフプランニング等の様々なお金に関するご相談を、お金のプロのファイナンシャルプランナーが解決します。

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

電力会社の切り替え

ハルエネでんき

インターネット回線の切り替え(光回線)

もっとみる
店舗

Uber Eats(ウーバーイーツ)

電力会社の切り替え

beepデリバリー

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます