IoTが拡大するなかでWi-Fiの役割が重要に?DX化は身近でも進む


インターネット技術の発展と共に、人とモノが繋がり、人と人が繋がっている現在。今後はモノとモノが繋がる未来が見えてきました。モノとモノが繋がれば、スマートフォンで家電を動かすこともできるでしょう。また、オフィスではペーパレス化や、リモート会議などの業務効率化が期待されています。このように、あらゆるモノがインターネットに繋がる時代では、膨大なデータ通信を処理するWi-Fiが重要になってきます。

本記事では、最近耳にするDXとIoTの関係や、IoTによって私たちの暮らしはどう変化するのかを解説。トレンドのスマート家電についても紹介していますので、最後までチェックしてみてくださいね。

 

DXの一つでもあるIoT


インターネット後進国と呼ばれる日本でも、DXの波が訪れています。DXとはデジタルトランスフォーメーションの略。デジタルテクノロジーを活用して、経営の仕組みや業務フローを変化させることを示します。技術の名前ではなく、業界や人をイノベーションさせる概念を示しています。

DXの事例として有名なのが「Uber」です。Uberは「車で移動したい人」と「車で人を運ぶことで報酬を得たい人」のマッチングサービス。車の配車とスマートフォンの現在地をリアルタイムでデータ化することで、新しいサービスを作り上げました。
このようにデジタルテクノロジーを活用し、新しい働き方を提案する動きこそDXと言えるでしょう。

DXを推進するために、重要なのがIoTです。IoTはモノをインターネットに接続する技術のこと。IoTが使われた機器を活用することによって、業務改善や生産性の向上を生み出します。

DXについてもっと知りたい方はコチラ
 

IoTとは


IoTは「Internet of Things」の頭文字をとった言葉で、アイオーティーと呼ばれています。日本語では「モノのインターネット」と翻訳されます。

これまでインターネットに接続されているIoT機器と言えば、パソコンが一般的でした。その後通信技術の発達により、スマートフォンやタブレット、ゲーム機などもインターネット接続が可能に。その後はテレビ、スマートスピーカーなど、インターネットに繋がる機器はどんどん増加しています。
このようにモノがインターネットに接続されている技術を「IoT」といいます。

IoT機器が増加することで、家や工場、街全体がインターネットに接続されるようになるでしょう。車がIoT化すれば、自動運転やドローンによる配送も夢ではありません。日本の少子高齢化と労働力不足を解説する手段としてもIoTは有効と言えます。

 

身近にもあるIoT

IoTは私たちの暮らしのあらゆる場面で、登場しているのをご存知でしょうか。例えば、手元にあるスマートフォンもIoT機器の1つ。スマートフォンを4GやWi-Fiといったインターネット回線に接続することで、動画やSNSなどの膨大なデータコンテンツも簡単に楽しめます。

またIoTの普及が進んでいるのが、自動車業界です。車がIoT化されれば、自動運転が行なえるようになります。自動で車間距離を保ったり、緊急時のブレーキシステムが搭載されたりなど、より安全な運転の実現はすぐそこまで来ていると言えるでしょう。自動運転が出来るようになれば、物流業界にも大きな変化が起こります。長距離の運搬も無人で行えるため、ドライバーの負担を軽減できるでしょう。

IoT家電とは


通信技術の進化によって、従来よりも多くの機器が、高速で安定したネット接続を可能となっています。数あるIoT機器の中でも、インターネットと接続できる家電が「IoT家電」です。例えば、人の体温を検知し体温に合わせた冷暖房を行なうエアコンや、自動掃除ロボットなどが上げられます。
また、IoT家電の中には、消費電力を教えてくれる機器もあるので、日々の電気代の削減にも繋がるでしょう。

IoT家電は私たちが毎日何気なくおこなっている家事を自動化し、効率化してくれます。家に帰宅したときに、掃除も洗濯も終わっていたら、家事にかけていた時間を自由に使うことができるでしょう。IoT家電は忙しい1人暮らしの方にも、子どものいる家庭にも、お年寄りにも便利な機器となるはずです。
 

スマート家電

IoT家電の中でも、スマホなどの端末で操作できる家電を「スマート家電」と言います。スマートフォンに専用アプリを入れ、リモコンの様に操作することで、遠隔でも家電を操作出来るようになっています。例えば、スマートフォンから部屋のリモコンを操作したり、スマートフォンから見守りカメラを操作して家のペットの様子を見られたりといった機能が挙げられます。

 

IoT家電を繋ぐWi-Fi


家電をインターネットに接続する際に必要なのが「Wi-Fi」です。Wi-Fi接続によって外出先からでもIoT家電を操作できるようになっています。家庭でインターネットを利用する場合「固定回線用のルーター」もしくは「モバイルルーター」からWi-Fiを飛ばし、無線でスマートフォンやパソコンを利用する場合が多いでしょう。

スマートスピーカーで照明を操作するように、IoT家電は複数台のIoT機器を連動させる事が多くあります。そのため、IoT家電を利用する場合には、同時接続台数の多いルーターを選ぶと良いでしょう。

 

メッシュWi-FiならIoT化でも安心


部屋の中でWi-Fiを利用していると、ルーターから離れた部屋や、壁を挟んだ隣の部屋に電波が届きにくいという問題があります。そこでメッシュWi-Fiを設置する事で、部屋中に電波を飛ばすことが可能に。親機となるWi-Fiルーターの負担を分散できるため、複数の端末を一気にWi-Fi接続しても、電波が途切れることなく、安定した通信を実現できるでしょう。

中継器と異なりメッシュWi-Fiは、部屋を移動するたびに通信を繋ぎ変える必要はありません。メッシュWi-Fiは自動で安定した電波を選択し、接続してくれるので、IoT家電が生活に普及してく中で、メッシュWi-Fiの導入する家庭も増えてくるでしょう。

》メッシュWi-Fiの人気メーカーおすすめ比較記事はこちら!

 

トライバンドとIoT対応のWi-Fi


Wi-Fiの周波数帯には5GHz帯と2.4GHz帯の2つの周波数帯があります。5GHz帯を2つ2.4GHz帯を1つ搭載したWi-Fiルーターをトライバンドといいます。

5GHz帯は通信速度は速いものの、壁などの障害物に弱いという特徴があります。一
方、2.4GHz帯は速度が遅く、壁などの障害物の影響を受けにくいのが特徴といえるでしょう。

IoT機器の接続をする場合、膨大なデータを瞬時に送受信できる5GHz帯が必要です。しかしIoT機器の接続数が増えすぎると、通信速度が遅くなるリスクがありました。そこで5GHz帯を2つにし、アクセスできるポイントを増やすことで、通信速度の安定化に成功。今後IoT家電が増えていけば、それだけWi-Fiルーターに付加がかかるでしょう。そのためトライバンドの導入が必要となるのです。

》トライバンドとは?超高速Wi-Fiとしておすすめ3選を紹介

 

deco m9


通信機器の大手「TP-Link(ティーピーリンク)」が提供するメッシュWi-Fiが「deco m9」です。白く場所を取らない薄いデザインは、設置しても部屋の邪魔になりにくいでしょう。

deco m9は、最大通信速度2,134Mbpsを実現しトライバンド機能を搭載。家中に強力なWi-Fiを飛ばすことが出来るでしょう。また音声認識が搭載されているので、家庭のIoT機器を声で操作する事も可能です。

また1台のメッシュWi-Fiでカバーできない広さの場合には、さらにdeco m9を設置することも。メッシュWi-Fiを複数台設置すれば、網目状に電波を飛ばしあい、最大100台の端末を同時接続できます。メッシュWi-Fiと親機との接続も、アプリ1つで接続できますで、機器の接続に苦手意識のある方も簡単に操作できるでしょう。


》Deco m9 Deco m9 Plus 7つの特徴に迫る!人気シリーズに徹底注目
 

まとめ


IoT機器が増えていけば私たちの生活は、より豊かになっていくでしょう。しかしインターネットに接続される端末が増えれば、Wi-Fiルーターに負荷がかかります。結果的に通信速度が遅くなったり、通信が途切れればストレスを感じることもあるかもしれません。今の通信環境に不満がある方や、今後IoT家電の購入を検討している方は、メッシュWi-Fiを導入してみてはいかがでしょうか。

》人気のTP Linkの評判は?レビューや口コミをチェック


》TP Linkはオフィス・店舗・個人宅すべてにおすすめ!詳細や無料相談はこちら

 

関連タグ

関連商品

人手不足を解消できるセルフオーダーシステム!

P2C KIOSK|人手不足・経費削減に最適化されたセルフオーダーシステム|機能/特徴・料金/費用・導入事例

P2C KIOSK|人手不足・経費削減に最適化されたセルフオーダーシステム|機能/特徴・料金/費用・導入事例
低コスト導入でセキュリティアップできる防犯カメラ(IP・ネットワーク型)

低コスト導入でセキュリティレベルアップするなら「SecuSTATION」

低コスト導入でセキュリティレベルアップするなら「SecuSTATION」
デザイン・制作・印刷・発送・ポスティングをワンストップで対応

デザイン・制作・印刷・発送をワンストップで対応

デザイン・制作・印刷・発送をワンストップで対応
CVR改善の提案資料が毎月届くサブスクサービス!

Growth Planet | CVR改善の提案資料が毎月届くサブスクサービス!

Growth Planet | CVR改善の提案資料が毎月届くサブスクサービス!

記事カテゴリ

DXランキング

ranking

オフィス
店舗
オフィス

どこよりもWiFi

CLOUD PHONE

Insta Town

もっとみる
店舗

どこよりもWiFi

Uber Eats(ウーバーイーツ)

CLOUD PHONE

もっとみる

人気記事

もっとみる

記事カテゴリ

人気キーワード

こだわり検索

オフィス向けサービスランキング

もっとみる

店舗向けサービスランキング

もっとみる

DXご相談窓口

03-6386-5023

平日9:00〜18:00

info@012cloud.co.jp

LINEでコンシェルジュを希望

LINEからもお気軽にご相談いただけます