厨房機器(冷蔵庫)

消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

厨房機器(冷蔵庫)|消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

厨房機器(冷蔵庫)

消費電力が低い新型厨房機器(冷蔵庫等)で電気代削減

金額

お見積りによる        ※小規模事業者持続化補助金対象

機能・仕様

業務用の新型厨房機器(冷蔵庫等)

おすすめ業種

法人・個人事業主様

カテゴリ

コスト削減

厨房機器(冷蔵庫)とは

  • 今なら「小規模事業者持続化補助金」適用のチャンス!
  • 消費電力の低い新型の業務用厨房機器(冷蔵庫等)
  • 新型に切り替えるだけで電気代を削減
  • (冷蔵庫の場合)収納容量増&食材の鮮度が長持ち

機能

特徴

Point.1電気代の削減
新型の厨房機器は、消費電力が低いので、新型に切り替えるだけで電気代削減につながります。
24時間使用する冷蔵庫の消費電力は、電気代の多くの割合を占めるため、最新型への切り替えは特におすすめです。

【冷蔵庫の場合】
10年前に発売されたものから新型冷蔵庫に買い替えると、年間500kWh(約13,000円)分の削減が見込めます。
古くなった冷蔵庫によくみられるドアパッキンの欠損により、冷蔵庫で17%、冷凍庫で約27%もの余分な電力が生じています。
新型に切り替えることで、確実に電気代を削減することができます。
Point.2故障のリスク回避
厨房機器の部品は消耗品のものが多くあります。冷蔵庫の場合、長期間の利用により、パッキンやコンプレッサーなどが消耗します。
部品の調達には時間を要し、冷蔵庫内の食べ物を無駄にしてしまう事態が発生します。
新型に切り替えることで、そのようなリスク回避することができます。

料金プラン

取扱メーカー・費用

新型厨房機器
取扱メーカー ◼︎ホシザキ
◼︎タニコー
◼︎マルコウ
費用 お客様の環境に合わせてお見積もり

小規模事業者持続化補助金が適用されます

小規模事業者持続化補助金
販売価格 お見積もり
補助金受給額 販売価格の2/3
※上限額:50万円以下
実質負担額 販売価格の1/3
※全て税抜き表示です。
※補助金の入金は、全ての審査の完了後となります。

※料金やオプションの内容は変更されることもございます。最新の情報はお問い合わせください。

スタッフのおすすめポイント

山本
担当:山本業務用冷蔵庫のおすすめポイントは、従来の機種と比較して、年間電気代が最大50%カットできる省エネ性です。ランニングコスト、CO2排出量も大幅削減できるため、環境にも厨房にもやさしい冷蔵庫となっております。旧型の冷蔵庫は、余分な電気代がかかるだけでなく、故障のリスクも上がります。毎月のランニングコストにも大きな差が生まれるので、早めの切り替えをおすすめしています。

0件の口コミ一覧

商品のお問い合わせ・
資料請求はこちらから