導入事例

与信管理システム

セキュアボックス

お客様に代わり、取引先の与信をチェック

セキュアボックスは、お客様に代わり、取引先の与信をチェックするサービスです。事前にチェックをすることで、取引先の倒産による損失や、売掛金の未回収リスクなどを回避できます。保証社数や保証内容など、スタマイズして利用することができるので、ニーズにあわせた導入可能です。

こんな課題ありませんか?

未回収リスクのある取引先を事前に把握しておきたい…

Point.1

リスク回避で安心して事業に専念できる

未回収を懸念して積極的に取引金額を拡大できない…

Point.2

もしものとき保証してもらえるから売上拡大しやすい!

自社に合ったプラン内容で無駄なく与信チェックしたい…

Point.3

保証社数や保証内容をカスタマイズ可能

これらの課題を
セキュアボックス
が解決します!

Point.1

リスク回避で安心して事業に専念できる

セキュアボックスはを活用すれば、予め取引先の与信をチェックできるため、相手方の予期せぬ倒産による損失リスクを回避することが可能です。売掛金の未回収リスクがなくなることで、財務の安定性向上にも繋がるでしょう。自力で取引先の調査をする場合、コストや手間が発生しますが、本サービスを使えば本業のリソースが削られる心配もありません。

Point.2

もしものとき保証してもらえるから売上拡大しやすい!

セキュアボックスを活用すれば、取引金額の拡大要望や新規取引先の開拓において、万が一未回収があった場合は売掛金を補償してもらえるため、安心して売上を拡大できます。未回収リスクがなくなることで、新設企業とも積極的に取引できるため、他社と差をつけやすくなるでしょう。また、前金交渉なしで取引開始できるので、営業マンの業務効率やモチベーションアップにも寄与します。

Point.3

保証社数や保証内容をカスタマイズ可能

セキュアボックスでは、ニーズに合わせて保証社数や保証内容などをスタマイズできるため、自社に合ったプラン内容で利用しやす点も魅力です。また、ライトプラン・ビジネスプランには契約期間の縛りがなく、1か月からの短期利用も可能なため、「一度使ってみたうえで継続を検討したい」という企業様でも気軽にご利用いただけます。

機能・サービス

  • 取引先の倒産や支払遅延による未回収を保証します

    セキュアボックスは、取引先の倒産や支払遅延があった際に、売掛金を保証します。リスクなしで取引開始できるので、新設企業とのいち早い取引や積極的な取引先拡大を通して売上アップに繋がること間違いなしです。

  • 調査情報と合わせて保証を活用し、より強い与信管理体制が構築できます

    セキュアボックスは、予め取引先の与信情報をチェックし、取引の判断材料として活用することも可能です。倒産リスクのある企業を事前に把握することで、未回収リスクそのものを回避できます。

  • 前金交渉が不要になる

    セキュアボックスは万が一の時に未回収金を補償してくれるため、前金交渉なそで取引開始できます。営業の業務負担削減による生産性アップや、営業マンのモチベーション向上に繋がるでしょう。

よくある質問

取引先ごとに保証してほしい内容が異なる場合も対応できますか?
対応可能です。 業界ごとの商慣習や長年の取引先との取り決めなど、会社ごとの様々な事情に合わせ、 売掛保証をカスタマイズして利用することができます。 例)倒産以外の支払い遅延を保証対象にする   毎月の売上高に合わせて保証する   延払いや請負工事など期間の長い商習慣に合わせて設計する 等
初めてでも活用できますか?
初めての方でも安心してご利用頂けるよう、専任の担当者が会社にお伺いしてご説明します。 訪問が難しい場合も担当がしっかり対応しますのでご安心ください。 万が一の時にも保証履行金の受取までサポートします。
他社では審査が通らなかった場合、サービス利用は難しいですか?
ご利用いただける可能性が高いです。 本サービスであれば、審査依頼中80%が評点50以下の中、承認率90%以上を実現しています。 調査会社の点数がない先なども、 独自のノウハウにより保証枠を提供してきた実績があります。 リスクを引き受けることで、お客様が安心して事業に専念していただくことが役割ですので、 ぜひ一度ご相談ください。

無料お問い合わせ

※ご入力いただいた情報をもとに、お客様の課題解決に最適な企業をご紹介します。

本サービスでお問い合わせ、資料請求、資料ダウンロードをしていただいた際にご入力頂きました情報は、お問い合わせに対する回答のために利用いたします。また、弊社が取り扱う商品・サービスに関する情報のご案内・商品・サービスのご提供、広告・宣伝・告知などを内容とする電子メール、電話、DM、ハガキ等でのお知らせ等の目的におきましても利用・管理・保管されます。